スタッフブログ

シンスプリント治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅店

2022年07月5日

シンスプリントは、12〜16歳の若い世代をピークに発症する脛(すね)の内側の痛みです。ジャンプ動作や走ることが多いスポーツに見られる、代表的なスポーツ障害でもあります。

今回は、シンスプリントの症状の説明ではなく、当整骨院がシンスプリントに対して、実際にどのような治療方法をご紹介させていただきます。

シンスプリントの症状などの詳細に関しましてはコチラ>>

シンスプリント・・・なんで脛(すね)の内側が痛くなるの?

原因を分かりやすくリストアップします!

  • 過度の運動、フォームの変更
  • 硬い路面での長時間の運動
  • ソールの薄いシューズの使用
  • O脚、X脚
  • 回内足、扁平足
  • 足首の柔軟性の低下
  • 股関節の柔軟性低下
  • 体幹の筋力不足
  • 股関節の筋力不足、機能不全

など

たくさんありますが、チェックリストを見て当てはまるものが多ければ多いほど、シンスプリントになりやすいですし、脛の内側の痛み自体がなくなったとしても、上記のリストの項目が解決されない限りは、再発のリスクが非常に高いスポーツ障害です。

シンスプリントの痛みを引き起こす原因としては、脛の内側に付着する筋肉に過度の負担がかかり、硬くなることで骨を引っ張り痛みを引き起こします。

具体的な筋肉は下記の通りです。

  • ひらめ筋
  • 後脛骨筋
  • 長趾屈筋

これらの筋肉が、脛の骨を覆う骨膜を引っ張り、痛みを引き起こします。

なので、これらの筋肉の緊張を緩和させ、骨膜の炎症を抑えれば痛み自体は、比較的早期に緩和します。

しかし、大切なのは『なぜその筋肉に負担がかかってしまうか?』です。

シンスプリントの痛み治しただけでは・・・すぐに再発?

シンスプリントを根本的に治すためには、シンスプリントの症状を引き起こす筋肉負担がかからないようにするための体作りが重要です。

足底のトレーニング、足裏のリラクゼーション、足関節の柔軟性の獲得、足関節の強化は当たり前のことですが、股関節や体幹の筋力をつけることで、患部にかける負担を大幅に軽減することができます。

なので、当整骨院では、股関節の柔軟性向上、股関節の筋力強化、体幹の筋力強化にもフォーカスし、徹底的に再発しない、痛めない身体づくりを行います。

治療のエリアだけでなく、専用のリハビリエリアも完備しているので、スポーツのパフォーマンスアップまでサポートすることができます。

最後に

シンスプリントをはじめとするスポーツ障害は、痛みによりスポーツ活動をやむなく休止せざるを得ないこともあります。パーフォーマンス向上のためび一番大切なことは、『怪我をしない』ことです。

スポーツで痛めない体づくり、痛めてしまった方はすぐに改善して、再発しない体づくりを最優先とし皆様の健康に貢献させていただければ幸いです。

万が一スポーツで痛めてしまった方は、江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院にお任せください!

ご予約はこちら>>

腰痛治療|サモーナスポーツ整骨院|スポーツ整体|江東区大島・亀戸

2022年07月1日

国民的な痛み、腰痛に関して記事にました。実際に当整骨院にも、とても多くの腰痛でお悩みの方がお越しになるので、どうやったら腰痛は治るのか、どこに行ったら腰痛が改善するのかを中心にお話しさせていただきます。

まずは、腰痛のレッドフラッグについて知っておこう

  • 20歳未満か55歳以上
  • 激しい外傷歴
  • 楽な姿勢がない、寝ていても痛い
  • 胸にも痛みがある
  • がんの既往がある
  • 長期間ステロイドの治療を受けている
  • 免疫抑制剤の使用、HIVの既往
  • 全身的な体調不良
  • 原因不明の体重減少
  • 背中を叩くと痛みが強い
  • 発熱
  • 痺れや麻痺

 

