オスグッドシュラッター病

このようなお悩みはありませんか?

スポーツ少年

  • 膝のお皿の下が痛い
  • 膝のお皿の下が出っ張ってきた
  • サッカーなどける動作の多いスポーツをしている
  • バスケットボール、バレーボールなどのジャンプが多いスポーツをしている
  • スポーツをすると前ももに張り感がある

オスグッドシュラッター病とは、膝のお皿の下の脛骨粗面という部分に炎症が起きてしまい痛みが出るスポーツ障害です。

脛骨粗面には、大腿四頭筋という前ももの筋肉が付着しています。その筋肉をたくさん使うことで硬くなり、付着している部分(脛骨粗面)を引っ張ってしまうことで炎症が生じ痛みが出ます。骨の成長と筋肉の成長のアンバランスによって生じることが多く、成長期に多く見られます。

男子に多く見られますが、活発にスポーツをしている女子にもみられます。

  • サッカー
  • バスケットボール
  • バレーボール
    など

上記のスポーツをしてる小学生から高校生に多く発症します。

何でオスグッドシュラッター病になるの?

激しくスポーツをし、ストレッチなどのケアが不足することで大腿四頭筋(太ももの前側)の筋肉が疲労し硬くなります。

  • 股関節の柔軟性が低下している
  • 太ももの後ろ側の筋肉が弱い
  • お尻の筋肉が弱い
  • 足首が硬い
    など

大腿四頭筋の硬さ以外には上記のような問題があります。

大腿四頭筋は、大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋の4種類の筋肉から構成されており、この4つの筋肉が集まって、膝蓋靭帯となり脛骨粗面に付着しています。

大腿四頭筋は蹴る動作ジャンプ動作で強く働く筋肉です。ウォーミングアップやストレッチなどケアが不足した状態で、繰り返し使うことで過剰に緊張します。

その緊張により、大腿四頭筋が付着している『脛骨粗面』を引っ張ってしまい、脛骨粗面で痛みが出たり、成長期でまだ完全に骨になっていない部分が剥がされ、出っ張ってきてしまいます。

オスグッドシュラッター病の原因は、単に大腿四頭筋の硬さだけでの問題ではないので、注意してアプローチする必要があります。

体の使い方や、柔軟性を改善しないと痛みを繰り返すことになります。

当院での施術方法

サモーナスポーツ整骨院ではオスグッドシュラッター病の原因を徹底的に究明します。

1.痛みの状態を確認

説明痛みを感じている部分ではなく、痛みを引き起こしている原因を究明することが重要です。姿勢分析、問診、触診、各種検査を行い問題を見つけます。

2.関節や筋肉などの硬さや、柔軟性を確認

カウンセリングお尻や太ももの筋肉の硬さ、股関節をはじめとする全身の関節の柔軟性を確認します。

3.骨盤のバランス、筋力のバランスなど全身の状態を確認

骨盤矯正骨盤や骨格の歪みを丁寧に確認し、原因をさらに究明していきます。

4.スポーツ整体で根本的に改善

骨盤矯正の様子骨格、筋肉、神経に対してサモーナ独自のスポーツ整体でアプローチし、根本的な改善をします。

5.リハビリで再発防止

スポーツ整体で整えた『骨格・筋肉・神経』を正常な状態に保つために、身体のただし使い方をサモーナ独自のリハビリプログラムで覚えていただきます。

全身のバランスが整うので膝に負担をかけずにスポーツをすることが出来ます。

さらに、スポーツのパフォーマンスアップも期待できます。

オスグッドシュラッター病でお悩みの方や、スポーツでの膝の痛みがある方は、一度サモーナスポーツ整骨院にご相談ください!!!