長年の腰痛の方へ|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅店

2022年05月16日

江東区大島駅から徒歩1分のサモーナスポーツ整骨院です!今回は、長年良くならない腰痛に関する内容を記載させていただきます。実際に、当整骨院にも大島駅周辺だけでなく、亀戸、錦糸町など、長年の腰痛でお困りの方が多数ご来院されています。

注射をしても薬を飲んでも、整体に行っても何をしても、腰痛を繰り返してしまう原因を、サモーナスポーツ整骨院の腰痛治療の考え方と併せてご紹介させていただきます。

数ヶ月、数年間・・・注射や薬を飲んでも良くならない

その場合は、おそらく今の腰痛に対して適切なアプローチではない可能性が高いです。ほとんどの腰痛は、医学的に明確な原因の見つからない腰痛です。その割合なんと約8割。

そんなにも多くの腰痛が医学的に明確な原因の見つからない腰痛なのです。

中には、重篤な疾患が隠された腰痛の可能性がありますが、ごく稀です。

残念ながら、姿勢不良や、腰の筋肉のこり、体幹の筋力不足、関節や筋肉の柔軟性の低下などによって引き起こされる腰痛は、先ほど説明した、医学的に明確な原因が見つからない腰痛に分類されます。

当整骨院には、腰痛になり、整形外科に行ったところ、腰の骨の間が狭くなっていると診断され、飲み薬や貼り薬をもらって、使用していても腰痛が解消せず、お困りの方が多くお越しになります。そのような状態の方に共通していることがあります。

  • 運動習慣がない
  • 筋力不足
  • 長時間同じ姿勢でいると腰が痛くなる
  • じっと立っていられない
  • やや肥満傾向
  • 立ち上がりが痛い
  • 立って前屈して床に指先がつかない
  • 体が反れない
    など

おおまかにピックアップしても、これだけ多くの問題によって、腰痛が引き起こされている可能性があります。

その他にも、腰痛のある個人によって差はありますが、このリストに一つでも当てはまっているものがあれば、その問題を解決するだけでも、腰痛は大きく改善方向に向かうでしょう。

たくさん当てはまるものがあって、心が折れそうな方でも、前向きに考えれば、たったこれだけのことを改善するだけで、長年悩んでいる腰痛が改善方向に向かうのであれば、ご自身のお身体の環境を見直すべきだと思います。

腰は、体の要です。

その要の部分の痛みは、大幅に生活の質を悪化させます。また、腰痛を解消するだけで生活の質が大幅にアップします。

長年解消しない腰痛の原因は一つではない

前の章にも記載したように、長年良くならない腰痛の原因は一つではありません。

  • 運動不足
  • 筋力不足
  • 栄養バランスの偏り
  • 関節の柔軟性低下
  • 姿勢不良
    など

さまざまな要素が組み合わさり、腰痛が生じています。サモーナスポーツ整骨院では、そんな腰痛に対し、多方面からアプローチし根本的な問題解消を目指しています。

単に骨盤矯正や、マッサージを行うのではなく、体の状態を整えるためのトレーニングを組み合わせることで、痛みの解消から、腰痛にならない身体づくり、腰痛予防のためのアプローチまで行うことができます。

江東区大島駅、亀戸エリアでは数少ない、リハビリ専用施設、パーソナルトレーニング施設を併設したスポーツ整骨院です。

最後に

医学的に原因が明確でない腰痛の場合、1回のアプローチで腰痛の症状に変化がでなっければ、その施術、治療方法は適切ではない可能性があります。

勘違いしてはいけないのは、1回の施術で腰痛が完治して、痛みが全くなくなるわけではありません。

柔軟性、筋力、体重などあらゆる視点から、お身体の状態を変化させる必要があるため、最低でも完治には3ヶ月程度かかります。

痛み自体は2〜3週間、週に3〜4回程度、スポーツ整体とトレーニングを行えば緩和することが多いです。ただそれだけでは、根本的な問題解決にはならないの、痛みを繰り返してしまいます。

少しでも早く、腰痛を解消させたい方は一度、サモーナスポーツ整骨院にご相談ください。都営新宿線大島駅から徒歩1分とアクセスも良く、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りでも安心して腰痛治療ができます。

ご予約はお電話または、メール、LINEにてお願いいたします。

ご予約はこちら>>

パーソナルトレーニングはこちら>>

ぎっくり腰治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅店

2022年05月13日

こんにちは!江東区大島駅にあるサモーナスポーツ整骨院です!当整骨院には、大島駅の方だけでなく、亀戸、錦糸町、住吉など近隣の地域からもぎっくり腰でお悩みの方がお越しになっております。

今回の記事は、ぎっくり腰がなんで早く治らないのか?について書かせていただきます。治す方法は。インターネット上にたくさん情報があると思いますが、一番早く治す方法は、治らない原因を知ることが一番です。