腰痛でも上記のような症状が見られる場合は、重篤な内科的疾患も隠れている場合があるのですぐに病院に行きましょう。

病院で検査をし、特に異常が見られなかった場合は、整骨院、整体院でも十分に対応できる腰痛ですので、お気軽にご相談ください。

すぐにアプローチを変えるべき腰痛〜そのままじゃ腰痛は治らない〜

  • 整形外科に通っているのに、何ヶ月も何年も腰痛の症状に変化がない・・・変化があったとしても少しだけ・・・
  • マッサージや整体に行っても、その時は腰痛が改善するがすぐに元に戻る
  • 坐骨神経痛/ヘルニア/脊柱管狭窄症と言われ、長い間病院に通っている腰痛
  • 整骨院や整体院で施術を受けても、施術直後に腰痛の症状が緩和しない

腰痛になり病院で何かしらの診断を受けたにもかかわらず、腰痛の症状が改善しない場合は整骨院や整体院で全身の関節や筋肉のバランスを評価した上で、施術を受けた方が症状が改善する可能性が高いです。

多くの腰痛の場合、原因が明確でない腰痛に分類されます。レントゲンやMRIなどの画像検査で異常が見られないのに、腰痛になっているということです。

腰を支える筋力の低下や、関節の柔軟性の低下に関しては画像で評価することは困難なのです。

なので、筋力低下や運動不足、関節の柔軟性の低下、姿勢不良などによって引き起こされる腰痛は、原因が明確ではない腰痛に分類されてしまいます。

慢性化した腰痛、ぎっくり腰に関しては、筋力や骨格のバランスなどを的確に評価してくれ、リハビリや運動指導までしてくれる、整骨院や整体院に行った方が早期に回復する可能性が高いです。

多くの腰痛は筋肉が硬くなったことで痛みが生じている

筋肉には痛みを感じる神経が豊富にあります。

何かしらの原因で腰の筋肉に負担がかかり、腰の筋肉が硬くなってしまうことで、神経を圧迫し痛みを引き起こしています。また、血管も圧迫されるので、筋肉の隅々まで栄養素や酸素が運ばれなくなるため、筋肉の硬さが緩和しなくなります。

腰痛に対してマッサージをすることで一時的に、腰痛が緩和するのは、マッサージに血流が改善され緊張が緩和するからです。

しかし、すぐに元に戻ってしまうのが現実・・・

腰痛を真剣に治したいのであれば、なんで腰の筋肉に負担がかかってしまい、腰痛になってしまうかを検査し、その根本的な原因に対してアプローチすることです。

江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院では、専用のリハビリスペース、トレーニングエリアも完備しているので、単なるスポーツ整体や矯正、マッサージだけでなく、腰痛を長年の腰痛を完治するための、もう腰痛にならない体づくりまでのアプローチを行うことができます。

少しでも早く腰痛のない生活を送る方法が知りたい方は、お気軽にご相談ください。

ご予約はこちら>>

腰部椎間板ヘルニア治療|サモーナスポーツ整骨院|スポーツ整体|江東区大島・亀戸

2022年06月21日

江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院です。当整骨院では、スポーツ整体により、腰部椎間板ヘルニアに対するアプローチを行うことができます。

また、整形外科と提携しているため、重篤なヘルニアに関しては適切な処置を行い、ご紹介させていただくこともできます。

今回は、実際のヘルニアの症例と併せて、腰のヘルニアに対してどのような考えでアプローチしているのかご紹介させていただきます。(ヘルニアの治療はこちら>>)

腰部椎間板ヘルニアの症例|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅店

こちらでは、実際に整形外科でヘルニアの診断を受け、2年間通院し症状が少し軽減するも、大幅なヘルニアによる症状変化がなく、半信半疑で当整骨院にお越しになった患者様の症例をご紹介させていただきます。

薬を飲んでも左足の痺れが取れない

当整骨院で一番大切にしているのは、ヘルニアによる痺れを解消することではありません。

なぜ、腰に負担がかかり、ヘルニアになってしまったのか。なぜ痺れを引き起こしてしまう身体になってしまったのかを究明し、その根本的な原因に対して施術、リハビリを行うことです。

腰椎つまり腰の骨の間にあるクッションが押しつぶされ、中身が飛び出て下半身を支配する神経を圧迫し、痺れや痛みなどの症状が出てしまうのがヘルニアです。このことは、ヘルニアを経験された方なら誰でもわかっていることですが、薬を漠然と飲んでいても、症状が軽減しないことがなぜなのかを理解できている方は少ないと思います。

