腱鞘炎・ばね指

このようなお悩みはありませんか?

  • 指を使ったり、動かしたりすると痛い
  • 手首のあたりに痛みがある
  • 指が引っかかるときがある
  • 手のひらに変なしこりのようなものがある
  • 裁縫や、パソコン作業など手先で細かい作業をすることが多い

『腱鞘炎・ばね指』とは、指の筋肉の腱が通るトンネル『腱鞘』と何かしらの負担でこすれあって炎症を起こしている状態です。さらにばね指は、腱が腫れてしまって、腱のトンネル『腱鞘』と引っかかってしまう状態です。

●パソコンをよく使う 
●裁縫をやる  
●スマートフォンをよく使う 
●手先を使って細かい作業をすることが多い
など

上記のような方に多く見られる症状です。近年では、パソコンやスマートフォンの普及で、若い世代にも急増している疾患です。

腱鞘炎・ばね指の症状は?

主な症状は、指や手首を動かした際の痛みや引っかかりです。

手首の周辺で生じた『腱鞘炎』の代表的なものは『ド・ケルバン病』と言われています。

痛みとしての症状は、比較的長い期間負担をかけた結果として引き起こされます。腱鞘炎や、ばね指の症状が、痛みとして生じる前に施術することが早期回復に大切です。

痛みが出現する前には、動かしにくさや、朝の手指の重だるさ、日常的な重だるさ、不快感などの症状が現れるので、放置せずに早めにご相談ください。

腱鞘炎・ばね指を放置すると?

『使いすぎ』が代表的な原因と言われている疾患です。

パソコン作業、スマートフォン、裁縫など手指を動かす作業が多い方に発症しやすいです。

日常生活で少し指を使ったり、手首を使ったりするだけでも痛みを感じ、ストレスとなります。悪化すると、指が動かなくなったり腫れて引っかかってしまった部分を切開する手術をすることになります。

違和感を感じた段階で、早期に施術をすることが大切です。

サモーナスポーツ整骨院の腱鞘炎・ばね指に対する施術

サモーナスポーツ整骨院では、『腱鞘炎・ばね指』の症状に対して、骨格・筋肉・神経の3つの方向からアプローチ『スポーツ整体』で根本的に『腱鞘炎・ばね指』を改善します。

1.痛みの状態を確認

カウンセリング痛みを感じている部分ではなく、痛みを引き起こしている原因を究明することが重要です。姿勢分析、問診、触診、各種検査を行い問題を見つけます。

2.関節や筋肉などの硬さや、柔軟性を確認

肩の柔軟性の検査首や肩の筋肉の硬さ、肩関節をはじめとする全身の関節の柔軟性を確認します。

3.骨盤のバランス、筋力のバランスなど全身の状態を確認

カウンセリング骨盤や骨格の歪みを丁寧に確認し、原因をさらに究明していきます。

4.スポーツ整体の施術により根本治療

説明骨格、筋肉、神経の状態を整えます。

5.特殊なEMSでインナーマッスルのトレーニング

インナーマッスルのトレーニング用EMS施術した状態を保つために、必要なインナーマッスルを鍛えます。

 

長年、四十肩・五十肩でお悩みの方や、もしかしたら私も四十肩・五十肩かもしれないという方は、一度サモーナスポーツ整骨院にご相談ください!!!