楽トレ(インナーマッスルトレーニング)

このようなお悩みはありませんか?

  • 施術を受けてもすぐ痛みが戻ってしまう
  • 30分歩けるけど、30分立ってられない
  • よくつまづく、足が上がらない
  • 腰が痛い、肩こりがひどい
  • 身体の表面の筋肉が硬い(特にふくらはぎ)

頭痛で悩む女性楽トレでは、身体を支えるために必要な、インナーマッスルを効率的に鍛えることができます。身体を支えるためのインナーマッスルの筋力が低下すると、お身体に様々な症状が引き起こされます。

  • 腰痛、肩の痛み
  • ストレートネック
  • 膝の痛み
  • O脚、X脚
  • 姿勢不良
    など

特に、治療を受けてもすぐに痛みが戻ってしまう方は、要注意です。運動習慣がなく、筋力が低下している方は、施術による整った状態を身体が維持できないため、すぐに痛みが戻ってしまいます。

楽トレでは、身体を芯から支えるためのインナーマッスルを効率的に鍛えることができます。

 

インナーマッスルを鍛えることで現れる効果

楽トレでインナーマッスルを鍛えることで、腰痛や肩こり、股関節や膝などの痛みの改善だけでなく、様々な嬉しい変化が身体に生じます。

  • 汗をかくようになった
  • 便秘が改善した
  • ウエイトダウン
  • 夜の頻尿が改善した
  • お腹がすくようになった
  • よく眠れるようになった
    など

多くの方に、様々な良い変化を実感していただいております。

どれぐらいの期間やったらいいの?

楽トレをする理想的な期間

インナーマッスルも立派な筋肉です。しっかりと身体に定着させるためには、個人差はありますが約3カ月の期間が必要です。筋トレと同じで、一回実施しただけでは筋肉はつきません。

理想的なトレーニング頻度

48~72時間の間隔をあけて1週間に2回が理想的なトレーニング頻度です。

筋肉は48~72時間のサイクルで回復し、強くなるので、おおよそ週2回の頻度で楽トレをすることで、より効果的にインナーマッスルを鍛えることが出来ます。

筋肉は使うことで維持できる

楽トレ鍛えた筋肉は、『低下しにくい筋肉』です。インナーマッスルは基本的には、日常生活、スポーツ活動など身体を動かす際は、必ず働くようになるので低下しにくいです。

しかし、一日中寝ていたり、不良姿勢で何時間も座っていたら、インナーマッスルは低下します。

楽トレで鍛えたインナーマッスルは、歩いたり、軽くジョギングしたり、ストレッチをしたり、日常生活に適度な運動習慣を取り入れることで簡単に維持できます。

LINEで友達に紹介状を送る