痛みと付き合いなさい、加齢によるものです・・・

なんて言葉はよく言われることですが、痛みと付き合えるほど人間は強くないです。

レッドフラッグと言われる危険なサインが見られない、腰部椎間板ヘルニアの症状であれば整骨院でも十分対応できます。(レッドフラッグとは>>)

何年も同じアプローチで症状が改善しないのは、適切な処置ではない可能性が高いです。

スポーツ整体によるアプローチ

なぜ、腰に負担がかかっているにかを分析してアプローチすることが大切です。

  • 姿勢
  • 呼吸
  • 体幹の機能
  • 猫背
  • 股関節、肩関節の柔軟性の低下
  • 座りすぎ
    など

さまざまな要因が組み合わさり、腰に負担をかけてしまいます。一つ一つの問題を明確にし、アプローチすることができるのが、当整骨院のスポーツ整体の特徴です。

スポーツ整体を行うだけではだめ

ただ単にスポーツ整体を行えば治るのかと言われると、そういうわけではありません。ヘルニアに対しスポーツ整体を行うと一時的に身体が軽くなりますが、腰を守る筋肉をしっかり鍛える必要があります。

なので、治るまでにどれぐらい期間がかかるの?というご質問をよくいただくのですが、答えは、筋肉がしっかり育つまでです。

生理学的にも、筋肉がしっかりと成長し身体に定着するまでに、最低でも2〜3ヶ月かかります。スポーツ整体で身体を整えながら、支えるための筋肉を鍛えていけは、2〜3ヶ月で何年間も悩んだ腰の症状が改善する可能性が高いです。

最後に

ヘルニアと言われてしまったからといって諦めないでください。筋肉の硬さや、関節の柔軟性の低下などからも痺れや、腰痛は引き起こされます。

筋肉の硬さや、関節の柔軟性の低下は残念ながらレントゲやMRIではわかりません。

痛みのない健康的な体づくりをしたい方は、サモーナスポーツ整骨院にお気軽にご相談ください。

ご予約はこちら>>

坐骨神経痛治療|サモーナスポーツ整骨院|スポーツ整体|江東区大島・亀戸

2022年06月16日

こんにちは!江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院です。

今回は、当整骨院での坐骨神経痛に対する治療方法や、改善例を実際の症例を合わせながらご紹介させていただきます。坐骨神経痛の症状の詳細などは、別の記事でご覧ください。

坐骨神経痛の症状はこちら>>

坐骨神経痛と言われた・・・薬を飲んでも改善しない・・・

お尻や下半身の痺れや重だるさ、痛みの全てが坐骨神経痛というわけではありません。長年、薬を飲んでも、坐骨神経痛のような症状が緩和しない場合は、それ以外に問題がある可能性が高いです。

また、坐骨神経は非常に太い神経なので、お尻の筋肉などが硬く、コリのある状態になってしまうと、坐骨神経を圧迫することがあります。その場合、飲み薬や貼り薬を使っていても痺れや下半身の痛みは改善しません。

坐骨神経を圧迫している、原因となっている筋肉の緊張を緩和させることが、最優先です。

坐骨神経痛と診断され症状が改善せず、当整骨院に来院

実際に、当整骨院にも病院で坐骨神経痛と診断され、病院に通院するも何ヶ月も症状が改善せず、ご来院される方が多くいらっしゃいます。

そして多くの方が、スポーツ整体を3〜5回施術させて痛くことで、痺れや痛みが半分以下になっております。私たちが一番大切にしていることは、痺れの原因だけにアプローチをするのではなく、なぜ坐骨神経痛になってしまうのかを究明し、その根本的な原因に対してアプローチすることです。

坐骨神経にストレスがかかる原因

  • 運動不足
  • 長時間のデスクワーク
  • 姿勢不良
  • 体幹の筋力低下
  • 股関節の柔軟性の低下
  • 左右の筋力のアンバランス

上記が代表的な問題としてピックアップされます。

お尻の筋肉が硬くなって、坐骨神経を圧迫して痺れを増強させていることが多いです。お尻の筋肉をマッサージや指圧でほぐし、整体や矯正で体を整えればその際は、症状が緩和します。しかし、お尻の筋肉を硬くしてしまう原因を解決しない限りは、痺れや痛みを繰り返すことになります。

