スポーツ障害|野球肩|症例|中学生男子 ピッチャーA君

2021年12月27日

こんにちは!江東区大島にあるサモーナスポーツ整骨院です!今回は、当整骨院が得意とするスポーツ障害『野球肩』について、実際の症例を併せてアプローチ方法や必要なトレーニングなどを紹介させていただきます。

野球肩に関しての詳細を知りたい方はこちら>>の記事を見てください。

野球肩は野球少年だけでなく、テニスやバレーボール、ハンドボールなど投球動作やオーバーヘッドの動作が繰り返されるスポーツに発症する、肩の痛みの総称です。

今回当整骨院にお越しになった中学生は、野球肩の代表例だったのでこちらの記事でご紹介させていただくのと同時に、同世代の親御さんにお子様の身体を理解していただくきっかけになれば幸いです。

投球動作をすると肩が痛い

整骨院にお越しになった段階では、自発的な痛みや投球動作をしても痛みがない状態でした。

いつも野球練習の後半になると右肩に痛みが出てきて、思い切りボールを投げることができなくなるとのことでした。

その肩の状態を約1ヶ月繰り返し、練習も休むことが難しく痛みを我慢していたが、我慢の限界を迎え当整骨院にお越しになりました。

まずは全身の評価から

当整骨院では野球肩とはいえ、肩だけの問題にフォーカスしません。野球肩になる場合の多くに、肩の問題以外の問題が隠れていることが多いです。

こちらのA君の場合も、全身を評価した際に胸椎(背骨)が丸まっており、いわゆる猫背のような状態でした。さらに、いわゆるスマホをよくいじる少年で、首が前に出て、肩が丸まっている状態。

このような状態で生活すると、体幹の機能が低下し、背骨の動きが悪くなり、肩に過度な負担がかかりやすくなってしまいます。

その次に、体の各部位の柔軟性を確認したところ、特に股関節の柔軟性が著しく低下しており、さらには、あらゆるスポーツで重要な、お尻の筋力が異常に低下した状態でした。

その後、肩の状態を確認すると、肩周囲の筋肉が異常に硬くなり、投球動作時に肩の関節に過度なストレスをかけていることがわかりました。

当整骨院では、骨に異常はないと判断しましたが、念の為、提携している整形外科をご紹介させていただき、医師から骨や関節の構造に異常が見られないと診断していただいたので、当整骨院で継続治療することになりました。

野球肩は肩の痛みだけに注目してはダメ!!絶対!

A君は野球肩の肩の問題だけの治療をしてもすぐに痛みはひきますが、野球をすればすぐに痛みが戻ってしまいます。

肩の治療と同時進行で、股関節の柔軟性、体幹の安定性、背骨の柔軟性など全身の問題を解決するためのアプローチをさせてもらうことになり、3ヶ月間かけて体の使い方、インナーマッスルの強化、体幹の強化、柔軟性の向上を図り、痛みなく投球動作ができるようになりました。

日常生活上でも姿勢に関して、指摘し意識して生活することで、治療効果を最大限引き出すことができ完治しました。

最後に

その他にもA君のような野球肩の少年が数多くお越しになっている中、怪我をする子供たちに共通していることが『姿勢が悪い』『体幹の安定性がなくふにゃふにゃしてる』ことです。

スポーツを痛みなく楽しむためには、子供でも定期的なケアが必要不可欠です。また、肩だけでなく股関節、体幹などその他の問題にも注目してアプローチすることが重要ですので、親御さんはしっかりとお子さんの状態を確認しておきましょう!!

