腰痛でお悩みの方必見!家でもできる腰痛の対処方法!

2022年02月24日

こんにちは!江東区の大島駅にあるサモーナスポーツ整骨院です。いまだに落ち着かない新型コロナウイルスによって在宅勤務を余儀なくされ、身体が鈍って腰痛になっている方も多いのではないでしょうか?

身体をの活動量が減ると筋力の低下や、在宅での座っている時間の増加により腰に負担がかかる時間が増えてしまいます。

このような時だからこそ、ご自身のおお身体のことを考えて、自らの生活習慣や運動習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

自宅でドタバタできない方でも安心してできる簡単な腰痛体操や、日常生活上の動作の注意事項をこちらの記事でご紹介します。

今回ご紹介させていただく、日常生活の行動の意識だけでも気をつけていただくと、長年悩んだ腰痛が改善するかもしれません。

在宅だからこそできる!腰痛改善に最適な行動パターン

正しく座れば身体の負担は減ります!!でも、本当は座っていること自体が体にはあまり良くない行動であることが科学的に証明されています。

そもそも腰痛は、自分の腰に異常があるから腰痛になっている・・・と勘違いしている方も非常に多く当整骨院にもお越しになります。江東区大島エリアだけで、あんなにも多くの方が腰痛に関して腰が悪いと認識しているのだから日本中で考えたら・・・恐ろしくなます。

まずは、在宅勤務で座っていることが多くなって腰痛になってしまった方、腰痛が悪化ししてしまった方は、何が一番の原因で腰痛を引き起こしているのか考えてみましょう。

在宅勤務が主流になる前は、出勤する際に歩いて、会社でも自宅内での移動距離よりは長く歩いていたのではないでしょうか?

在宅勤務で腰痛になってしまった方は、単純に身体の活動量が減っているため、腰に負担がかかり腰痛になっている可能性が高いです。

今まであって、在宅勤務でなくなったものを考えれば、腰痛を引き起こした意外な原因が、簡単に見つかるかもしれません。

在宅勤務の方で試していただきたいことは、20分に1回立ち上がって股関節を回したり、肩を回したり、お部屋を少し歩いたりを2分間やってみてください。本当にどんな簡単なことでもいいので、とにかく20分に1回立ち上がって2分間、身体を動かす意識を持つだけでも、腰痛は改善します。

当整骨院では、そのような腰痛の患者様に対して、お身体の状態に合わせた腰痛体操をご提案しています。当整骨院には、アスレティックトレーナーやコンディショニングトレーナーの資格を保有する、柔道整復師や鍼灸師が多数在籍しているので、治療家目線で、一人ひとりに最適な腰痛体操をプログラムしています。

呼吸を意識的にしてみよう!

普段みなさんは、呼吸を意識底にしていますか?

おそらくほとんどの方が、意識せずに呼吸をしています。実は、呼吸を意識的に行うだけでも身体の多くの機能が活性化して、腰痛改善の役に立ちます。

正しく呼吸ができていれば腰痛になりにくくなるので、まずはご自身の呼吸の仕方を確認してみましょう。

  1. 息を吐ききって、鼻を指で摘んで息を10秒止める
    ⇨苦しければ呼吸がうまくできていない
  2. 息を大きく吸い込んだ時にお腹が凹む
    ⇨呼吸の仕方が逆になっている
  3. 息を思い切り吐くときにお腹が膨らむ
    ⇨呼吸の仕方が逆になっている
  4. 息を吸い込んだ時に肩が持ち上がる

腰痛のある方で、上記の1〜4の項目・・・幾つ当てはまりましたか?

一つでも当てはまれば、おそらく全部当てはまります。笑

本来の呼吸の仕方としては、息を吸い込んだ時にお腹が膨らんで、吐く時にお腹がヘコにます。横隔膜が正しく働いていれば、自然に腹式呼吸ができるようになります。

呼吸を意識的に行うことで、横隔膜が正しく働き、背骨の動きを改善してくれて腰の負担が緩和します。普段何気なくしている呼吸ですが、意識的に呼吸をする時間を作ってみましょう!