姿勢が悪かったり、左右の筋力のアンバランスがあると、日常生活の中でも、左右どちらかに荷重が掛かるようになります。そのような日常が繰り返されると、片方のお尻に負担がかかり、坐骨神経を圧迫し痺れや痛みを引き起こすリスクが高くなります。

最後に

長年の坐骨神経痛でお悩みの方へ。

何ヶ月も何年も同じアプローチをして、坐骨神経痛の症状が変化しない場合は、適切な処置を受けられていない可能性があります。人間の体は、2足歩行になった段階で腰や関節に過度なストレスがかかっています。

立っているだけで負担がかかっている体に対して、筋肉や関節に対して定期的なメンテナンスを行わないと、どんどん体は悪い方向に向かいます。ただでさえ、年々筋力は衰え、姿勢が悪くなり、呼吸が浅くなり取り込める酸素の量が低下し、体が回復、修復されにくくなっていきます。

そのような環境で、坐骨神経痛だからと言って、痛みや違和感を感じている部分にだけアプローチをしていても、実感できる効果は乏しいでしょう。

一生お付き合いする自分の体として、痛めない身体づくりを行う必要があります。少しでも坐骨神経痛の症状を早く改善させたい方は、一度当整骨院のスポーツ整体を受けてみてください。

ご予約はこちら>>
スポーツ整体の詳細はこちら>>

 

オスグッド|子供のスポーツ障害|スポーツ整体・サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸

2022年06月13日

オスグッドなどの、子供の成長期のスポーツ障害は、少しの痛みでも我慢せずに早期の治療が非常に重要です。江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院では、大切な子供たちが、スポーツで痛みを繰り返さないような身体づくりを治療の一環として行っております。

オスグッドは膝のお皿の下の痛みだけが問題?オスグッドの原因は?

オスグッドの正式名称は、オスグッドシュラッター病。膝のお皿の下の骨が、黄肉に引っ張られて突出してしまう、成長期の障害です。サッカー、バレーボール、バスケットボールなど活発に下半身を使うスポーツで多く見られます。

骨と筋肉の成長のアンバランスによって、オスグッドは引き起こされると言われています。

当整骨院にも、数多くのオスグッドで悩んでいるスポーをする子供たちが来院します。その中で、多くの子どもたちに共通している、体の特徴があるのでこちらの記事で、ピックアップします。

オスグッドになりやすい子供の特徴

こちらのチェックリストで、当てはまるものがあれば、なるべく早く対処する必要があるので早めに相談してください。(ご相談はこちら>>)

  • 最近急に背が高くなった
  • 和式トイレに座ることができない
  • 親の視点からでも子供の体が硬いと言われている
  • スポーツをしているのに毎日ストレッチをしていない
  • 前屈で床が触れない
  • スポーツ後、いつも体が痛いと言っている

こちらはものすごく簡単なチェックリストです。意外と軽視されがちなことかもしれませんが、スポーツを上達してほしかったり、怪我をしてほしくなかったりする場合は、子供の言葉をしっかり受け止めて、早期に専門家に相談するようにしましょう。

誰もがご存知かもしれませんが、関節な柔軟性は、あらゆるスポーツ障害の予防につながります。体を痛めることで、スポーツが嫌いになったり、休まなくてはいけなくなったりすることがあるので、要注意です。継続してスポーツを楽しむことが、上達の一番の近道です。

膝のお皿の下の痛みがなくなっても、オスグッドの治療は終わりではありません

確かに安静にしていれば、オスグッドの痛みは改善します。しかし、安静にしただけでは、体の機能的な問題は一切解決しません。スポーツ活動を休んでいる期間に、どれだけ治療をしリハビリをするかが、痛みを繰り返さない身体作りに最も大切なポイントです。

ただ単に安静にしてオスグッドの痛みがなくなったからと言って、スポーツ活動を再開すると、すぐに痛くなります。

安静にしている期間に最低限できることは、専門家の指示のもと必ず実施するようにしましょう。当整骨院で、実際にアドバイスしている内容は以下の通りです。

  • 股関節の柔軟性のリハビリ、トレーニング
  • 足首の柔軟性のリハビリ、トレーニング
  • 体幹の安定性のリハビリ、トレーニング
  • 姿勢を改善するためのトレーニング

