野球肩

このようなお悩みはありませんか?

  • 投球時に肩に痛みがある
  • 野球、バレーボール、テニスなどのオーバーヘッドスポーツをしている
  • 病院で野球肩と言われたが、リハビリなどの具体的な指示がなく不安
  • 投球動作の時だけ痛みが出る
  • 久々にボールを投げたら肩が痛くなった

野球肩とは、投球障害肩といわれ、繰り返し投球動作を行うことで発症する肩関節障害です。頭の上から腕を振り下ろす動作の多いスポーツに見られるスポーツ障害です。

野球肩(投球障害肩)が多くみられるスポーツ

  • 野球
  • テニス
  • バドミントン
  • バレーボール

など、野球だけでなく様々なスポーツで見られる障害です。

野球肩にも損傷のパターンがいくつかあります。

  • SRAP損傷(肩関節の軟骨の損傷)
  • 上腕二頭筋長頭腱損傷(腱の損傷)
  • 腱板損傷(肩のインナーマッスルの損傷)

上記に分類した、損傷する部分によって痛みの出る場所や、肩に痛みの出る角度は異なります。

日常生活上ではあまり痛みを感じないことも多いので、野球肩と病院で診断を受けても、可動域制限だけを解消して、リハビリを適切に行われないこともあります。

何で野球肩になるの?

痛める主な原因は、肩関節に過度の負担がかかることで発症します。ポジションの変化や、フォームの変更、運動量の増加などで発症することが多いですが、最も大きな問題は肩の関節ではありません。

投球動作をはじめとするオーバヘッドの動作は、『運動連鎖』によって作られています。この『運動連鎖』が崩れること結果として肩に負担がかかり痛みが発生します。

肩の痛みを改善したとしても、股関節、体幹、肩甲骨などをスムーズに連動させて動かせるようにならないと再び肩を痛めます。

 

野球肩を根本的に改善しないと?

先ほども記載しましたが、痛みが改善しても投球動作を繰り返すことで、再び肩に痛みが生じます。

最も重要なことは、破綻した『運動連鎖』を作り直すことです。痛めたら練習の効率も下がって、上達が遅くなってしまいます。

サモーナスポーツ整骨院での野球肩の施術・改善方法

当院では、野球肩を根本的に改善するために、痛みを除去する施術だけでなく、運動連鎖の連動性を高めるためのアプローチも行います。全身の状態を確認し、的確に野球肩を改善するためのプログラムをご提案いたします。

1.痛みの状態を確認

痛みを感じている部分ではなく、痛みを引き起こしている原因を究明することが重要です。姿勢分析、問診、触診、各種検査を行い問題を見つけます。

2.関節や筋肉などの硬さや、柔軟性を確認

腰やお尻の筋肉の硬さ、肩甲骨、股関節をはじめとする全身の関節の柔軟性を確認します。

3.骨盤のバランス、筋力のバランスなど全身の状態を確認

骨盤や骨格の歪みを丁寧に確認し、原因をさらに究明していきます。

4.スポーツ整体で根本的に改善

5.パーソナルトレーニングで動作改善

長年、野球肩でお悩みの方や、もしかしたら私も野球肩かもしれないという方は、一度サモーナスポーツ整骨院にご相談ください!!!