最後に

サモーナスポーツ整骨院では、単なるマッサージや整体、骨盤矯正だけでなく、日常生活の行動、呼吸、運動など様々な視点から、腰痛に対してアプローチします。

江東区大島エリアを中心に少しでも多くの方に、正しい情報を発信して腰痛のない健康的な日常を手に入れていただければ幸いです。

まずは、普段の自分の意識を変えるだけで、腰痛が改善するかチャレンジしてみてください!

江東区サモーナスポーツ整骨院の腰痛の治療はこちら>>

インナーマッスルトレーニングで腰痛改善

2022年01月29日

こんにちは!!江東区大島駅にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は長年の腰痛を根本的に改善するためには何が必要なインナーマッスルに関してお話ししていきます。何回もマッサージや整体を受けても、すぐに元通りの腰痛になってしまう。そんな方のご参考になれば幸いです。

マッサージや整体だけでは腰痛は改善しない

腰は身体の構造的に本来安定していないといけない部分です。腰に何かしらの負担がかかり、腰回りの筋肉や関節に負担がかかることで腰痛は生じます。

負担がかかり、硬くなっている腰の筋肉をマッサージで緩めれば、一時的に腰の痛みは緩和します。しかし、腰に負担がかかってしまう原因を突き止めない限り、腰痛が改善することはありません。

筋肉でなければ、骨盤の歪み?と思う方もいるかもしれません。当整骨院でも骨盤の歪みみたいして矯正のアプローチを行いますが、こちらもマッサージと同様、腰痛に対して骨盤矯正をしただけでは、また元の状態に戻ってしまいます。

では、なぜまた元に戻ってしまうのでしょうか?

腰痛チェックリスト

  • 1日4時間以上座っている
  • よく脚を組む
  • 深呼吸をすると肩が上がる
  • 息を大きく吸い込むとお腹が凹む
  • 階段を登っただけでも息が苦しくなる
  • 少し急いで小走りをしただけで息が苦しい
  • よくソファーに座っている
  • 1日30分以上運動をしていない
  • 前屈をして床に手が届かない
  • 足首が硬い
  • ばんざいができない、腕を上げるのが辛い

腰痛に関連するチェックリストをざっくり作ってみました。よく目にするものから、少しマニアックなものまでピックアップしてあるので、長年の腰痛でお悩みの方で一つでも当てはまっているものがあれば、まだまだ改善の余地はあります。

腰痛を治すためには、トレーニングも必要

腰痛を根本的に改善するためには、マッサージや骨盤矯正に加え、トレーニングをする必要があります。サモーナ推奨の運動頻度は週6回以上ですが・・・なかなかそうもいかないという方も正直多いです。でも真剣にご自身のお身体と向き合うのであれば、必ず必要な運動ですので最低30分は時間を作って自分をコントロールしてみましょう。

1日30分、時間を作れないのであれば・・・ん〜・・・という感じです。本当に治したいのかな?と言いたくなることもあります。

ただ漠然と運動をすればいいのではなく、当整骨院では、スポーツ整体で身体の状態を整え、その後に実施するトレーニングを重要視しています。

骨格が歪んだ状態で運動をすると、左右非対称のアンバランスな筋肉がつきます。なのでバランを整え動きやすい体にした後、皆様のお身体の状態に合ったトレーニングをすることで、骨盤や骨格の歪みを防ぎ、腰にかかる負担を軽減することができます。

さらに、骨盤を支えるインナーマッスルを効率的に鍛えれば『腰痛のない快適な日常』を手に入れられるかもしれません。

インナーマッスルを効率的に鍛える方法>>

最後に

当整骨院には、腰痛でお悩みの多くの患者様がお越しになります。同じような症状でお悩みの方のご参考になればと思い、その方達の腰痛の種類をご紹介させていただきます。

  • 整形外科でレントゲン検査をしたけで、異常が見られない腰痛
  • 過去にぎっくり腰で動けなくなってしまったけど、治療せずに放置された腰痛
  • ヘルニアと言われたけど特に治療をしてもらえない腰痛
  • 電気治療やマッサージを、繰り返し受けているけど解消しない腰痛
  • 長年坐骨神経痛で整形外科に通っているけど改善しない