サモーナスポーツ整骨院の肩の治療はこちら>>

東京都江東区大島6−9−12アプツ大島1階
サモーナスポーツ整骨院|大島駅店

野球肩?野球肩の原因と種類・サモーナスポーツ整骨院での治療方法

2021年12月6日

こんにちは!江東区大島駅にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は、当整骨院にも数多くお越しになるスポーツ疾患、野球肩について記事を書かせていただきます。

野球やテニス、バレーボールなど、多くのオーバーヘッド動作のあるスポーツで野球肩は見られます。

まずは、野球肩とはどんな症状なのか、原因なども含めてご紹介します。

その後に、野球肩の中でも多く見られるタイプの野球肩についても説明していきます。そして最後に当整骨院で実際に実施している施術内容や予防の方法もご紹介させていただきますので、皆様のスポーツライフにお役立てください!

野球肩とは?

野球肩とは、野球の投球動作時をきかけに方に生じる痛みの総称を『野球肩』と呼びます。ある特定の一つの疾患ではないのでご注意ください。種類によっては、手術が適応となり、整骨院では対応できないものもあります。

肩関節周囲に付着している筋肉や腱、関節包や関節唇、骨の損傷のことを総称して野球肩と呼んでいるだけなので、同様の疾患は野球だけでなく、バレーボールやテニス、バドミントンなど肩や腕を頭の上から振り下ろすスポーツ選手に多く発症します。

痛みを訴える部位は、損傷している部位によって異なりますが、主に肩の前、後ろ、上腕部分の3箇所のいずれかに出ます。

具体的な野球肩の症状は、肩を上げる際の痛み、投球動作時や投球後の痛みやだるさ、さらには肩を上げることが困難になるほどの可動域制限がかかることもあります。

野球肩の原因

野球肩になりやすい選手の特徴としては、十分な肩のケアをできておらず、酷使し続けてしまう、いわゆるオーバーユース(使いすぎ)の選手に多く見られます。

単に肩の使い過ぎだけが原因ではないのが『野球肩の難しいところ』です。投球動作やテニスやバレーボールの動作、いずれのスポーツも肩の動きだけでなく、体幹や股関節肩のインナーマッスルの機能低下、疲労による不自然なフォームでのスポーツ動作など、さまざまな要素が組み合わさり、野球肩を引き起こします。

なので単に安静にして痛みが緩和したからといって、すぐに野球を開始するとすぐに野球肩による痛みがぶり返します。

野球肩の種類

先述したように野球肩にはいくつか種類があります。原因や痛めている部分によって、ケガの呼び方が変わります。

インピンジメント症候群

『野球肩の中で最多』インピンジメント症候群です。最も多く見られる野球肩の種類です。

投球動作やテニスのサーブ、バレーボールのスパイクなど手を肩より上にあげるたびに、肩甲骨の突起である『肩峰』や肩関節周囲の靭帯や関節包が、上腕骨上部と衝突を繰り返し、肩関節ないに炎症が生じます。

インピンジメント症候群の特徴としては、肩を90度以上あげようとすると肩関節周囲に痛みや違和感が生じそれ以上、肩を上げられなくなることです。

腱板損傷

肩関節を支えている筋肉を『腱板』と呼びます。いわゆる肩のインナーマッスルです。棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋肉から構成されています。

肩関節を安定させスムーズに動かすために重要な筋肉なので、肩を使うスポーツでは非常に重要な役割を果たしています。

しかし、過度な負担がかかり、腱板と上腕骨を繋いでいる腱が剥がれたり、筋肉が断裂してしまうことがあります。これを腱板損傷と呼びます。

リトルリーグショルダー

リトルリーグショルダーは成長期のスポーツ少年に生じる肩の痛みです。

小学生から中学生にかけて、野球などの投球動作を繰り返すスポーツで生じる野球肩の一種です。成長期には上腕骨の上端に骨端線という成長軟骨という完全に骨になっていない軟骨部分があります。