たったこれだけでも、オスグッドだけでなく、子供たちのスポーツ障害は早期回復、予防することができます。

最後に

成長期の子供の体は非常に繊細です。ちょっとしたことを改善することで、スポーツのパフォーマンスは大きくアップします。敏感になりすぎる必要はありませんが、こちらの記事でピックアップされた内容に当てはまり、子供が少しでも痛いと言っている場合は、お早めにご相談ください。(ご相談はこち>>)

オスグッドの治療の詳細はこちら>>

テニス肘|スポーツ障害|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸でスポーツ障害治療で評判

2022年06月6日

先日、さまざまな整骨院や整形外科に通っても痛みが緩和しないという、テニス肘の方がお越しになりました。テニス肘で、肘周囲の治療を受けても痛みが解消しない場合、よく見落とされる治療ポイントあるので、そちらも今回の症例を合わせてご紹介させていただきます。

テニス肘って肘が悪いんじゃないの?

テニス肘は代表的なスポーツ障害です。テニスのバックハンドを繰り返し行うことで、肘の骨に付着している筋肉が過剰に硬くなったり、靭帯にストレスが加わり肘の外側に痛みが生じます。

なので、当然肘が悪いのですが、肘周囲の組織にアプローチをしてもなかな痛みが解消しない場合は、肘以外に問題を抱えていることが多々あります。

  • 腕の力でボールを打ち返している
  • 体幹の筋肉が弱い
  • 股関節が安定していない
  • 肩関節の柔軟性が低下している
  • 肩甲骨が安定していない
  • 姿勢が悪い

上記のものは、肘の問題以外で特に注視される、根本的な問題です。基本的には、肘の痛みがなくなったところで、動作を改善しない限りは、再び肘に負担がかかってしまうので、繰り返し痛みが生じることになります。

しかし、それでも肘の痛みが解消しない場合があります。

サモーナで実際によく見る症例

整形外科などでテニス肘と診断され、薬や湿布を使っていても、肘の痛みがまったく改善せず、思い切って当整骨院にお越しいただいたそうです。

思い切らずとも、気軽にお越しいただける環境なので、周りの方にもそうお伝えください。

まずは、上記に記載してあるように肘以外の問題を調べました。今回のケースの場合、姿勢不良、股関節の筋力低下、体幹の不安定性が見られ、肘周囲にテニス肘に特徴的な所見も見られました。

しかし、問診の際に今まで肘の治療を受けていても、症状が緩和しないとのことだったので、首の問題を疑い、頚椎の動きや首周囲の筋肉の状態を確認し、姿勢不良に伴い頚椎の動きがやや悪く、神経の圧迫の可能性があったため、神経に対しハイボルト(特殊電気)を局所的に実施させていただきました。

それにより、今まで変化がなかったテニス肘による肘の痛みが半減し、さらにスポーツ整体を行い、全身のバランスと肘の局所的な問題に対してアプローチし、最終的には痛みのレベルが8割程度減りました。

肘周囲の痛みや、筋肉には首の神経が関係しているので、姿勢不良などで大元の神経が圧迫を受けていると、肘に痛みが引かないことがあります。

最後に

テニス肘は、肘が悪いから痛くなるのではなく、股関節や肩関節、体幹など様々な要素のミスマッチにより引き起こされています。

確かに炎症を抑えて、安静にして、肘だけの治療をするだけでもテニス肘の痛みは解消します。しかし、先述したように体の動かし方のエラーを修正しない限りは、テニスをするたびに肘に負担がかかり痛が生じる可能性が高いです。

痛みを繰り返さずテニスやスポーツを楽しみたい方は、お気軽にご相談ください!

ご予約はこちら>>

スポーツ障害|野球肩|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸でスポーツ障害のことなら

2022年05月30日

スポーツ障害の中でも野球肩は、投球操作の制限やスポーツ活動の休止を余儀なくされます。試合出場などの都合で、肩に痛みがあっても我慢して無理に野球などのスポーツを行うと、症状が悪化し、かえって肩の痛みがなくなるまで時間がかかります。

今回は、スポーツ障害の中でも当整骨院に多くお越しなる野球肩に関して記事を書かせていただきます。

今回の記事では、詳細の野球肩の症状ではなく、なぜ野球肩になってしまうのかを中心に記載します

野球肩が治らないのは肩だけの問題ではない

野球肩など、肩に痛みがあるとどうしても肩だけの問題に注目しがちです。

もちろん肩周囲のインナーマッスルの機能が低下していたり、肩甲骨が上手に使えなかったり、肩の関節自体が硬いという局所的な問題は存在しますが、なぜその部分に痛みが生じるまで、負担がかかってしまったのかが、当スポーツ整骨院で一番大切にしているポイントです。