当整骨院では、原因を究明し皆様の腰痛の状態に最適なスポーツ整体で、腰痛の治療をさせていただきます。少しでも早く腰痛を解消したい方はお気軽にご相談ください。

サモーナスポーツ整骨院大島駅店の腰痛の治療はこちら>>

ぎっくり腰|症例|50代女性M様|江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店

2022年01月20日

ぎっくり腰は、不意に襲いかかってきます。特にこれ!!といった原因がなく、軽い荷物を動かした時だったり、ペットボトルをテーブルから取ろうとした時だったりと、突然ぎっくり腰は襲いかかってきます。

今回は、そのぎっくり腰で当整骨院に実際にお越しになった、患者様がどのような過程でぎっくり腰になり、どのような施術、リハビリで回復まで至ったのかを実際のアプローチ方法を含め紹介させていただきます。

500mlのペットボトルでぎっくり腰?!

ぎっくり腰になったことがない方は、理解が厳しいと思いますが、その程度の負荷でぎっくり腰は生じます。M様の場合もテーブルの上に置いてあったペットボトルを持った際にぎっく腰を発症しています。

ペットボトルを取った際に腰に違和感を感じ、時間経過とともに腰痛が悪化し、最終的には前かがみの状態から動かすことができなくなり、当整骨院にお越しになりました。M様はぎっくり腰になった経験がなく、なんで腰がこのような状態になったのか驚いていましたが、腰痛の発症のケースとしては珍しくないという説明をさせていただき、施術にうつらせていただきました。

痛みは腰の患部に限局していて、下半身の感覚が鈍くなる、腰痛のレドフラッグなどがみられなかったので動かすことができる範囲で全身のバランス、柔軟性、腰や骨盤周囲の動きを確認させていただき、左右の股関節の柔軟性と筋力のバランスが著しく崩れていたので、痛みを感じている腰だけでなく、骨盤や股関節に対しての施術をさせていただくことに。

ぎっくり腰でも全身の評価を

ぎっくり腰を早期に回復させるためには、痛みを感じている腰だけにアプローチをしても回復しません。また、ぎっくり腰の激しい痛みを残したまま、腰を庇うような動きを繰り返すことで全身のバランスが崩れ、慢性的に腰痛を感じるようになる可能性があります。

ぎっくり腰などの急性の腰痛は比較的、痛みが緩和するのに時間はかかりませんが、慢性的な腰痛に移行してしまった場合は、腰痛がなくなるまでに3〜6ヶ月ほどかかってしまいます。

なので、当整骨院ではM様に対し、絶対的な安静の指示ではなく、痛みを感じにくい動きを分析し、日常生活の中でも無理のない範囲でお身体を動かすようにアドバイスさせていただきました。

ぎっくり腰の種類にもよりますが、基本的にぎっくり腰に対し寝たままなど、安静に過ごすことは禁忌事項になります。

また、腰が痛いからといって腰だけにアプローチをしても痛みの軽減は難しく、全身を評価した上で、弱っているところは鍛える、硬いところは緩めるなどのアプローチをすることで、早期の痛みの解消につながります。

M様に対してのアプローチと痛みレベルの変化

M様は、ぎっくり腰の痛みと動かすことの恐怖心によって、前かがみの状態から体を動かすことが困難だったため、まずは消炎招致のための特殊な電気で、痛みを緩和させました。

その後、体を真っ直ぐにできるようになったので、全身のバランスと動作を確認しながら、サモーナスポーツ整骨院独自のスポーツ整体スポーツ整体はこちら>>で、全身のバランスを整えさせていただき、この段階でM様の腰痛の痛みレベルは、半減以下になりました。

そこから、さらに痛みを緩和させるために腰患部の問題に対しハイボルト治療ハイボルト治療はこちら>>を行い、最終的には痛みレベルが8割減少し、腰が真っ直ぐな状態になり、動作時痛も軽減しご帰宅されました。

他の整骨院や整体院などで施術を受けてもぎっくり腰の症状に変化がなかった、整形外科に行ってもレントゲン検査上これといった問題が見つからず、痛みが緩和しない方は当整骨院にお気軽にご相談ください。