サモーナスポーツ整骨院に、ぎっくり腰で来院された方の症例と併せて紹介させていただきます。

とにかく動くことができないぎっくり腰

ぎっくり腰は、何かきっかけがあって、発症するわけではなく、ほとんどの場合が突然襲いかかってきます。

急に腰に激痛が走って立てなくなった、腰に違和感を感じて徐々に立ってなくなった長時間座っていて立とうとしたら立てなかった・・・など

絶対的にこれだ!!というきっかけがなく、ぎっくり腰は発症します。重いものを持とうとするときや、スポーツをしている際は、意識的に体を動かしています。意識的に体を動かしている際は、腰回りの筋肉をはじめとする体幹の筋肉がしっかりと働いているため、ぎっくり腰なることはほとんどありません。

ぎっくり腰になってしまうと、いわゆる長年の慢性化している腰痛と異なり、とにかく身体を動かすことができません。というか、腰が痛すぎて、抜けそうで、どうのようにしたら身体を動かすことができるのかわからなくなります。

ぎっくり腰になって、整形外科に行っても症状が改善しない場合は、ぎっくり腰の痛みを引き起こしている原因が、腰だけでなく、骨盤や背骨、股関節にあることが多いです。

痛み止めの薬を飲んだり、注射を打ったりしても痛みが解消しない場合は、整骨院や整体院で施術してもらうのが痛み解消の近道です。腰痛のガイドラインでも、腰痛になった場合は安静よりも、身体を動かした方が症状緩和には効果的と書かれています。

ですので、まんがいちぎっくり腰になってしまった際は、動かすことができる範囲で身体を動かすようにしましょう。独学で適当な運動をすることでぎっくり腰をさらに悪化させてり、治りが遅くなったりすることがあるので、どうしてもぎっくり腰の症状が緩和しない方は、お気軽にサモーナスポーツ整骨院にご相談ください。お問い合わせはこちら>>

ぎっくり腰になる原因

ぎっくり腰とは医学用語ではなく、急激に襲いかかる腰痛の総称です。残念なことにぎっくり腰になってしまう明確な原因はありません。

しかし、当整骨院にぎっくり腰で来院されるお客様のお身体の状態に、共通していることがあります。その中でも代表的なものを、いくつかピックアップします。

  • 運動不足
  • 筋力不足
  • 姿勢が悪い

特にこの3つの特徴がある方が、ぎっくり腰になっている印象があります。この3つの要素があると必ずぎっくり腰になるわけではないし、この3つの要素があってもぎっくり腰にならない人もたくさんいますが、ぎっくり腰になって来院された方の特徴は、姿勢が悪く、運動不足や筋力不足の人が比較的多いです。そして、痛みの解消に時間がかかることが多いです。

運動習慣があり、筋肉量の多い人もぎっくり腰になります。ただし、前述したように運動習慣がなく、筋肉量が少なくなっている人より痛みの解消が早いです。

サモーナスポーツ整骨院で受けられるぎっくり腰の治療

当整骨院では、ぎっくり腰に対して腰にある痛みの解消だけでなく、全身のバランスを評価した上でアプローチします。ぎっくり腰をそのまま放置すると、慢性的な腰痛になることが多く、長年腰痛になるリスクが高くなります。

サモーナスポーツ整骨院独自の技術スポーツ整体で、腰だけでなく、全身のバランスを整え、さらにはインナーマッスルのトレーニングを行うことで、腰痛にならない身体づくりまで行うことができます。

江東区大島、亀戸エリアでは数少ない、専用のリハビリエリア、パーソナルトレーニング施設を完備した施設になっているので、痛みの解消から生涯健康のサポートまで皆様のお力になることができます。

都営新宿線大島駅から徒歩1分とアクセスも良く、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りや学校帰りでも安心して治療を受けることができます。交通事故による腰痛の方も多数来院されています。

ご予約はこちら>>

腰痛治療の詳細はこちら>>

腰痛が良くならない方へ|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅店

2022年05月9日

江東区大島駅から徒歩1分の腰痛治療で評判のサモーナスポーツ整骨院です。今回は、非常に多くの方がお悩みの症状・・・腰痛。マッサージや整体をしても、腰痛が良くならない原因とその対処方法に関してお話しします。

その腰痛の原因は腰ではない

腰痛治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅から徒歩1分腰痛でお悩みで、何をしても腰痛の症状が解消しない場合、その原因の多くは、腰以外にあります。腰痛だからといって腰の治療だけをしていては、根本的な問題解決にはなりません。

なぜ腰に負担がかかって、腰痛が引き起こされるのか原因究明しない限りは、何をしても永遠に、腰痛の再発と症状緩和を繰り返すことになります。

一番怖いのはレッドフラッグと言われる所見が見られるようつですので、この場合は整体院や、整骨院ではなく必ず病院に行くようにしましょう!!レッドフラッグに関しての説明はこちらの記事では省略させていただきます。

少し脱線しましたが、命の危険のある腰痛以外に関しましては、整骨院や整体院でも対応できる腰痛ですのでご安心ください。では、どのようなことが原因で、腰痛が引き起こされるのかをサモーナスポーツ整骨院での実際の症例と合わせて紹介します。

