オスグッド|子供のスポーツ障害について

2022年06月13日

オスグッドなどの、子供の成長期のスポーツ障害は、少しの痛みでも我慢せずに早期の治療が非常に重要です。江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院では、大切な子供たちが、スポーツで痛みを繰り返さないような身体づくりを治療の一環として行っております。

オスグッドは膝のお皿の下の痛みだけが問題?オスグッドの原因は?

オスグッドの正式名称は、オスグッドシュラッター病。膝のお皿の下の骨が、黄肉に引っ張られて突出してしまう、成長期の障害です。サッカー、バレーボール、バスケットボールなど活発に下半身を使うスポーツで多く見られます。

骨と筋肉の成長のアンバランスによって、オスグッドは引き起こされると言われています。

当整骨院にも、数多くのオスグッドで悩んでいるスポーをする子供たちが来院します。その中で、多くの子どもたちに共通している、体の特徴があるのでこちらの記事で、ピックアップします。

オスグッドになりやすい子供の特徴

こちらのチェックリストで、当てはまるものがあれば、なるべく早く対処する必要があるので早めに相談してください。(ご相談はこちら>>)

  • 最近急に背が高くなった
  • 和式トイレに座ることができない
  • 親の視点からでも子供の体が硬いと言われている
  • スポーツをしているのに毎日ストレッチをしていない
  • 前屈で床が触れない
  • スポーツ後、いつも体が痛いと言っている

こちらはものすごく簡単なチェックリストです。意外と軽視されがちなことかもしれませんが、スポーツを上達してほしかったり、怪我をしてほしくなかったりする場合は、子供の言葉をしっかり受け止めて、早期に専門家に相談するようにしましょう。

誰もがご存知かもしれませんが、関節な柔軟性は、あらゆるスポーツ障害の予防につながります。体を痛めることで、スポーツが嫌いになったり、休まなくてはいけなくなったりすることがあるので、要注意です。継続してスポーツを楽しむことが、上達の一番の近道です。

膝のお皿の下の痛みがなくなっても、オスグッドの治療は終わりではありません

確かに安静にしていれば、オスグッドの痛みは改善します。しかし、安静にしただけでは、体の機能的な問題は一切解決しません。スポーツ活動を休んでいる期間に、どれだけ治療をしリハビリをするかが、痛みを繰り返さない身体作りに最も大切なポイントです。

ただ単に安静にしてオスグッドの痛みがなくなったからと言って、スポーツ活動を再開すると、すぐに痛くなります。

安静にしている期間に最低限できることは、専門家の指示のもと必ず実施するようにしましょう。当整骨院で、実際にアドバイスしている内容は以下の通りです。

  • 股関節の柔軟性のリハビリ、トレーニング
  • 足首の柔軟性のリハビリ、トレーニング
  • 体幹の安定性のリハビリ、トレーニング
  • 姿勢を改善するためのトレーニング

たったこれだけでも、オスグッドだけでなく、子供たちのスポーツ障害は早期回復、予防することができます。

最後に

成長期の子供の体は非常に繊細です。ちょっとしたことを改善することで、スポーツのパフォーマンスは大きくアップします。敏感になりすぎる必要はありませんが、こちらの記事でピックアップされた内容に当てはまり、子供が少しでも痛いと言っている場合は、お早めにご相談ください。(ご相談はこち>>)

オスグッドの治療の詳細はこちら>>

LINEで友達に紹介状を送る