ぎっくり腰についての当整骨院の考え方

ぎっくり腰の症状で、整骨院や整体院、リラクゼーションなどに行かれる方は、マッサージでぎっくり腰の症状が緩和すると考えている方が多いです。しかし、ぎっくり腰に対してマッサージは絶対に禁忌です。

急性の腰痛に対してマッサージをするとさらに動けなくなってしまったり、炎症を悪化させてしまったりと、症状を悪化させる可能性が高いです。

当整骨院では適切にぎっくり腰に対してアプローチし、リハビリ、筋力強化など全身のバランスを整えながら包括的にアプローチすることが重要と考えております。当然、レッドフラッグが見られる腰痛に対しては、提携している整形外科をご紹介させていただいております。

より早期に痛みを緩和させて、庇う動作をなくすことが長年悩む腰痛にしないための一番の秘訣です。M様の場合も、最初の1週間はなるべく頻度を高くお越しいただいたので、慢性的な痛みに移行することなく、完治いたしました。

同じようなぎっくり腰の症状でお悩みの方、ぎっくり腰になって慢性的な腰痛になってしまった方はお気軽にご相談ください!!

サモーナスポーツ整骨院の腰痛の治療はこちら>>
腰痛予防・解消のためのインナーマッスルトレーニングはこちら>>

東京都江東区大島6ー9ー12アプツ大島1階
都営新宿線『大島駅』A4出口から徒歩30秒

危険な腰痛の原因〜腰痛の陰に潜む病気〜

2021年10月26日

腰痛でお悩みの方は非常に多いです。またその腰痛の原因は様々ですが、今回は、その腰痛の原因の中でも特に危険な『原因がある腰痛』に関してお話ししていきます。

脊柱の疾患や内臓の疾患などは、腰とは関係がないと思われることが多いですが、それらの病気が腰痛を引き起こしている場合もあります。何をしても腰痛が緩和されない場合は早めに医療機関の受診をお勧めします。

当整骨院にも年に数件、内科的疾患から引き起こされる腰痛の方がお越しになります。内科的疾患などから引き起こされる腰痛は最悪の場合、命に関わることもあるので的確に見極める必要があります。

今回は、そんな危険な腰痛に関していくつかお話をしていきます。

脊椎の疾患が原因で引き起こされる腰痛

何をしても長ぶき腰痛の陰には、以下のような病気が潜んでいるかのせいがあります。

脊椎腫瘍

背骨に腫瘍にできた腫瘍の多くは、前立腺や他の臓器に発生したものが転移したものです。まれではありますが、初めから脊椎に悪性の腫瘍ができることもあります。がんが脊椎に転移すると、時間帯に問わず激しい痛みに襲われます。また転移した場所によっては、下半身が麻痺したり、排尿や排便の機能に障害が生じることもあります。

脊髄腫瘍

脊髄にできた腫瘍は良性のものが多いです。しかし、慢性的な腰痛や下半身の麻痺を引き起こす場合があります、また、腫瘍が大きくなると、排尿や排便の障害の原因にもなります。

脊椎カリエス

結核菌が脊椎に感染し発症、背中や腰に強い痛みが生じる病気です。また、だるさや、疲労感、疲れやすさ、微熱などの結核特有の症状が生じます。

内臓の病気によって生じる腰痛

脊椎だけでなく、内臓の疾患によっても腰痛は引き起こされます。以下のような症状がある方は、早急に病院で検査を受けましょう。

消化器系の病気によって引き起こされる腰痛

胃や十二指腸潰瘍、胆石、胆嚢炎、膵臓園などの場合にも腰痛が生じる場合があります。腹痛、血便、嘔吐、吐き気などが伴います。

泌尿器系の病気によって引き起こされる腰痛

腰痛を引き起こす病気として、尿路結石、腎結石、腎盂腎炎、前立腺がんなどがあげられます。排尿障害や血尿が見られるのが特徴的です。腰の筋肉を和らげると痛みが緩和したように感じるのですが、すぐに腰に痛みが戻るのも特徴的です。マッサージなどで誤魔化さずにすぐに病院で検査しましょう。

婦人科系の疾患から引き起こされる腰痛

子宮内膜症や子宮がんなどでも腰痛が生じます。腰痛に併発しておりものの量の増加や不正出血が生じている場合は、早めに医療機関の受診をしましょう。

循環器系の疾患のよって引き起こされる腰痛

心筋梗塞になった際に締め付けられるような背部の痛みや腰の痛みが生じることあります。また、解離性腹部大動脈瘤がある場合は、腰と下腹部に急激な激痛が生じることがあります。

ストレスでも腰痛になることがある?