体重増加による腰痛

実は、無駄な体重増加、肥満も腰痛の原因になります。腰痛を引き起こしている腰の炎症を抑えたとしても、重い体重が腰に負担をかけて再び痛みを引き起こします。

腰に負担がかからないようにすることが、腰痛解消の一番のポイントなのですが、重い体重によって負担をかけずにはいられません。まさに負のスパイラルです。

メタボの方の腰痛は何をしても解消しにくいです。

筋力低下による腰痛

腰痛治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅から徒歩1分全身の筋力が低下すると姿勢を正しく維持することができなくなるので、結果として腰に負担がかかります。また、筋力が低下していることで、スポーツ整体や骨盤矯正でお身体の状態を整えたとしても、その状態を維持するための筋力が低下しているので、すぐに元の歩い状態に戻ってしまいます。

毎日40分以上の運動習慣のある方は、スポーツ整体を一度行えば、かなり長期間いいコンディションを維持します。

しかし、残念ながらほとんどの方は1日40分以上、週6回以上の運動習慣がないので、整えた状態を維持することができないので、施術を受けてもすぐに元の腰痛に戻ってしまいます。そため、当整骨院では、骨格を支えるためのインナーマッスルを鍛えながら、スポーツ整体で骨格や筋肉の状態を整えることを推奨しています。

体重増加と筋力低下が組み合わさっている方は、腰痛という問題だけでなく、股関節、膝、心臓血管系など、非常に多くの問題が引き起こされるリスクがあるので要注意です。

運動不足による腰痛

筋力低下と関係性は高いですが、体を動かす習慣が減り、筋肉を使うことが少なくなると筋力不足になります。

運動が不足すると、代謝の機能が低下するので、摂取したエネルギーを吸収することができなくなります。さらにエネルギーを作りずらい体内環境になるので、筋力の維持にとって必要な栄養素も適切に吸収することができなくなり、結果として身体の疲労や、筋肉のこりが回復しずらい環境になり、腰痛になる場合があります。

腰痛の多くの方は、実感されていると思いますが、腰痛になると運動をすることさえも嫌になるので筋力も低下してさらに疲れやすくなる、代謝が悪くなる・・・まさに負のスパイラルに突入します。

最後に

メタボで、運動不足で筋力低下して、食事の習慣も悪くて・・・と聞いただけでも身体が治る環境にないことはわかると思います。

1回のスポーツ整体で腰痛のレベルがお幅に軽減したとしても、ご自身の体内環境や日常生活での姿勢、肥満による腰部への負担がある限りは永遠に腰痛は繰り返されます。

サモーナスポーツ整骨院では、あらゆる視点から皆様の腰痛と向き合い全力で施術、生活環境の注意事項、運動の仕方などをアドバイスさせていただき、腰痛を根本的に解消することを目指しています。

江東区大島駅エリアでは数少ない、専用のリハビリエリア、パーソナルトレーニング施設を完備した複合型の施設になっております。腰痛の解消から、腰痛の予防まで徹底的にアプローチできる施設ですので、腰痛のない快適な生活を少しでも早く送りたい方は、お気軽にご相談ください。

大島駅から徒歩1分とアクセスも良く、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りでも安心してご来院していただけます。

ご予約はこちら>>

腰痛を根本的に治すために大切なこと

2022年04月4日

東京都江東区大島駅から徒歩1分の腰痛治療で評判のサモーナスポーツ整骨院です!

今回は、多くの方が悩んでいる腰痛!

マッサージを受けても、整体を受けても・・・何度も何度も繰り返してしまう腰痛に関してお話しします。運動すればいいんでしょ?ストレッチすればいいんでしょ?と勘違いされる方も非常に多いので、今回の記事では、なんでサモーナスポーツ整骨院が腰痛に対して、スポーツ整体、インナーマッスル、運動を推奨しているのかも合わせて紹介します。

バランスが崩れた状態で体を動かすと腰痛が悪化する

慢性的に腰痛の方の多くは、左右の関節の動きのバランスが崩れています。そのような状態で運動をしても偏った動きが強いられます。そして、さらに腰に負担をかけ、腰痛が改善するどころか悪化することも多々あります。なので、インターネットなどの動画や写真で安易に腰痛体操をすると腰痛を悪化させるリスクがあるのでご注ください。

サモーナスポーツ整骨院での腰痛体操の考え方

当整骨院には、整形外科、他の治療院や整骨院では改善しなかった腰痛の患者様が多数いらっしゃいます。どの患者様もこれまで非常にいい腰痛治療を受けられていました。しかし、共通して行われていなかったことが、筋力強化です。

体を整体で整えただけでは、その状態を維持することは困難です。

整った状態を維持するためには、必ずインナーマッスルの強化が必要です。その上で運動を実施することで、長年悩んだ腰痛が解消する可能性が高くなります。

骨盤や骨格が歪んだ状態で運動をすればするほど、腰痛を悪化させ、身体のバランスは崩れる一方なので、本当に腰の痛みを解消したいのであれば、必ず専門家の指導のもと腰痛体操を実施しましょう。

サモーナスポーツ整骨院には、ヘルニアや坐骨神経痛、脊柱管狭窄様々な腰痛でお悩みの方がご来院されています。単なるマッサージや整体だけは根本的な解消にはなりません。

ご自身のお身体の状態にマッチした腰痛体操を行うことが、根本的な腰痛解消には一番大切です。

最後に

サモーナスポーツ整骨院は、江東区大島駅エリアでは数少ないリハビリエリアを完備したスポーツ整骨院です。ご来院される全ての方に健康になっていただくことをテーマに日々施術させていただいております。