その骨端線が投球動作の繰り返しにより、離れてしまうのがリトルリーグショルダーです。たった1球の全力投球や遠投など急激に痛みが生じる場合もあります。

主な症状としては、投球動作時、投球後に生じる意ことが多く、腕を捻った際などにも痛みが生じます。

ルーズショルダー

ルーズショルダーは何か害的な要因でなるわけではなく、生まれつき肩の関節が緩く、可動域が広すぎる人に多く見られます。

そのような状態の人が、肩を使いすぎるスポーツをすると、肩関節に過度な負担がかかり周囲の組織が損傷してしまうことで痛みが生じます。

肩を動かすだけでも痛みを生じるようになります。また、投球動作時に肩が抜けるような脱力感があるのも特徴です。

肩甲上神経損傷

肩甲上神経は、首から肩にかけて走行している末梢神経の一つです。肩のインナーマッスル、腱板である棘上筋と棘下筋を動かしている神経で、腕をあげる際に大切な役割を果たしています。

肩甲上神経は、投球動作において、繰り返し、圧迫されたり引っ張られたりすることで、負担がかかり損傷を起こすことがあります。

主な症状は、肩後方の痛みや強い疲労感が生じます。

野球肩の診断

肩関節は、多くの筋肉や靭帯、腱、骨によって構成されているため非常に複雑な構造になっています。そのため正確な診断を得るためには、MRIなどにより専門医に診断してもらう必要があります。

その中でも整骨院でも対応できるものもあるのでお気軽にご相談ください。

野球肩の治療方法

野球肩の治療方法は野球肩の種類によって異なります。大きく分類すると手術療法と保存療法があります。

野球肩の基本は保存療法

基本的には保存療法が選択されることが多いです。まずは、関節や腱に生じた炎症を抑える目的で、アイシングや高周波やマイクロカレントなど特殊な電気を用いて患部の炎症を徹底的に緩和させます。

また、野球肩の患部の安静は保ちつつ、同時進行で股関節や体幹の機能やインナーマッスルを強化するリハビリを行います。

野球肩は、肩の使いすぎだけが問題ではないので、再発防止のためには股関節の柔軟性、体幹のコントロール、肩甲骨の安定性などさまざまな要素をチェックしながら治療とリハビリを進めていく必要があります。

当整骨院では治療スペースだけでなく、リハビリエリアも完備しているので、野球肩をはじめとするスポーツ障害に対して、包括的にアプローチすることができます。

野球肩の予防方法

一番の予防方法は、オーバーユースを防止することです。投げすぎ、連投を避けることtは当然のことですが、日頃から練習後のケアをすることが一番の予防方法です。

また、投球動作は全身の運動連鎖から構築されるので、肩のケアだけでなく、股関節や背骨の柔軟性を高めたり、インナーマッスルの強化をしておくいことが予防には効果的な方法です。

さらには、日常生活の中でゲームやスマホを触りすぎると姿勢不良になるので、意識的に触らないようにしたり、いい姿勢を意識することも大切です。姿勢の悪いトップアスリートはいないですよね。

最後になりますが野球肩は肩だけにフォーカスをしてもなかなか改善しないスポーツ障害です。野球肩でお悩みの方は全身をしっかりと評価し、リハビリまできちんと行うようにしましょう。

江東区で野球肩にお悩みの方・・・ご予約はこちら>>

江東区|サモーナスポーツ整骨院大島駅店の野球肩の治療はこちら>>

東京都江東区大島6ー9ー12アプツ大島1階
サモーナスポーツ整骨院大島駅店

 

肉離れをより早期に回復させる方法

2021年08月27日

こんにちは!江東区サモーナスポーツ整骨院です!当整骨院では、日常生活やバスケットボールやサッカーなどスポーツ活動で肉離れに対して、競技復帰、の予防まで含めた包括的なアプローチをさせていただいております。

肉離れは痛みがなくなっただけでは完治といえない

ただの肉離れと軽視してスポーツに復帰する方が非常に多いです。ただの肉離れと放置することで再びに離れを引き起こしやすい筋肉の状態になってしまいます。

ですので、肉離れは放置せずに必ず整骨院や整形外科で適切な施術、治療を受けることをお勧めします。

ただ単に肉離れの痛みが引いたからといってスポーツ復帰してしまうと、再受傷するリスクが高くなります。また、繰り返し肉離れをすると筋肉の繊維がどんどん硬くなってしまい、パフォーマンス低下にもつながります。