原因が明確でない腰痛で、ストレスを強く感じた際に生じる腰痛があります。当然、画像や各種検査でも原因が見つからない種類の腰痛になります。

ただし、決して『気のせい』の腰痛ではなく、はっきりとした腰痛がありこれを心因性の腰痛と分類されています。

最大の特徴は、痛む部位や痛み方が日々変化し、場合によっては数時間ごとに痛みかたや、痛みを感じる部分に変化が出ることです。また、不安が大きくなることで痛みが増してくるのも特徴です。

うつ病や精神的な疾患が原因で腰痛を引き起こすこともあるので、原因が不明確だからといって放置しないように注意しましょう。

 

当整骨院では、腰痛の状態を的確に判断し皆様に最適な施術をご提案しております。また、当整骨院では対応できない腰痛の症状に関しては、提携しているクリニックや整形外科にご紹介させていただく場合もございます。

 

当整骨院では、腰痛に対してあらゆる視点からアプローチさせていただいております。江東区『大島駅』から徒歩30秒のから近いスポーツ整骨院です。少しでも早く腰痛とさよならしたい方はお気軽にご相談ください!!

江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店の腰痛の施術はこちら>>

江東区サモーナスポーツ整骨院でできるヘルニアの施術はこちら>>

当整骨院は、江東区大島駅エリアでは数少ないパーソナルトレーング施設、リハビリエリアを完備した複合型のスポーツ整骨院です。腰痛の根本的な改善だけでなく、健康増進、体質改善までアプローチできる施設です。また、整形外科と提携しているためあらゆる怪我に対してサポートできるので、少しでもお身体にお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

都営新宿線『大島駅』から徒歩30秒で、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りや学校帰りでも安心して治療を受けることができます。ご予約制でご案内しておりますのでお気軽にご連絡ください。(ご予約はこちら>>

腰痛の原因

2021年10月18日

腰痛の根本治療で評判の江東区大島駅から徒歩30秒のサモーナスポーツ整骨院です!!今回は、お悩みの方が多い腰痛の原因に関して記事にしたのでご覧ください。

なぜ腰が痛くなるのでしょう

実は、腰痛は病気や怪我の名前ではなく、ただ単に腰に現れた症状のことを表しています。腰そのものに問題のある腰痛だけでなく、職業や生活習慣、ストレスなどの問題が複雑に絡んだ腰痛もあります。

自分の生活を振り返ると意外なことが腰痛を引き起こしていることもあります。

病気やけがによる自覚症状を調査した際に出た結果で、腰痛は男性の第1位!!女性の第2位!!嬉しくもない華々しい結果です。

そこで今回は、誰もが経験しうる腰痛のお話しをていきます。

特異的腰痛〜脊柱の病気が主な原因で神経を圧迫する腰痛〜

腰痛になる原因は実に様々です。複数の負の要素が組み合わさり、辛い腰痛を引き起こしていることのあります。多くの場合は、原因不明の腰痛とされており、画像検査や各種検査では原因が特定できない腰痛とされています。

全腰痛のうち15%は原因を特定できる特異的腰痛と言われています。

【原因となる代表的な病気】

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗鬆症

上記が代表的な腰痛を引き起こす病気です。椎間板ヘルニアをはじめこれらの病気は、いずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されることにより引き起こされます。

圧迫がひどい場合、下半身の筋力低下や痺れも伴います。重症例ですと膀胱や直腸にも障害をきたすこともあります。その場合は、整骨院や整体ではなく整形外科にいきましょう。マッサージでは絶対に解決しない領域です。

腰部椎間板ヘルニア

背骨は実は1つずつの骨で構成されており、腰椎は多くの場合5個の骨で構成されています。その背骨と背骨の間には、椎間板と言われるクッションが挟まっています。椎間板は外が硬く、内側がプルンと柔らかいゼリー状の構造をしています。

