五十肩の痛み・原因と症状

2021年11月22日

こんにちは!江東区大島駅から徒歩30秒にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は『五十肩』の痛みや、原因、症状に関してお話しさせていただきます。

五十肩は中高年から増加してくる疾患ですが、実ははっきりとした原因はわかっていません。『就寝時に激痛が走る』『肩が上がらない・動かない』などの症状でお悩みのかたは非常に多いです。

五十肩は中年以降で多い肩の痛みの代表

いわゆる五十肩は、中年以降の多くの方がお悩みの肩の痛みです。50歳前後の中年以降に肩の関節周囲の退行性変化(いわゆる加齢による弱化)により、明確な原因なしに突然発症します。

発症後は、肩の関節に痛みが生じ、関節の可動域が制限される疾患です。

五十肩は『なぜ発症したのか』が明確でない場合が多く、肩関節の軽い外傷を繰り返した後に、肩関節周囲に違和感や痛みが生じ五十肩が引き起こされると考えられています。

肩の関節は、上腕骨(腕の骨)、肩甲骨、鎖骨、この3つの骨で構成されてています。方は非常に自由度の高い関節なので、肩甲骨と上腕骨が関節する部分が非常に浅く作られています。

骨だけでは、構造上不安定な関節のため関節包(関節を覆う膜のようなもの)や腱板(いわゆる肩のインナーマッスル)が発達しており、肩の関節の強度を高めてます。

そのため、不良姿勢で肩を動かしたり、小さな動きでも間違えた方法で肩を繰り返し動かすことで、炎症や損傷が起こりやすく、痛みや可動域の制限が生じると考えらます。

肩関節周囲に生じた炎症は、肩峰(肩甲骨の一部)のしたの滑液包(あ関節の潤滑剤の袋)や関節周囲に広がることが多く、このような肩の関節周囲の炎症が五十肩と呼ばれています。

江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店の五十肩の治療>>

肩が動かないからといって五十肩とは限らない

肩が動かない=五十肩 ではありません。肩に痛みを引き起こすその他の肩の疾患と鑑別する必要があります。

基本的に五十肩は片側の肩に発症し、症状が回復した後は五十肩になった同じ肩に再発することがほとんどありません。

そのため、繰り返し同じ肩に強い痛みが生じる場合は、その他の疾患と鑑別する必要があります。

痛みが長引く場合は、『腱板断裂』を疑う必要があります。五十肩と犬馬断裂は痛みの発生の仕方が異なることが多いです。

五十肩の経過

五十肩の症状の経過は、大きく3つに分類されます。一般的には、五十肩の症状が発症して2週間は『急性期』その後、やく6ヶ月は『慢性期』そして『回復期』と分類されています。

医学的には、自然に痛みなどが改善し気がついたら症状が消失すると言われていますが、平均でやく7年間半数の方に何かしらの痛みや可動域制限が残存しているという報告もあります。

当整骨院にも多くの五十肩を発症し、回復期後の肩関節の可動域制限や痛みなどの症状でお悩みの方がいらっしゃいます。痛みは軽いが肩を上げることが困難、手を腰に回すことができずに日常生活に支障があるなど症状は様々ですが、共通していることは五十肩発症後に積極的な疼痛緩和のための治療をしていない、可動域訓練をしていないということです。

安静と自然に症状消失を待ち、患者さんの自然治癒力に任せるのではなく、症状に合わせた可動域訓練や痛みの改善をすることで五十肩による長年の痛みや可動域制限を最大限に抑えることができます。

五十肩の症状・経過に合わせた生活の仕方

特に痛みの強い急性期は、なるべく五十肩を発症した側で荷物をもったり、作業をすることを避けるようにしましょう。なるべく安瀬に保つことが何よりも大切です。また、就寝時も、痛めている側の肩を下にして寝ないよにする、仰向けでも肘の下にクッションを置くなどして肩にストレスがかからないようにすることが大切です。

当整骨院では、急性の炎症のある状態の肩関節に対しては、物理療法などを用いて徹底的に炎症を緩和させる処置をします。

痛みが徐々に緩和してきたら、痛みのない範囲で関節の可動域訓練を行い、慢性期、回復期に移行し、激しい痛みが落ち着いた際に関節の拘縮を緩和させるための運動療法や、過剰に硬くなった筋肉や関節周囲の軟部組織を柔らかくするための手技療法や物理療法を行います。

五十肩は放置することで、肩の痛みや動かしにくさが残ってしまうことが多いので、なるべく早めにアプローチすることが後遺症を残さないための秘訣です。

江東区大島駅周辺で五十肩の症状でお困りの方は、サモーナスポーツ整骨院にお気軽にお任せください。スポーツをされていない方でもお気軽にお越しください。

 