野球肩で注目すべきポイント

実際に野球肩で、肩に対してだけアプローチをしても痛みは改善しますし、野球肩の程度にもよりますが、少し休養すれば痛みが緩和します。

しかし、多くの場合、再び野球をしたら痛みが再発してしまいます。

そこで今回は、痛みが再発しないように、身体のどの部分に注目すればいいのかをピックアップします。

  • 肩関節の柔軟性
  • 肩甲骨の安定性
  • 鎖骨の動き
  • インナーマッスルの機能低下

これらに関しては代表的なもので誰もが想像できることです。しかし、以下のことは見逃されがちなので、野球肩で肩に痛みが出てしまった方も、野球肩になりたくない方も参考にしてください。

見逃されがちな野球肩の原因
  • 姿勢不良
  • 体幹の筋力低下
  • 背骨の柔軟性
  • 股関節の柔軟性・安定性
  • 足関節の柔軟性
  • 無駄な筋トレ

肩関節周囲の問題以外にも代表的なものをピックアップしました。

これらの問題を検査し、改善するだけでもボールを投げる動作の痛みや、再発防止にもなります。

最後に

野球だけでなく、どのスポーツも全身の運動連鎖によって動作が完成します。一つでもエラーが出ると、本来かからない負担が局所的に加わり痛みを引き起こしたり、重篤なスポーツ障害につながります。

たとえ、どんなにいい治療を受けて、痛みが改善したとしても、本質の身体の使い方、機能が低下している状態でスポーツ復帰をするとすぐに、再発します。

痛みがでない、怪我をしないことが一番の競技力向上の近道です。

今回の記事で少しでも心当たりがある方は、サモーナスポーツ整骨院にお気軽にご相談ください。

サモーナスポーツ整骨院の野球肩の治療はこちら>>

膝の痛み|変形性膝関節症|サモーナスポーツ整骨院|大島・亀戸で評判のスポーツ整体

2022年05月26日

膝の痛みって膝が悪いんじゃないの?って思いますよね。当然、変形や組織の劣化、筋肉の拘縮など膝に問題が生じていますが、その他にも膝に負担をかけ痛みを引き起こす要因があります。

当整骨院には、江東区大島・亀戸を中心に数多くの変形性膝関節症やスポーツでの怪我などで膝に痛みをかかける方がお越しになっています。

その方々の実際に対して実際に行った治療や、共通してみられる特徴などを記事にさせていただくので、皆様の膝の痛み解消のヒントになれば幸いです。

①膝の痛みが治らない?膝の痛みと体重増加

筋力低下していて、体重が適正より重かったら、膝の痛みは根本的に治りません。

スポーツだけでなく、日常生活でも多くのシーンで膝に大きな負担がかかります。ただ歩いているだけでも、何倍もの負担がかかっているのです。階段や小走りなどをでは、さらに大きな負担がかかっています。

少し太ってきたからウォーキング、ランニングしようかな・・・いざ始めたら膝が痛くなったなんて会話をよく耳にします。その原因は、上記に記載してあるように、生活習慣が乱れ、運動習慣がなく筋力低下し、食事の習慣が乱れ体を修復してくれる栄養素が不足した状態で運動すれば、当然痛みが出ます。

筋力が低下し、体重が増加した状態でのウォーキングやランニングは、自分から進んで膝を壊しに行っているも同然です。

膝の治療で痛みが引いたとしても

治療を受けて膝の痛みが治ったとしても、体重が重かったら再び膝関節に過剰なストレスが加わりますし、膝関節に負担がかからないような身体の使い方ができなければ、体を動かすたびに痛みが生じるようになります。