加齢などに伴い、外側の硬い繊維が変性・断裂して中のゼリーが飛び出して脊髄神経根を圧迫することで痛みや痺れが引き起こされます。

腰やお尻、下半身に痺れや痛みが広がり、力が入りにくくなります。

長時間経っていたり、歩いたりすることで症状が強くなります。また。重いものを持った際も腰の痛みや痺れが強くなることもあります。実は、椎間板ヘルニアは猫背などの不良姿勢やデスクワークなどの悪い姿勢での作業や動作、喫煙などでも発症しやすくなると言われています。

症状が悪化する前に、椎間板ヘルニアになる前に無駄なリスクは避けるようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の間のクッション(椎間板)が加齢とともに変性してしまったり、異常な骨の棘が作られたりして、神経の通り道が狭くなり神経根を圧迫する病気です。数十メートル歩くと痛みが生じ、前かがみになると痛みが緩和し再び歩くことができる『間欠性跛行』が特徴的な症状です。ヘルニアと類似し、お尻や下半身に痺れを感じることもあります。

骨粗しょう症

加齢に伴い、骨が弱くなり骨折しやすい状態になります。背骨は骨粗鬆症の影響を受けやすく圧迫骨折が生じやすいです。圧迫骨折により背中に慢性的に痛みを感じることがあります。

激しいスポーツや運動をした後の腰痛

重いものを持ち上げる動作をしたり、不良姿勢で腰に負担がかかるような反復動作を繰り返すことで筋筋膜性腰痛になることがあります。筋膜というのは、筋肉や臓器などを覆っている膜で、その筋膜に傷がついtしまうことがあります。

筋筋膜性腰痛は数日で回復するのが通常ですが、痛みのある状態で繰り返し動作を続けていたり、無理矢理動かしていることで痛みが消失するのに時間がかかることがあります。

また、寒さや冷えによって血液の循環が悪くなうことでも回復が追いつかず、痛みが悪化し慢性的な痛みになることもあります。

重篤な病気が隠れている腰痛

腰痛は単に腰の骨や椎間板、筋肉や関節だけから引き起こされるわけではありません。神経、内臓、血管、心因性などの病気によっても腰痛は引き起こされることがあります。

特に注意が必要なのは、内臓の病気や脊髄に生じた腫瘍、感染、炎症、外傷などが原因になっていることもあるため、その場合は早急に治療をする必要があります。

楽な姿勢がなかったり、姿勢に関係なく腰痛があったり、がんやステロイド治療の既往などがある方の場合の腰痛は特に注意する必要があります。『マッサージをしてなんとなく楽になるから』なんて理由で腰痛を放置しないように気をつけましょう。

腰の周りが痛むその他の病気

【腰由来のもの】

  • 腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄損傷、馬尾腫瘍など)
  • 感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエス)
  • 外傷(骨折、脱臼)

【腰以外に由来するもの】

  • 変形性股関節症、整形外科的疾患
  • 股関節の可動域制限
  • 足首の可動域制限
  • 尿路結石などの泌尿器の病気
  • 子宮内膜症などの婦人科の病気
  • 胆嚢、十二指腸、膵臓などの消化器系の病気
  • 解離性大動脈瘤などの血管系の病気
  • 統合失調症などの心因性の病気
    など

ほとんどの腰痛がこの腰痛!!

やく85%の腰痛が非特異的腰痛と言われ原因が不明と言われています。神経症状や重い基礎的な疾患が見つからず、X線やMRIなどの画像検査をしても、何が原因で痛みを引き起こしているのかが特定することができない腰痛です。

なので、整形外科や病院などでは『老化』『運動不足』『一生付き合う腰痛』などと表現されてしまうことも多々あります。

腰痛の約85%を占める『非特異的腰痛』は日常生活の姿勢や仕事でのストレス、運動習慣なども関わってるので、原因が明確ではないからと諦めずにお気軽に当整骨院にご相談ください。