東京都江東区大島6ー9ー12 アプツ大島1階
サモーナスポーツ整骨院|大島駅店

 

腰痛はストレッチで解消するの?腰痛体操をするときの注意事項

2021年09月10日

江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店です!今回は、もはや国民病といっても過言ではない腰痛に対して、ストレッチや腰痛体操は効果的なのかについてお話しします。

自宅でも腰痛に対してできるストレッチや体操の方法はありますが、果たしてそのストレッチや腰痛体操の方法が、皆様の腰痛に対して適切なのかどうかについても今回の記事でお話しさせていただきます。

整形外科で異常がないと言われた腰痛に対して

整形外科で異常が見られないと診断された腰痛を非特異的腰痛といいます。

なんで異常がないのに腰痛なの?と疑問に感じる方も多いと思います。

  • 筋肉の硬さによる腰痛
  • 骨盤の歪みや姿勢不調による骨格の歪み
  • 関節の柔軟性低下による腰痛
  • インナーマッスル低下による腰痛

主に上記ような身体の状態の方は、整形外科などでの検査上では異常が見られないと判断された腰痛の方が多いです。

なので、原因がよくわからない腰痛だからといって、一生腰痛と付き合う必要はありません。姿勢を整えるための整体をしたり、骨盤をただし状態に戻したり、関節の柔軟性を高めるためのストレッチなどをすれば、十分に長年の腰痛が解消する可能性が高いです。

腰痛ストレッチや体操はやった方がいいの?

結論から言いますと、サモーナスポーツ整骨院では推奨していません。

何故かと言いますと…でに腰痛が生じている場合、骨盤や腰回りの筋肉、骨格はかなり乱れた状態にある可能性が高いです。

身体が歪んだ状態でストレッチをすることで、正しいストレッチ効果や体操の効果が得られなくなってしまいます。最悪の場合、腰痛が悪化する可能性があるのでセルフケアとしてストレッチや体操をする場合は、必ず専門家の指導のもと身体の状態に最適な、適切な方法を指導してもらいましょう。

ストレッチや体操をやる前に

腰痛がある場合は、まずは腰痛の解消が最優先です。骨盤や骨格の状態を整え、腰痛が良くなってきたタイミングでセルフケアをしていきましょう。

当整骨院でも、お一人お一人のお身体の状態に合わせたストレッチや体操をアドバイスしています。なので、腰痛改善には絶対にこのストレッチ!!絶対にこの体操がいい!!というlことは基本的にはないです。

腰痛を予防するためのストレッチや体操はいくらでもあるので、生活のサイクルの中に組み込むことで、腰痛知らずの健康的な生活を送ることができます。

ですので、ネットで自分にあっているのかよくわからない体操やストレッチ方法を実施する前に、整骨院で整体や骨盤矯正などでしっかりと腰痛の状態を改善してから、身体の状態にあった方法を必ず実施することがお勧めです。

最後に

サモーナスポーツ整骨院での腰痛治療は、腰だけの問題だけでなく、腰痛を引き起こす原因をしっかり見極め、施術・ストレッチ・体操のアドバイスをさせていただきております。少しでも早く長年の腰痛を解消したい方、腰痛を予防したい方お気軽にご相談ください。

江東区サモーナスポーツ整骨院 大島駅店の腰痛に対するアプローチの詳細はこちら>>

動くことができない?!!ぎっくり腰でお悩みの方はこちら>>

肉離れをより早期に回復させる方法

2021年08月27日

こんにちは!江東区サモーナスポーツ整骨院です!当整骨院では、日常生活やバスケットボールやサッカーなどスポーツ活動で肉離れに対して、競技復帰、の予防まで含めた包括的なアプローチをさせていただいております。

肉離れは痛みがなくなっただけでは完治といえない

ただの肉離れと軽視してスポーツに復帰する方が非常に多いです。ただの肉離れと放置することで再びに離れを引き起こしやすい筋肉の状態になってしまいます。

ですので、肉離れは放置せずに必ず整骨院や整形外科で適切な施術、治療を受けることをお勧めします。

ただ単に肉離れの痛みが引いたからといってスポーツ復帰してしまうと、再受傷するリスクが高くなります。また、繰り返し肉離れをすると筋肉の繊維がどんどん硬くなってしまい、パフォーマンス低下にもつながります。