手術ではなく、まずは自分で解決できるものがあるとすれば、食事の習慣を見直して、適正体重に戻すことが一番の方法です。

タンパク質、炭水化物、脂質のバランスを考え、体内の環境を整えてみましょう。

②膝の痛みが治らない?運動と膝の痛み

運動が重要なことは誰もが理解していると思います。しかし、変形性膝関節症などで痛みを抱えている場合の無理な運動は禁物です。

体重増加が膝の関節に悪いということは医学的に証明されていることなので、急に歩いたり、走ったりして運動を始めると、症状を悪化させます。

また、痛めている期間が長いほど、痛みを庇うような身体の使い方を脳が覚えてしまい、かえって膝などの関節に負担がかかるようになります。

当整骨院ではただ単に、硬くなった筋肉にマッサージを行うのではなく、膝の関節に負担がかからない身体の使い方を覚えていただいております。変形性膝関節症の方で、運動を開始しようと考えている方は、必ず専門家の指導のもと行うようにしましょう。

膝関節を安定させるための筋力アップだけでなく、股関節や体幹の筋力アップをすることで、膝への負担を減らすことができます。

最後に

身体のどの部分のそうですが、膝が痛いからと言って膝だけの治療をしていても、根本的な問題解決しないですし、膝の痛みは解消しません。膝の関節の周りには、骨盤とつながったり太t太腿と繋がっている筋肉もたくさんあります。

骨盤、股関節、体幹など全身をうまく使うことで、膝への負担を大幅に軽減することができます。

運動習慣、食習慣、治療を組み合わせて早く痛みのない体づくりを行いましょう!

膝の治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸>>

腰痛が治らない30代、40代の方へ|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸

2022年05月24日

30代、40代の7割の方が腰痛と言われています。腰痛の種類は様々で、ヘルニア、狭窄症、分離症などの原因が特定できるものから、病院に行ってもいまいち腰痛の原因がはっきりせず、日々、腰の痛みに悩まされている方も非常に多いです。

当整骨院にも、長年の腰痛でお困りの方が日々ご来院されています。その中には、腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の診断を受けた方が多く、手術ではなく、それ以外の方法でなんとか治したいとお越しになる方も少なくありません。

今回の記事では、長年の腰痛、原因がいまいちはっきりせず、病院に行っても改善しない腰痛に関して、その原因と当整骨院でのアプローチによる症状改善例をご紹介します。全ての方にマッチした腰痛治療です!!と言いたいところですが、お身体の状態によって効果には個人差があります。少しでも皆さんの腰痛改善に役立つ記事が書ければと考えているので、参考にしてください。

腰痛の原因ってなに?

原因がわかれば腰痛が治りかと言ったら、そうではありません。手術をしても腰の痛みが緩和しない方もいらっしゃいますし、薬を飲んでも腰痛の症状が改善しないものもあります。

では一体何が原因で、腰が痛くなっているのでしょう?

世の中のほとんどの腰痛は、非特異的腰痛と言われ、医学的に原因がわからない腰痛と言われています。原因がわからないと聞くと、治らないんじゃないか?一生腰痛と付き合わないといけないんじゃないかと、悲観的になってしまいますが、決してそんなことはありません。

むしろ、原因が明確でない腰痛の方が、何かしらアプローチをすれば腰の痛みが解消もしくは、緩和する可能性が高いです。

原因が明確でない腰痛の原因?

変なタイトルですが、医学的に原因が明確でない腰痛の原因の多くは、運動不足や食習慣の乱れ、長時間のデスクワーク、姿勢不良、ストレスなどから引き起こされている可能性が高いです。

簡単にいうと、意識を変えれば、症状が改善する腰痛がほとんどです。

それが簡単にできないから苦労するのかもしれませんが、上記のことが原因で腰痛になっていることさえ知らない方が多いです。されには、そのような腰痛の症状が、整骨院や整体院で改善できることさえ知らない方が多いです。

サモーナスポーツ整骨院が考える腰痛の原因の細分化

これまで、数多くの方の腰痛治療をしてきた中で、当整骨院が腰痛の原因として、考えるものを細分化し、リストアップするので、皆さんの腰痛の状態と比較してみてください。心当たりがある方は、サモーナスポーツ整骨院で長年の腰痛を改善できる可能性が高いです。

  • 運動不足
  • 筋力低下
  • 姿勢不良
  • 疲れやすく、疲れが回復しずらい
  • 30分じっと立ってられない
  • 股関節が硬い
  • 前屈はできるけど後屈が硬い
  • よく清涼飲料水を飲む
  • 砂糖が入ったお菓子を頻繁位たべる
  • 体重が適正体重より重い
  • ぽっこりお腹
  • お腹を凹ませることができない
  • 息を大きく吸い込むとお腹が凹む
  • 和式トイレに座れない
  • 前屈で指が床につかない
    など

いかがでしょうか?当てはまるものが一つでもあり、腰痛がある方は、腰痛が改善する可能性が高いです。

皆さんの腰痛はどんな腰痛?

