坐骨神経痛

このようなお悩みはありませんか?

  • 『太もも』『ふくらはぎ』の後ろ側や外側に痛みやしびれ、重だるさがある
  • お尻に痛みやしびれ、重だるさがある
  • 足裏に痛みが広がったり、痺れや、重だるさ、冷えを感じる
  • 動き始めにお尻から、太もも、ふくらはぎにかけて痛みやしびれ、重だるさがある
  • 『腰部椎間板ヘルニア』『腰部脊柱管狭窄症』の診断を受けたことがある

説明『坐骨神経痛』とは、人の身体で一番太い神経『坐骨神経』が何かしらの負担で、傷ついたり、圧迫されることで生じる症状です。

坐骨神経は、下半身の筋肉の痛みなどの感覚をコントロールしているので、傷がついたり圧迫されたりすると痛みや痺れが太ももやふくらはぎの後ろや外側に広がります。

坐骨神経が関係している部分

  • お尻
  • 太もも
  • ふくらはぎ
  • 足首の内側
  • 足の裏

坐骨神経痛が生じる主な原因として、『腰椎の変形』『腰部椎間板ヘルニア』『腰部脊柱管狭窄症』お尻の筋肉の硬さによって引き起こされる『梨状筋症候群』が考えられます。

また、腰に何かしらの異常があり、腰の筋肉が硬くなると、さらに坐骨神経を圧迫してしてしてしまいます。立ちっぱなしの作業座っている時間が長いこともお尻の筋肉を硬くしてしまい、坐骨神経を圧迫してしまう原因になります。

圧迫され、傷ついた坐骨神経により痛みや痺れなどの辛い症状を引き起こします。

坐骨神経痛の痛みが治りにくい、悪化しやすい理由

骨盤の歪みや、腰に変形があると筋肉は硬くなります。このような状態で硬くなった筋肉は、ご自身で出来るストレッチやセルフケアなどでは柔らくなりにくいです。

特にお仕事や日常生活で立ちっぱなしや、座っている姿勢が長時間続く方は、筋肉にかかる負担を減らす事が困難なため、症状が悪化しやすいです。

また、一度傷がついた神経は、修復に非常に時間がかかるため治るまでに時間がかかります。

 

坐骨神経痛を放っておくとどうなる?

坐骨神経痛を放置していると、痛みや痺れなどの症状がどんどん悪化していきます。特に何もしていないときでも痛み痺れを感じるようになります。

特に歩いているときの症状を強く訴える患者様が多いです。長時間歩くことが困難で、休みながら出ないと長距離を歩けなくなってしまう方もいます。

江東区大島サモーナスポーツ整骨院での坐骨神経痛改善の流れ

サモーナスポーツ整骨院では坐骨神経痛の原因を徹底的に究明します。

1.痛みの状態を確認

説明痛みを感じている部分ではなく、痛みを引き起こしている原因を究明することが重要です。姿勢分析、問診、触診、各種検査を行い問題を見つけます。

2.関節や筋肉などの硬さや、柔軟性を確認

カウンセリング腰やお尻の筋肉の硬さ、股関節をはじめとする全身の関節の柔軟性を確認します。

3.骨盤のバランス、筋力のバランスなど全身の状態を確認

骨盤矯正骨盤や骨格の歪みを丁寧に確認し、原因をさらに究明していきます。

4.スポーツ整体で根本的に改善

骨盤矯正の様子骨格、筋肉、神経に対してサモーナ独自のスポーツ整体でアプローチし、根本的な改善をします。

5.EMSでインナーマッスルトレーニング

インナーマッスルのトレーニングができるEMSスポーツ整体で整えた『骨格・筋肉・神経』を正常な状態に保つためにインナーマッスルのトレーニングを行います。一般的な筋トレ(トレーニング)では鍛えにくい、身体の内側にある筋肉を特殊なEMSでしっかり鍛えます。

 

 

 

長年、坐骨神経痛でお悩みの方や、もしかしたら私も坐骨神経痛かもしれないという方は、一度サモーナスポーツ整骨院にご相談ください!!!