サモーナスポーツ整骨院大島駅店の腰痛の施術はこちら>>

最後に

当整骨院は、江東区大島駅エリアでは数少ないパーソナルトレーング施設、リハビリエリアを完備した複合型のスポーツ整骨院です。腰痛の根本的な改善だけでなく、健康増進、体質改善までアプローチできる施設です。また、整形外科と提携しているためあらゆる怪我に対してサポートできるので、少しでもお身体にお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

都営新宿線『大島駅』から徒歩30秒で、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りや学校帰りでも安心して治療を受けることができます。ご予約制でご案内しておりますのでお気軽にご連絡ください。(ご予約はこちら>>

もしかして…ぎっくり腰?!ぎっくり腰になった時の対処方法

2021年10月5日

こんにちは!江東区大島駅から都護30秒にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回はいつどこでなるかわからないぎっくり腰についてお話しします。

急にぎっくり腰になって、整形外科や病院に行っても特に問題が見つからず、どう対処すべきなのかわからずに困っている方も多いのではないでしょうか。

レントゲンや画像の検査では問題がはっきりしないけど、動けなくなってしまうぎっくり腰…万が一ぎっくり腰になってしまった場合の対処方法を今回は紹介します。

ぎっくり腰は不意に襲ってくる

椅子からの立ち上がり、くしゃみ、不意に振り返った際などなど

『え?このタイミング?』という時にぎっくり腰になります。ヨーロッパでは『魔女の一撃』と表現されるほどの痛みが腰に襲いかかります。

魔女にどれぐらいの攻撃力があるかわかりませんが、とにかく『痛くて動けない』ということが表現したいのでしょう。急激に痛くなるもの、少しの違和感から徐々に痛みが増幅して動けなくなるものなど、タイプは様々です。

多くの方はぎっくり腰で安静にしてしまう

整形外科などに行って、レントゲンをとっても問題が見られないものに関しては、安静にしてもぎっくり腰の痛みは解消しません。また、安静を支持されることが多いようですが、最新の腰痛ガイドラインに『安静』にすることは推奨されていません。

ぎっくり腰なり安静にすることで、慢性的な腰痛に移行したり、ぎっくり腰を繰り返したり、身体に多くの問題を抱えることになります。

専門家の指導のもと、動かすことができる範囲で運動療法を行うことで、長引く腰痛や、再び、ぎっくり腰になることを防ぐことができる可能性が高いです。

ぎっくり腰でマッサージや整体は効果あるの?

当整骨院にも多くのぎっくり腰の方がお越しになりますが、ぎっくり腰に対してマッサージは推奨しません。症状が悪化する可能性が高いので気をつけましょう。

整体によって痛くない角度に骨盤をサポートしたり、痛みによって引き起こされた代償動作で過度に硬くなってしまった腰回りの筋肉をほぐすことで大幅に痛みが緩和します。

マッサージというよりは、軽く動かしたり、骨盤をサポートしたりする整体を行うことで症状が緩和する方が多いです。ぎっくり腰も1人として同じ状態の方はいないので、全身のバランスや、動きの癖、筋力のバランスなどから総合的に判断し、早期回復に最適な施術を行います。

また、当整骨院では近隣の整形外科と提携しているため、明らかな問題が見つかった場合はご紹介させていただいております。

万が一ぎっくり腰になってしまた場合は

近隣の整形外科や整骨院に行くようにしましょう!!レントゲン検査や画像検査で異常が見られなければ整骨院に行き施術やリハビリを受けることで、慢性腰痛になるリスクや再度ぎっくり腰になるリスクを避けることができます。

江東区サモーナスポーツ整骨院のぎっくり腰の施術はこちら>>

腰痛って整体で治るの?整体で長年の腰痛を解消しよう!

2021年09月24日

こんにちは!江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店です!今回は、腰痛は整体で解消するのか?腰痛のための整体って何をするのか?に関して疑問に感じている方が多いので、腰痛と整体についてわかりやすく説明していきます。

仰げば尊し
振り向けば腰痛

あたりを見渡せば腰痛

日本中に腰痛の方がいらっしゃいます。しかも、そのほとんどが医学的に『原因が特定できない腰痛』と言われています。そうなると対処の仕方もわからず、一生『腰痛』と付き合わなくてはならないと思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

『原因が特定出来ない腰痛』でも整体で腰痛が解消することは多々あります。

なんで原因が特定出来ない腰痛なの?