肉離れで大切なこと

肉離れをしてしまった部分の痛みや硬さを解消させることはもちろん大切なことですが、スポーツ復帰や肉離れを予防するためには、その後のリハビリが非常に大切です。

肉離れをした時よりも身体をいい状態にすることを当整骨院では最も大切にしています。

負傷した時と同じ状態では、再び負傷するリスクがあります。

肉離れになることで生じるリスク

肉離れになると、損傷した筋肉以外にも様々な問題が生じます。

  • 負傷部位の瘢痕化(硬く弱い組織になる)
  • 周囲の筋肉の柔軟性低下
  • 痛みを庇うことで脳が動きを誤認識する
  • 筋力低下
    など

単に肉離れと放置することで、肉離れが生じてしまった部位の再負傷のリスクだけでなく、上記のような問題も生じます。

江東区大島駅サモーナスポーツ整骨院では

当スポーツ整骨院では、肉離れでの痛みを解消させるだけでなく、肉離れをしない身体づくりまでサポートさせていただきます。

江東区大島駅周囲では数少ない、肉離れや、捻挫などのスポーツでの怪我後のリハビリテーションまでできる、リハビリ施設併設型のスポーツ整骨院です。

肉離れを効果率的に直す方法

江東区サモーナスポーツ整骨院ならではの視点から、肉番れを効率的により早く治す方法をお話しさせていただきます。

PRICE処置は一般的な流れで、固定して安静にして、冷やして、圧迫して、心臓よりも高い位置に持ち上げてということを急性の肉離れに対しては行います。

炎症が引いてきたら、肉離れによって硬くなってしまった筋肉の組織を柔らかくするために、マッサージをしたり筋膜リリースをしたり、温めたりして硬くなってしまった組織の循環を促し、柔軟性を高めていきます。

そして、ここからがサモーナスポーツ整骨院が一番大切にしているアプローチです。

肉離れをしてしまった部位の筋力は非常に弱くなってしまいます。しっかりとリハビリテーションを実施し元の筋力に戻していきます。元の状態よりいい状態に戻さないとスポーツに復帰した際、再び痛めるリスクが高くなります。

また、痛みがひどい時期に生じた『痛みを庇う動き』によって正しい身体の使い方を忘れてしまうので、痛めていない部分にストレスが加わり思わぬトラブルを引き起こします。

肉離れを早期に回復させ、早期にスポーツに復帰するためには、損傷した部位以外にもアプローチをしなくてはなりません。

『なんだか微妙に肉離れした部分の痛みが引かないなー』と感じている場合は、もしかしたら筋力が戻っていなかったり、柔軟性が改善していなかったり、動きのエラーが生じていたりする可能性があるので早急にアプローチする必要があります。

肉離れを早期に回復する方法!!忘れがちな1ポイント!!

どんなにいい治療をしても、どんなにいいリハビリをしても『栄養』状況が良くなければ肉離れは早期回復しません。損傷してしまった筋肉の繊維をしっかりと修復するためには、タンパク質、脂質、炭水化物としっかりバランスのいい食事をしなくてはなりません。

カップラーメンや、コンビニ弁当では身体は回復しないです。

肉番れを早く治すために当整骨院では、栄養面のアドバイスもさせていただいております。

最後に

肉離れだけでなく、捻挫、腰痛、肩こりなんでもしっかりと回復、解消させるためには栄養バランスは考えなくてはなりません。そんなにいい治療をしても身体の内部に修復する栄養素が不足していたら回復まで非常に時間がかかります。

そこで当整骨院では、治療、リハビリ、栄養と包括的なサポートさせていただきております。江東区大島駅エリアで少しでも早く肉離れなどの怪我を治したい方は、当整骨院にお任せください!!

江東区大島駅サモーナスポーツ整骨院のことをもっと知りたい方はこちら!!

整骨院で捻挫の治療はできるの?

2021年08月18日

サッカーで捻挫してしまった。バスケットボールの練習で足首の捻挫をしてしまった。など

スポーツをやっている方なら一度は、捻挫を経験したことがあるのではないでしょうか。結論からになりますが、整骨院でも捻挫に対して施術を受けることができます。また、捻挫になるきっかけが明確であれば、健康保険を使って施術を受けることができます。

捻挫の中でも特に足首の捻挫が多く、スポーツなどでバランスを崩した際に足首を内側に捻ってしまうことで受傷します。

当整骨院にもサッカーやバスケットボール、バレーボールなどで捻挫をしてしまったお子様や、アスリートが多数お越しになります。過去に捻挫の既往があるにもかかわらず適切な治療を受けたことがある選手が思いのほか少なく、足首に可動域制限や左右の筋力バランスの状態のことが多いです。