腰痛を引き起こす原因は、腰だけの問題ではありません。全身の筋力低下や、日常生活の姿勢、運動習慣など多くの問題が組み合わさり引き起こされてることが多いです。

少しでも早く腰痛を解消したい方は、お気軽にご相談ください。都営新宿線大島駅から徒歩30秒と駅近で、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りや、学校帰りにも安心してご来院していただけます。

ご予約はこちら>>

症例|脊柱管狭窄症|50代男性

2022年03月13日

東京都江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は、実際に当整骨院で施術、リハビリをした脊柱管狭窄症に関して、ご紹介させていただきます。

50代男性の脊柱管狭窄症の症状

腰痛や下半身の痺れなどの症状で整形外科に数ヶ月通院するも症状が軽減しないため、当整骨院にお越しになりました。

整形外科で受けていた治療は、患部を温めたり、マッサージをするなどの保存的な治療と痛み止めの薬や、血液の流れを良くする薬などを服用していた状態。

歩いていると徐々に足が痺れたり、痛くなったりし非常に困っていました。前かがみになり休むと症状が軽減し、再び歩けるようになるのですが、数十メートル歩くと再び症状が憎悪してしまう状況でした。

なぜ腰に負担がかかるのかがポイント

脊柱管狭窄症は、腰に負担がかかることで症状が悪化します。特に反る動きが危険です。しかし問題なのは腰ではなく、『なんで腰に負担がかかってしまうか?』です。

腰が悪いから腰に負担がかかるわけではなく、骨盤の傾きや、股関節の柔軟性、体幹の筋力低下などが関係し、結果として腰に負担がかかり症状が憎悪していることが多いです。

なので、一時的に薬などで痛みを緩和させたところで、台である骨盤や体幹の筋力が安定していない限りは、根本的な問題解決にはなりません。さらには体重増加も、脊柱管狭窄症の症状を悪化させる要素になるので注意が必要です。

実際に脊柱管狭窄症の男性に行った施術

まずは、丁寧に問診を行い、その男性の日常生活や仕事環境などでなぜ腰に負担がかかっているのをしっかりと伺い、分析を行いました。

そこから、姿勢、動作パターン、骨格の歪み、骨盤の歪み、左右の筋力バランスなどを検査、評価し、当整骨院独自の技術、スポーツ整体で腰だけでなく、全身のバランスを整える施術をさせていただきました。

バキバキ音を鳴らす整体ではなく、骨盤に付着する筋肉に対し軽く刺激を与える、独自の整体なので痛みを感じることなく施術を受けることができます。

さらに、神経や問題を症状を引き起こしている深い筋肉や、神経に対してハイボルトという特殊な電気を用いてアプローチをし、大幅に症状が緩和しました。男性の主観的な痛みの軽減レベルは、1回の施術で7割減少でした。

しかし、そのままの状態では、施術を受けて整った状態を維持するための筋力がないので、施術と合わせてEMSを用いて、身体を支えるための筋肉を活性化させていただき、約3ヶ月で7km歩行しても、痛くならない身体作りをすることができました。

それ以上歩行するとまだ痛みが出てしまうようですが、これからさらにリハビリとスポーツ整体を組み合わせ、脊柱管狭窄症でも痛みを感じない身体づくりをサポートさせていただく予定です。

最後に

脊柱管狭窄症で、一生痛みと付き合わなくてはならないと思っている方、諦めないで一度当整骨院にご相談ください。意外なことが問題で、脊柱管狭窄症の症状を悪化させていることがあります。一生お付き合いするお身体ですので、痛みの快適な生活が送れるようサポートさせてください。

なんで原因が不明なのに腰痛なの?病院では対処してくれない腰痛解消の方法

2022年03月8日

こんにちは!東京都江東区大島駅から徒歩1分にある腰痛治療で評判のサモーナスポーツ整骨院です。今回は、病院でも原因がいまいちしっくりこない、原因が曖昧な腰痛に関してお話しさせていただきます。

冒頭からですが、そもそも世の中の約8割が原因が明確でない腰痛ですので、このことを頭に入れておいてください。

何で腰痛なのに原因が明確じゃないの?

原因が明確な腰痛というのは、レントゲンやMRIなど病院で行われる各種検査で異常が見られて、医師が判断したものを腰痛の『原因』として捉えられています。

なので、多くの方が感じている腰痛の場合は、病院で行われている検査で『異常がない』と判断されたものなので、腰痛の原因が不明確な腰痛として扱われています。

腰の筋肉が硬いんだけど・・・

サモーナスポーツ整骨院では、腰痛を引き起こす原因の一つとして『腰の筋肉の硬さ』があると考えています。

筋肉の間には血管や神経がたくさん分布しており、筋肉が硬くなることで神経を圧迫し痛みを感じさせることがあります。

この筋肉の高さが非常に厄介で、腰痛を引き起こしても、レントゲンやMRIには画像として異常が検出されません。一般的には、疲労で凝っている筋肉として扱われているので、特に異常がないものとして考えられてしまうのです。

腰の筋肉の硬さをマッサージで柔らかくすれば・・・

マッサージも当然、腰痛を解消するためには大切な手段の一つです。しかし、残念ながらマッサージをしただけでは、一時的に楽になった感じがするだけで、根本的な問題の解決にはつながりません。

なぜ、腰の筋肉が硬くなってしまうのかを考えることで、根本的な腰痛解消につながります。

腰痛の方!!根本的に身体を見直すことが一番の腰痛解消方法!