肉離れで大切なこと

肉離れをしてしまった部分の痛みや硬さを解消させることはもちろん大切なことですが、スポーツ復帰や肉離れを予防するためには、その後のリハビリが非常に大切です。

肉離れをした時よりも身体をいい状態にすることを当整骨院では最も大切にしています。

負傷した時と同じ状態では、再び負傷するリスクがあります。

肉離れになることで生じるリスク

肉離れになると、損傷した筋肉以外にも様々な問題が生じます。

  • 負傷部位の瘢痕化(硬く弱い組織になる)
  • 周囲の筋肉の柔軟性低下
  • 痛みを庇うことで脳が動きを誤認識する
  • 筋力低下
    など

単に肉離れと放置することで、肉離れが生じてしまった部位の再負傷のリスクだけでなく、上記のような問題も生じます。

江東区大島駅サモーナスポーツ整骨院では

当スポーツ整骨院では、肉離れでの痛みを解消させるだけでなく、肉離れをしない身体づくりまでサポートさせていただきます。

江東区大島駅周囲では数少ない、肉離れや、捻挫などのスポーツでの怪我後のリハビリテーションまでできる、リハビリ施設併設型のスポーツ整骨院です。

肉離れを効果率的に直す方法

江東区サモーナスポーツ整骨院ならではの視点から、肉番れを効率的により早く治す方法をお話しさせていただきます。

PRICE処置は一般的な流れで、固定して安静にして、冷やして、圧迫して、心臓よりも高い位置に持ち上げてということを急性の肉離れに対しては行います。

炎症が引いてきたら、肉離れによって硬くなってしまった筋肉の組織を柔らかくするために、マッサージをしたり筋膜リリースをしたり、温めたりして硬くなってしまった組織の循環を促し、柔軟性を高めていきます。

そして、ここからがサモーナスポーツ整骨院が一番大切にしているアプローチです。

肉離れをしてしまった部位の筋力は非常に弱くなってしまいます。しっかりとリハビリテーションを実施し元の筋力に戻していきます。元の状態よりいい状態に戻さないとスポーツに復帰した際、再び痛めるリスクが高くなります。

また、痛みがひどい時期に生じた『痛みを庇う動き』によって正しい身体の使い方を忘れてしまうので、痛めていない部分にストレスが加わり思わぬトラブルを引き起こします。

肉離れを早期に回復させ、早期にスポーツに復帰するためには、損傷した部位以外にもアプローチをしなくてはなりません。

『なんだか微妙に肉離れした部分の痛みが引かないなー』と感じている場合は、もしかしたら筋力が戻っていなかったり、柔軟性が改善していなかったり、動きのエラーが生じていたりする可能性があるので早急にアプローチする必要があります。

肉離れを早期に回復する方法!!忘れがちな1ポイント!!

どんなにいい治療をしても、どんなにいいリハビリをしても『栄養』状況が良くなければ肉離れは早期回復しません。損傷してしまった筋肉の繊維をしっかりと修復するためには、タンパク質、脂質、炭水化物としっかりバランスのいい食事をしなくてはなりません。

カップラーメンや、コンビニ弁当では身体は回復しないです。

肉番れを早く治すために当整骨院では、栄養面のアドバイスもさせていただいております。

最後に

肉離れだけでなく、捻挫、腰痛、肩こりなんでもしっかりと回復、解消させるためには栄養バランスは考えなくてはなりません。そんなにいい治療をしても身体の内部に修復する栄養素が不足していたら回復まで非常に時間がかかります。

そこで当整骨院では、治療、リハビリ、栄養と包括的なサポートさせていただきております。江東区大島駅エリアで少しでも早く肉離れなどの怪我を治したい方は、当整骨院にお任せください!!

江東区大島駅サモーナスポーツ整骨院のことをもっと知りたい方はこちら!!

1 2

LINEで友達に紹介状を送る