捻挫は、痛みが引いただけで完治ではありません。足首の硬さの制限や筋力のバランスが整わない状態でスポーツに復帰すると再び痛めてしまったり、腰や膝など足首以外の部分の怪我をするきっかけになります。

捻挫をしてしまった場合の手当の手順

アイシング

まずは、徹底的に冷やしましょう。この際、保冷剤はなるべく避けて氷嚢で冷やすようにしましょう。保冷剤で冷やしてしまうと、凍傷のリスクがあります。

一度に冷やす時間は20分程度にしましょう。

適切にアイシングすることで炎症を抑えることができます。細胞壊死と腫れを抑えることができます。

圧迫

軽く圧迫をしながら冷やすことで、負傷部位の腫れや腫れを軽減することができます。

挙上

腫れを防ぎ、腫れを軽減することかがあります。

心臓より高く患部を挙げると効果的です。

安静

腫れや捻挫をしてしまった部分の血管や神経の損傷を防ぐことが目的です。捻挫してしまった部位をむやみに動かしたり、痛みを感じる動作を確認することで、痛みを悪化させたり、治るスピードが遅くなります。

固定

捻挫してしまった部位をよりう安静に保てるようにしっかりと固定をして、腫れや炎症、再受傷を防ぐ事ができるので、しっかりと患部を保護する事が大切です。

上記が捻挫をした場合、応急処置として最低限やらなくてはならない事

先述した内容が、捻挫をした際に最低限しなくてはならない事ですが、これだけでは完治しません。応急処置をしても痛みが引くまでの期間、身体の動かし方のエラーが生じ、左右の筋力のバランスが崩れてしまいます。

また、固定期間が長すぎると、足首が硬くなってしまい、正常な可動域を失い再び捻挫するリスクが高くなります。

江東区サモーナスポーツ整骨院で大切にしていること

当整骨院では、捻挫に対して患部の問題はもちろん、捻挫をしてしまった部分以外の問題にも注目して施術をしています。

体幹の筋力や、股関節周囲の筋力が低下していることで、バランスを崩しやすくなり、足首の捻挫を引き起こしやすくなる事があります。なので、足首の捻挫だからといって足首の問題だけでなく体幹や股関節周囲の筋力やバランスをしっかり評価して捻挫に対してアプローチしています。

痛めてしまった部分の痛みを解消することは当たり前のことです、痛めないようにどのようにしたらいか、痛めないためにどんなリハビリをしたらいいかまで、徹底的にアプローチさせていただいております。

痛めない、怪我をしない身体を手に入れていただく事を一番大切にしております。

少しでも早く捻挫を治したい、捻挫の痛みがなかなか引かない、捻挫を繰り返してしまう…そのような方は、当整骨院にお気軽にご相談ください。

 

江東区サモーナスポーツ整骨院 大島駅店
スタッフ一同

腰痛で目が覚めてしまう

2021年05月7日

腰痛で目が覚めてしまう、座っていても、立っていても腰が痛いかたは、江東区大島のサモーナスポーツ整骨院にお任せください!!

何をしていても腰が痛い
  • 寝ていても腰痛で目が覚めてしまう
  • 寝起きで腰が痛い
  • 座っているだけで腰が痛い

このような状態の方が当整骨院にお越しになります。そして、皆様に共通しているのが・・・レントゲン、MRI検査をしても問題がないのに腰が痛いということです。

ではなぜ腰痛なのか

レントゲンやMRIでは、筋肉の硬さ・骨格のバランス・筋力のバランスなどを調べることはできません。

多くの腰痛は、骨盤・骨格の歪み、筋肉の硬さから引き起こされています。当整骨院では、姿勢を始め各種検査を徹底的に行い腰痛の根本的な原因を究明します。

実際にどこに腰痛の問題があることが多いのか

当整骨院で一番多く見られる問題は、骨盤の歪みと周囲の筋肉の硬さです。多くの方の骨盤に傾きの左右差やねじれのアンバランスが見られます。

当整骨院のアプローチ

スポーツ整体で、骨盤・骨格、筋肉、神経の状態を整え根本的な改善を目指します。また、いい状態を維持するためには、バランスの良い筋肉をつけることが必要です。

サモーナスポーツ整骨院では、より早期に身体を回復させ、その状態を維持するための腰痛予防施術までサポートさせていただいております。

何をしても良くならなかった、腰痛を諦めている方、早く痛みを改善したい方はお気軽にご相談ください。

tel:03-5609-7444

 

 

 

足首の捻挫の専門治療

2021年04月22日

スポーツや日常生活で足首を捻った

スポーツでの捻挫

  • 試合直前の練習で足首を捻ってしまった
  • 病院で骨には異常がないと言われたけど痛い
  • 現在通院しているが足首の痛みが改善しない

このような状態の方は、江東区大島のサモーナスポーツ整骨院にお任せください!