まずは腰痛を引き起こすきっかけになる身体の状態や生活習慣をピックアップするので、みなさんチェックしてください!

  • 1日3時間以上座っている
  • 1日歩く歩数が7000歩以内
  • 1日30分以上、週6回以上の運動習慣がない
  • よく姿勢が悪いと言われる
  • 30分以上じっと立っていられない
  • 背もたれがないと座っていられない
  • 前屈して床がさわれない
  • たったまま靴下が履けない
  • 和式トイレに座れない
  • 息を大きく吸い込みうとお腹が凹む
  • 産後骨盤矯正やトレーニングをしなかった
    など

腰痛に関係なさそうでも実際は腰痛に関係のある内容をピックアップしてみました。その他にもたくさんありますが、特に当整骨院で大切にし、患者さんに実際にアプローチしていることをチョイスしました。

これらのことを見直し改善するだけでも、あなたの腰痛は大きく改善するかも!

しっかりと腰痛を解消したい方は、お気軽に当整骨院にご相談ください!

東京都江東区大島駅から徒歩1分でできる腰痛の根本治療>>

当整骨院は、江東区大島エリアでは数少ない専用のリハビリエリア、パーソナルトレーニング施設を完備したスポーツ整骨院です。マッサージやスポーツ整体、骨盤矯正だけでなく、しっかりと筋肉を強化することで腰痛などの辛い症状を繰り返さない、身体づくりをすることができます。

都営新宿線大島駅から徒歩1分とアクセスも良く、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りでも安心して治療を受けることができます。

ご予約はこちら>>

ぎっくり腰になってしまった・・・自宅でできるぎっくり腰の応急処置

2022年03月4日

東京都江東区大島駅から徒歩1分のぎっくり腰治療で評判のサモーナスポーツ整骨院です。今回は、急に襲いかかるぎっくり腰に関して、万が一ぎっくり腰になってしまった場合の、自宅でできる応急処置に関してお話しします。

ぎっくり腰ってどんな症状?ぎっくり腰の特徴

ぎっくり腰は、医学的な用語ではなく造語です。腰の骨や関節にレントゲンなど画像の検査上、何の異常が見られなくても尋常がない痛みが襲ってきます。

もちろん画像検査をして、異常が見られる場合もあります。

しかし、当整骨院にお越しになるぎっくり腰の患者様で、最も困っているのが、レントゲン検査や、MRI検査をしても医師から異常が見られないと判断されているにもかかわらず、腰痛で身体を動かすことができないぎっくり腰です。

ぎっくり腰の主な症状としては

  • 腰から下に力が入らない
  • とにかく腰が痛くて体を動かすことができなし
  • 急に腰が抜ける感覚がして、徐々に痛みが増して動けなくなる
  • 不用意に体を動かした際に腰に激甚な痛みが走った
    など

上記がぎっくり腰の症状の特徴です。特に、不用意に体を動かした際に発症することが多く、なかなか防ぎにくい腰痛ではあります。

少しでも腰を動かそうとすれば、腰が抜けそうになり、グキッと腰から砕け落ちるような感覚に襲われるのもぎっくり腰の特徴です。

ぎっくり腰になってしまったら自宅でどうしたらいいの?

ぎっくり腰は、正式には急性腰痛と呼び、名前の通り急激に襲いかかってくる腰痛のことを示します。しかし、世の中の腰痛の8割は原因が不明確な腰痛。ぎっくり腰もなんでぎっくり腰になってしまったのかは明確にされていないのが現実。

最新の情報では、万が一ぎっくり腰になってしまっても、過度に安静にすることは症状を悪化させることがあるので要注意です。同じ姿勢で安静にしているのではなく、痛みに注意しながら少しずつ体を動かすようにしましょう。

それでも動かすことができない場合も当然あります。その場合は、ゆっくりと寝返りを打つようにしたり、仰向けで膝を曲げた状態で、左右に膝倒しなどを行うようにすると症状の悪化を防げる可能性があります。

痛みが悪化する動きは絶対に控えるようにしましょう。

この動きは腰が痛いかな?なんて、無駄に痛みを確認するような動きも絶対禁止です。応急処置としてベストな方法は、休日診療している整骨院や整形外科に行くようにしましょう。

ぎっくり腰を放置するとどうなるの?

