交通事故 捻挫・肉離れ

このようなお悩みはありませんか?

  • 交通事故にあってから関節が痛くなった
  • 交通事故にあってから歩く際に痛みが出てきた
  • 交通事故による後遺症が心配
  • 交通事故で痛めてからスポーツができない
  • 交通事故で痛めた場所をかばったら他の関節も痛くなった

交通事故でも捻挫や肉離れになります。

一般的に交通事故での怪我は首に痛みの出るむち打ち症が有名ですが、大きな衝撃が加わると、首以外の関節や筋肉を痛めることもあります。

車同士の事故で、衝突した衝撃でブレーキを強く踏み込んだ際や、ダッシュボードや座席に顔や身体を強打して捻挫、挫傷、肉離れが生じることも多々あります。

バイク、自転車、歩行者と車とでの交通事故は、車同士の事故のように身体を守るものがないため、ダイレクトに身体に大きな衝撃が加わり、捻挫、挫傷、肉離れを引き起こしています。

交通事故による捻挫、肉離れが治りにくい理由

交通事故後に整形外科や病院などのレントゲン検査で『骨に異常はない』と診断をされた場合でも、痛みを感じている方も多いと思います。

それは、あくまで『骨に異常がない』という意味であって、筋肉や関節、靭帯(じんたい)、などの組織が損傷していることがあります。

交通事故による痛みで最も重要なことは、痛みを放置せずにより早く施術を受けることです。早い段階で適切な処置、リハビリを行わないと、痛めた関節、筋肉、靭帯の痛みが慢性化し、機能が低下してしまう事もあります。

より早く的確な施術することで痛みが慢性化せずに、早期に快適な日常を送れるようになります。

放っておくといわゆる後遺症になり、痛みと一生付き合うことになるかもしれません。

交通事故の捻挫、肉離れを放置するとどうなる?

交通事故による負傷は、衝突や急ブレーキなどにより想像以上の衝撃を受けています。なので、負傷した部分は、皆さんが想像している以上にダメージを受けています。

交通事故直後は、衝撃などにより全身が興奮状態にあるため、痛みを感じないことが多々あります。

また、整形外科や病院などでレントゲン上で『骨に異常がない』と言われても痛みがある場合は、筋肉や関節、靭帯が負傷していることが多いです。

適切な処置、施術リハビリを行わないと長年経過しても後遺症として苦しむことがあるので、整骨院での適切な施術とリハビリを受けることをお勧めいたします。

江東区大島サモーナスポーツ整骨院での捻挫、肉離れの施術

当院では、医師と提携し、早期回復と後遺症を残さないための施術を行っています。

1.アイシング

炎症を起こした際の応急処置負傷した直後は強い炎症があるので、消炎処置を行う必要があります。基本的に炎症は48時間から72時間続くので、その期間はしっかりとアイシングをする必要があります。

2.物理療法(電気療法)

損傷した組織に特殊な電気を流すことで組織の修復を促進します。

3.温熱療法

炎症症状が消失したのち、しっかりと損傷部位を温めることで血流を促進します。

4.マッサージ

骨盤矯正痛めた箇所とその周囲の硬くなった筋肉をマッサージします。筋肉の緊張を緩和することで、血液の循環を促進、関節の可動域拡大の効果があります。

5.機能訓練

筋肉や関節の動きなど、本来の体の動かし方を取り戻すために適切なリハビリを行います。

6.固定

手首の捻挫をした際の固定痛めた部分を安静に保ち幹部の負担を減らします。