スポーツ整体とリハビリで、早くスポーツに復帰できるように専門的なアプローチをいたします。

足首の捻挫の症状

足首の捻挫はスポーツでの捻挫で最も多い捻挫です。

捻挫をしてしまう理由はそれぞれですが、

  • 床で足をすべらせた
  • 段差に足がひっかかった
  • 段差を踏み外した
  • ジャンプの着地で相手の足を踏んだ

などが代表的な捻挫のきっかけとして挙げられます。

ほとんどの足首の捻挫は、外くるぶし側を痛める『内反捻挫』です。
内半捻挫とは、足を内側に捻ってしまい、足首の外側の靭帯が伸びたり、切れたりして痛めるものです。

安静にして固定しているだけでは早期復帰できない

足首の捻挫は当然、患部の安静が必須です。しかし、その状態で放置しておくことで全身の筋力が低下し、スポーツに復帰した際に足首に負担がかかる状態になってしまいます。

また、捻挫をした際に骨には異常がなくても、関節や足首周囲の筋肉や靭帯などの軟部組織に異常がある場合がほとんどです。なので、安静にして固定をしているだけでは、痛みはなかなか軽減しません。

当院での足首の捻挫に対する施術

どんなに軽い捻挫でも必ず的確な処置とリハビリが必要です。早期回復には受傷後すぐのアプローチが重要です。

カウンセリング・検査

カウンセリングまずは、どのような状況で捻挫をしてしまったのか、どのような体の使い方をしているのかを伺います。

そのお話を基に、捻挫をしてしまった際の体勢や痛めてしまった足首の靭帯、筋肉などを探し出し、徹底的に検査・分析を行いま

*検査の結果、骨の異常が見られた場合、提携の医療機関にて検査をしていただく場合がございます。

ご説明

説明検査で分かったお身体の状態、挫を繰り返している場合は、なぜ捻挫を繰り返してしまうのかをご説明させていただきます。

足首の捻挫を繰り返す本当の原因は何か、どうすれば早く痛みが取れるのか、どうすれば捻挫を繰り返さないでスポーツができるのかを詳しくお話し、あなたのスポーツ活動に遭った施術、リハビリをご提案します。

施術

足首の捻挫の施術全身のバランスを整えながら、足首の関節のバランスを整え、痛めてしまった筋肉などの軟部組織に対して早く回復させるための施術を行います。

リハビリ

リハビリ足首の捻挫の場合は、早い段階から体幹や下半身の筋力を強化しておくことで、より早くスポーツに復帰できます。痛みの程度、スポーツの種目に合わせたリハビリをご提案いたします。

 

 

 

正しいバランスを維持することが大事

捻挫の場合は、いかに早く正しい身体の使い方を記憶させるかが重要です。

継続的に施術、リハビリを受けることで足首に負担をかけない、捻挫をしにくい身体の使い方を記憶させることが出来ます。

野球肩の痛みを根本改善

2021年04月15日

野球肩でお悩みの方は、江東区大島サモーナスポーツ整骨院にお任せください。野球肩での痛みは、痛みを感じている部分以外に問題が隠れています。肩の痛みだけを改善しても、骨格、筋肉、神経のバランスが崩れていると、なかなか痛みが改善しません。

  • 骨格の歪み
  • 股関節の硬さ
  • 体幹の弱さ
  • インナーマッスルの弱さ

肩の痛みを改善しても、上記の問題が改善されないと再び痛めてしまいます。当院では、痛めない身体づくりをコンセプトにしているので、根本的に野球肩を改善するためのアプローチをしています。

スポーツ整体で、骨盤、背骨、筋肉の状態を整え、的確なリハビリで痛めない身体作りをしましょう。少しでもお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

ぎっくり腰に対する施術

2021年04月6日

ぎっくり腰でお悩みの方は、江東区大島のサモーナスポーツ整骨院にお任せください!

ぎっくり腰を放置すると、慢性的な腰痛に悩ませれることになります。当整骨院では、ぎっくり腰に対して根本的に改善するための施術をし、早期回復を目指します。

整形外科や病院で、『骨に異常はなし』と言われても、痛みがひどく動けない状態の方も多くお越しいただいております。より早くぎっくり腰のお悩みを回復したい方は、当整骨院にお気軽にご相談ください。

施術詳細に関してはこちら