こちらの章では、腰痛のパターンを紹介します。同じような腰痛でお困りの方は、お気軽にご相談ください。(腰痛相談はこちら>>

  • 座ってから立ち上がると腰が痛い
  • 長時間走ると腰が痛くなる
  • 前かがみで腰が痛い
  • 身体を反らせると腰に痛みが出る
  • 座っているだけで腰が痛い
  • じっと立っていると腰が痛くなる
  • 急激に腰が痛くなって立てなくなった
  • 徐々に腰に違和感が出て立てなくなった
  • 腰が抜ける感じがする
  • 腰の筋肉が硬く、こりを感じる
    など

腰痛を感じる瞬間は人それぞれです。その中でも代表的なものをチョイスしました。

最後に

慢性化した腰痛は、単にマッサージや矯正を行っただけでは解消しません。自分では気が付かなかった、日常生活での姿勢不良、運動不足、思いもやらないとは思いますが食事などを見直すことで、長年の腰痛が改善します。

腰痛治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸>>

スポーツ整骨院・整体院ってスポーツ選手しか通院できないの?

2022年05月23日

スポーツ整骨院・整体院ってスポーツ選手とか、運動してる人しか通ってはいけない・・・というイメージが強くなりがちですが、決してそんなことはありません。

比較的、スポーツをやっていたり、運動習慣がある方が多くご来院されていますが、半数以上の方は、日常生活などで腰や、首肩の痛みなどでお困りの方です。実際に江東区大島、亀戸エリアを調べてもスポーツ整骨院、スポーツ整体院は非常に少ないように感じます。

日常はスポーツだ!

なんで当整体院がスポーツ整骨院という表現をしているかというと、創業のメンバー3人ともスポーツに特化した、評価や施術が得意だからです。基本的に、人間は動く生き物です。スポーツをしていなくても、私たちは日常生活の中で身体を動かします。

基礎的な関節や筋肉の使い方は、スポーツも日常も関係なく同じです。年々運動習慣が少なくなり、動かすべき関節を動かさなくなったり、伸びたり、縮んだりすべき筋肉が動かなくなってしまうと、正常な体の機能を損ない、腰に負担がかかって痛くなったり、首や肩の筋肉が硬くなって、こりや痛みが生じたりします。

そして、体のあちこちがだるい・・・痛い・・・と感じている方々をどうにかサポートできないのかと考え、スポーツ整体院・整骨院をスタートしました。

少し、筋肉至上主義的な思考回路で、暑苦しいかもしれませんが、結局最終的に身体を動かすのも、支えるのも、脳からの信号で筋肉が動くからです。

生きるってスポーツじゃん??という気持ちで日々皆様の施術をさせていただいております。

スポーツ整骨院ならでは!!施術前のお身体の状態チェック

私たちの整骨院では、腰が痛い・・・はい!!腰が悪いから、腰の治療!!みたいな感じでは施術を行いません。

施術を行う前に、姿勢、筋力バランス、股関節や背骨など各関節の柔軟性チェックなど、全身の状態を確認した上で、スポーツ整体を行います。

お身体のどこかに痛みが生じる場合、痛みが生じている場所だけでなく、その他の関節や筋肉にも異常が生じていることが多いからでです。また、ただ単にスポーツ整体を行うのではなく、身体を支えるための筋肉が低下している方には、インナーマッスルのトレーニングや専用のリハビリエリアでの機能改善(関節や筋肉に負担をかけない体づくり)を行います。

骨盤や骨格を支えるための筋肉が低下していたら、いくら整体を行ったところで痛みが繰り返します。痛めない身体づくり、予防のためのアプローチができるところが、サモーナスポーツ整骨院の最大の強みです。

最後に

スポーツをしていない方でも、スポーツに全く興味のない方でも安心してお越しいただけるので、少しでも早く痛みを取りたい!!快適に生活をしたいという方はお気軽にご相談ください!!

ご予約はこちら>>

1 2 3 4 5 8

LINEで友達に紹介状を送る