東京都江東区大島駅から徒歩1分でできるぎっくり腰のリハビリ

東京都江東区大島駅から徒歩1分のサモーナスポーツ整骨院は、ぎっくり腰治療、リハビリで多くの方から高評価をいただいております。ぎっくり腰は、適切なリハビリをしないと慢性的な腰痛になるので要注意。

ぎっくり腰は、時間が経てば良くなるでしょ・・・と考えている方も非常に多くいらっしゃいます。確かにぎっくり腰は、放置しておけば時間経過とともに激甚な痛みは改善します。しかし、ほとんどの場合、その後、慢性的な腰痛に移行します。

ぎっくり腰をなってしまった初期から適切に治療、リハビリすれば慢性的な腰痛を予防することができます。

ぎっくり腰になると、身体は自然に痛みを庇うような動きをします。その庇う動き、つまり痛みの代償動作をいかに早く、正常な身体の動かし方に修正できるかが、ぎっくり腰の早期回復、慢性腰痛を防ぐには大切なことです。

痛みを庇うような代償動作が長引くほど、脳は正常な身体の使い方を忘れてしまい、間違った動きを認識するようになります。

つまり動きのエラーです。

この動きのエラーにより、慢性的に腰に負担をかけ、慢性的な腰痛のきっかけになってしまいます。

サモーナスポーツ整骨院のぎっくり腰の治療

サモーナスポーツ整骨院は、江東区大島駅から徒歩1分にあるので、ぎっくり腰の方でも安心して通っていただくことができます。

当整骨院では、ぎっくり腰に対して根本治療を行います。

単なるマッサージや整体ではなく、サモーナ独自の技術スポーツ整体を行い、腰だけの問題ではなく、全身のバランスを評価し、骨盤・骨格、筋肉、神経に対して包括的にアプローチし、早期回復を目指します。

また、先ほども申し上げたように動きのエラーを早期回復させるための、個別リハビリと同時にインナーマッスルの強化を行っていただき、スポーツ整体の効果を持続していただきます。

  • 薬を飲んでもぎっくり腰が治らない
  • マッサージをしたらぎっくり腰が悪化した
  • 整形外科に行っても異常がないけど腰が痛い
  • ぎっくり腰から慢性的な腰痛になってしまった
  • 根本的に腰痛を解消したい

このような状況でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!根本的にお身体の状態を整えて快適な日常を送りましょう。

サモーナスポーツ整骨院のぎっくり腰治療>>

腰痛でお悩みの方必見!家でもできる腰痛の対処方法!

2022年02月24日

こんにちは!江東区の大島駅にあるサモーナスポーツ整骨院です。いまだに落ち着かない新型コロナウイルスによって在宅勤務を余儀なくされ、身体が鈍って腰痛になっている方も多いのではないでしょうか?

身体をの活動量が減ると筋力の低下や、在宅での座っている時間の増加により腰に負担がかかる時間が増えてしまいます。

このような時だからこそ、ご自身のおお身体のことを考えて、自らの生活習慣や運動習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

自宅でドタバタできない方でも安心してできる簡単な腰痛体操や、日常生活上の動作の注意事項をこちらの記事でご紹介します。

今回ご紹介させていただく、日常生活の行動の意識だけでも気をつけていただくと、長年悩んだ腰痛が改善するかもしれません。

在宅だからこそできる!腰痛改善に最適な行動パターン

正しく座れば身体の負担は減ります!!でも、本当は座っていること自体が体にはあまり良くない行動であることが科学的に証明されています。

そもそも腰痛は、自分の腰に異常があるから腰痛になっている・・・と勘違いしている方も非常に多く当整骨院にもお越しになります。江東区大島エリアだけで、あんなにも多くの方が腰痛に関して腰が悪いと認識しているのだから日本中で考えたら・・・恐ろしくなます。

まずは、在宅勤務で座っていることが多くなって腰痛になってしまった方、腰痛が悪化ししてしまった方は、何が一番の原因で腰痛を引き起こしているのか考えてみましょう。

在宅勤務が主流になる前は、出勤する際に歩いて、会社でも自宅内での移動距離よりは長く歩いていたのではないでしょうか?

在宅勤務で腰痛になってしまった方は、単純に身体の活動量が減っているため、腰に負担がかかり腰痛になっている可能性が高いです。

今まであって、在宅勤務でなくなったものを考えれば、腰痛を引き起こした意外な原因が、簡単に見つかるかもしれません。

在宅勤務の方で試していただきたいことは、20分に1回立ち上がって股関節を回したり、肩を回したり、お部屋を少し歩いたりを2分間やってみてください。本当にどんな簡単なことでもいいので、とにかく20分に1回立ち上がって2分間、身体を動かす意識を持つだけでも、腰痛は改善します。

当整骨院では、そのような腰痛の患者様に対して、お身体の状態に合わせた腰痛体操をご提案しています。当整骨院には、アスレティックトレーナーやコンディショニングトレーナーの資格を保有する、柔道整復師や鍼灸師が多数在籍しているので、治療家目線で、一人ひとりに最適な腰痛体操をプログラムしています。

呼吸を意識的にしてみよう!

普段みなさんは、呼吸を意識底にしていますか?

おそらくほとんどの方が、意識せずに呼吸をしています。実は、呼吸を意識的に行うだけでも身体の多くの機能が活性化して、腰痛改善の役に立ちます。

正しく呼吸ができていれば腰痛になりにくくなるので、まずはご自身の呼吸の仕方を確認してみましょう。

  1. 息を吐ききって、鼻を指で摘んで息を10秒止める
    ⇨苦しければ呼吸がうまくできていない
  2. 息を大きく吸い込んだ時にお腹が凹む
    ⇨呼吸の仕方が逆になっている
  3. 息を思い切り吐くときにお腹が膨らむ
    ⇨呼吸の仕方が逆になっている
  4. 息を吸い込んだ時に肩が持ち上がる

腰痛のある方で、上記の1〜4の項目・・・幾つ当てはまりましたか?

一つでも当てはまれば、おそらく全部当てはまります。笑

本来の呼吸の仕方としては、息を吸い込んだ時にお腹が膨らんで、吐く時にお腹がヘコにます。横隔膜が正しく働いていれば、自然に腹式呼吸ができるようになります。

呼吸を意識的に行うことで、横隔膜が正しく働き、背骨の動きを改善してくれて腰の負担が緩和します。普段何気なくしている呼吸ですが、意識的に呼吸をする時間を作ってみましょう!

最後に

サモーナスポーツ整骨院では、単なるマッサージや整体、骨盤矯正だけでなく、日常生活の行動、呼吸、運動など様々な視点から、腰痛に対してアプローチします。

江東区大島エリアを中心に少しでも多くの方に、正しい情報を発信して腰痛のない健康的な日常を手に入れていただければ幸いです。

まずは、普段の自分の意識を変えるだけで、腰痛が改善するかチャレンジしてみてください!

江東区サモーナスポーツ整骨院の腰痛の治療はこちら>>

インナーマッスルトレーニングで腰痛改善

2022年01月29日

こんにちは!!江東区大島駅にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は長年の腰痛を根本的に改善するためには何が必要なインナーマッスルに関してお話ししていきます。何回もマッサージや整体を受けても、すぐに元通りの腰痛になってしまう。そんな方のご参考になれば幸いです。

マッサージや整体だけでは腰痛は改善しない

腰は身体の構造的に本来安定していないといけない部分です。腰に何かしらの負担がかかり、腰回りの筋肉や関節に負担がかかることで腰痛は生じます。

負担がかかり、硬くなっている腰の筋肉をマッサージで緩めれば、一時的に腰の痛みは緩和します。しかし、腰に負担がかかってしまう原因を突き止めない限り、腰痛が改善することはありません。

筋肉でなければ、骨盤の歪み?と思う方もいるかもしれません。当整骨院でも骨盤の歪みみたいして矯正のアプローチを行いますが、こちらもマッサージと同様、腰痛に対して骨盤矯正をしただけでは、また元の状態に戻ってしまいます。

では、なぜまた元に戻ってしまうのでしょうか?

腰痛チェックリスト

  • 1日4時間以上座っている
  • よく脚を組む
  • 深呼吸をすると肩が上がる
  • 息を大きく吸い込むとお腹が凹む
  • 階段を登っただけでも息が苦しくなる
  • 少し急いで小走りをしただけで息が苦しい
  • よくソファーに座っている
  • 1日30分以上運動をしていない
  • 前屈をして床に手が届かない
  • 足首が硬い
  • ばんざいができない、腕を上げるのが辛い

腰痛に関連するチェックリストをざっくり作ってみました。よく目にするものから、少しマニアックなものまでピックアップしてあるので、長年の腰痛でお悩みの方で一つでも当てはまっているものがあれば、まだまだ改善の余地はあります。

腰痛を治すためには、トレーニングも必要

腰痛を根本的に改善するためには、マッサージや骨盤矯正に加え、トレーニングをする必要があります。サモーナ推奨の運動頻度は週6回以上ですが・・・なかなかそうもいかないという方も正直多いです。でも真剣にご自身のお身体と向き合うのであれば、必ず必要な運動ですので最低30分は時間を作って自分をコントロールしてみましょう。

1日30分、時間を作れないのであれば・・・ん〜・・・という感じです。本当に治したいのかな?と言いたくなることもあります。

ただ漠然と運動をすればいいのではなく、当整骨院では、スポーツ整体で身体の状態を整え、その後に実施するトレーニングを重要視しています。

骨格が歪んだ状態で運動をすると、左右非対称のアンバランスな筋肉がつきます。なのでバランを整え動きやすい体にした後、皆様のお身体の状態に合ったトレーニングをすることで、骨盤や骨格の歪みを防ぎ、腰にかかる負担を軽減することができます。

さらに、骨盤を支えるインナーマッスルを効率的に鍛えれば『腰痛のない快適な日常』を手に入れられるかもしれません。

インナーマッスルを効率的に鍛える方法>>

最後に

当整骨院には、腰痛でお悩みの多くの患者様がお越しになります。同じような症状でお悩みの方のご参考になればと思い、その方達の腰痛の種類をご紹介させていただきます。

  • 整形外科でレントゲン検査をしたけで、異常が見られない腰痛
  • 過去にぎっくり腰で動けなくなってしまったけど、治療せずに放置された腰痛
  • ヘルニアと言われたけど特に治療をしてもらえない腰痛
  • 電気治療やマッサージを、繰り返し受けているけど解消しない腰痛
  • 長年坐骨神経痛で整形外科に通っているけど改善しない

当整骨院では、原因を究明し皆様の腰痛の状態に最適なスポーツ整体で、腰痛の治療をさせていただきます。少しでも早く腰痛を解消したい方はお気軽にご相談ください。

サモーナスポーツ整骨院大島駅店の腰痛の治療はこちら>>

ぎっくり腰|症例|50代女性M様|江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店

2022年01月20日

ぎっくり腰は、不意に襲いかかってきます。特にこれ!!といった原因がなく、軽い荷物を動かした時だったり、ペットボトルをテーブルから取ろうとした時だったりと、突然ぎっくり腰は襲いかかってきます。

今回は、そのぎっくり腰で当整骨院に実際にお越しになった、患者様がどのような過程でぎっくり腰になり、どのような施術、リハビリで回復まで至ったのかを実際のアプローチ方法を含め紹介させていただきます。

500mlのペットボトルでぎっくり腰?!

ぎっくり腰になったことがない方は、理解が厳しいと思いますが、その程度の負荷でぎっくり腰は生じます。M様の場合もテーブルの上に置いてあったペットボトルを持った際にぎっく腰を発症しています。

ペットボトルを取った際に腰に違和感を感じ、時間経過とともに腰痛が悪化し、最終的には前かがみの状態から動かすことができなくなり、当整骨院にお越しになりました。M様はぎっくり腰になった経験がなく、なんで腰がこのような状態になったのか驚いていましたが、腰痛の発症のケースとしては珍しくないという説明をさせていただき、施術にうつらせていただきました。

痛みは腰の患部に限局していて、下半身の感覚が鈍くなる、腰痛のレドフラッグなどがみられなかったので動かすことができる範囲で全身のバランス、柔軟性、腰や骨盤周囲の動きを確認させていただき、左右の股関節の柔軟性と筋力のバランスが著しく崩れていたので、痛みを感じている腰だけでなく、骨盤や股関節に対しての施術をさせていただくことに。

ぎっくり腰でも全身の評価を

ぎっくり腰を早期に回復させるためには、痛みを感じている腰だけにアプローチをしても回復しません。また、ぎっくり腰の激しい痛みを残したまま、腰を庇うような動きを繰り返すことで全身のバランスが崩れ、慢性的に腰痛を感じるようになる可能性があります。

ぎっくり腰などの急性の腰痛は比較的、痛みが緩和するのに時間はかかりませんが、慢性的な腰痛に移行してしまった場合は、腰痛がなくなるまでに3〜6ヶ月ほどかかってしまいます。

なので、当整骨院ではM様に対し、絶対的な安静の指示ではなく、痛みを感じにくい動きを分析し、日常生活の中でも無理のない範囲でお身体を動かすようにアドバイスさせていただきました。

ぎっくり腰の種類にもよりますが、基本的にぎっくり腰に対し寝たままなど、安静に過ごすことは禁忌事項になります。

また、腰が痛いからといって腰だけにアプローチをしても痛みの軽減は難しく、全身を評価した上で、弱っているところは鍛える、硬いところは緩めるなどのアプローチをすることで、早期の痛みの解消につながります。

M様に対してのアプローチと痛みレベルの変化

M様は、ぎっくり腰の痛みと動かすことの恐怖心によって、前かがみの状態から体を動かすことが困難だったため、まずは消炎招致のための特殊な電気で、痛みを緩和させました。

その後、体を真っ直ぐにできるようになったので、全身のバランスと動作を確認しながら、サモーナスポーツ整骨院独自のスポーツ整体スポーツ整体はこちら>>で、全身のバランスを整えさせていただき、この段階でM様の腰痛の痛みレベルは、半減以下になりました。

そこから、さらに痛みを緩和させるために腰患部の問題に対しハイボルト治療ハイボルト治療はこちら>>を行い、最終的には痛みレベルが8割減少し、腰が真っ直ぐな状態になり、動作時痛も軽減しご帰宅されました。

他の整骨院や整体院などで施術を受けてもぎっくり腰の症状に変化がなかった、整形外科に行ってもレントゲン検査上これといった問題が見つからず、痛みが緩和しない方は当整骨院にお気軽にご相談ください。

ぎっくり腰についての当整骨院の考え方

ぎっくり腰の症状で、整骨院や整体院、リラクゼーションなどに行かれる方は、マッサージでぎっくり腰の症状が緩和すると考えている方が多いです。しかし、ぎっくり腰に対してマッサージは絶対に禁忌です。

急性の腰痛に対してマッサージをするとさらに動けなくなってしまったり、炎症を悪化させてしまったりと、症状を悪化させる可能性が高いです。

当整骨院では適切にぎっくり腰に対してアプローチし、リハビリ、筋力強化など全身のバランスを整えながら包括的にアプローチすることが重要と考えております。当然、レッドフラッグが見られる腰痛に対しては、提携している整形外科をご紹介させていただいております。

より早期に痛みを緩和させて、庇う動作をなくすことが長年悩む腰痛にしないための一番の秘訣です。M様の場合も、最初の1週間はなるべく頻度を高くお越しいただいたので、慢性的な痛みに移行することなく、完治いたしました。

同じようなぎっくり腰の症状でお悩みの方、ぎっくり腰になって慢性的な腰痛になってしまった方はお気軽にご相談ください!!

サモーナスポーツ整骨院の腰痛の治療はこちら>>
腰痛予防・解消のためのインナーマッスルトレーニングはこちら>>

東京都江東区大島6ー9ー12アプツ大島1階
都営新宿線『大島駅』A4出口から徒歩30秒

1 2 3

LINEで友達に紹介状を送る