腰痛の説明腰痛を引き起こしている原因が画像所見や、検査所見で明確にならない限りは、腰痛を引き起こしている原因を断定できないため曖昧な表現になります。

腰の骨や神経に腫瘍があったり、内科的疾患があったり、骨や腰の関節に画像的に異常が見られる場合は、原因が特定出来ます。

しかし、少し腰の筋肉が硬かったり股関節の柔軟性が低下してたり体幹の筋肉が弱っていたりすることによって引き起こされる腰痛は、医学的には前述したことが原因で腰痛になっているとは断言できないのです。

整体は身体の状態を整えるためにする

整体というと『バキバキ』音を鳴らすイメージがありますが、必ずしも激しい施術をするわけではありません。病院や整形外科で原因が不明と言われたり、腰痛に関して曖昧な表現をされた場合は、整体をした方が効果的に痛みを和らげることができます。

腰痛になる方、すでに腰痛になっている方の多くは、全身の筋力や骨格のバランスが崩れていることが多く、腰だけに対してマッサージや整体をしてもほとんど改善しません。

なので、サモーナスポーツ整骨院では、姿勢分析、動作分析、各種検査を元に全身の状態を整えるための整体をし、長年の腰痛を解消するための施術を行います。そして、根本的に問題を解決するためには、骨盤や骨格を良い状態、位置関係に保つためにインナーマッスルを鍛える必要があります。

1回の整体では腰痛は解消しません

腰痛解消インナーマッスルトレーニング1回の腰痛に対する施術で痛みは半減以下になりますが、根本的な腰痛解消にはなりません。長年積み重ねた腰痛は、身体のさまざまな不具合によって引き起こされているため、まずは身体に正しい動きを認識させる必要があります。

矯正をしてインナーマッスルを鍛える!!

このサイクルをたった3ヶ月続ければ、長年悩んだ腰痛が嘘のように軽くなります。当整骨院にも江東区全域から長年の腰痛でお悩みの方がお越しになり、サモーナスポーツ整骨院独自のスポーツ整体、インナーマッスルトレーニングを行っております。

繰り返し施術を行うことで、少しづつ身体が正しい状態を覚えていき、2〜3ヶ月経過すると正常に身体を動かすことができるようになってきます。

そして、腰痛解消のためにスポーツ整体と同時進行しているインナーマッスルのトレーニング効果により、体幹や関節が支えやすくなるため、今までよりも身体が動かしやすくなります。

ただ単に痛みを解消するだけでは、再び痛めてしまうリスクまでは解消できません。痛める前よりも骨盤・骨格、筋肉をいい状態にすることでようやく腰痛を予防することができます。

マッサージや整体で腰痛が解消しない…病院や整形外科に行っても腰の痛みが取れない…などそのような状態の方は当整骨院にお任せください!

少しでも腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

江東区サモーナスポーツ整骨院の腰痛の施術はこちら>>

腰部椎間板ヘルニアに対するアプローチはこちら>>

寝たままできるインナーマッスルトレーニングはこちら>>

 

江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店
スタッフ一同

 

腰痛って治るの?腰痛をより早く治す方法!

2021年09月13日

こんにちは!江東区サモーナスポーツ整骨院です!今回は、皆さんがお悩みの腰痛に関してです!当整骨院にも腰痛でお悩みの方が多くお越しになります。

そして、多くの方が長年の腰痛にお困りで、整形外科に行って薬をもらったけど痛みが変わらない、マッサージや整体に行ったけどすぐに元の状態に戻ってしまう…というお悩みを抱えているのではないでしょうか?

残念なことに、腰痛は老化現象だから付き合うしかないと言われ、腰痛と付き合って生活をしなくてはならないと思っている方も非常に多いです。

ほとんどの腰痛が医学的には原因が特定できない腰痛

原因が特定できない腰痛?聞いて不安に感じる方もいらっしゃいますが、腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、骨腫瘍、神経の腫瘍、階下的疾患による腰痛などそれらによって引き起こされる腰痛ではない!!ということです。

筋肉の硬さによって引き起こされる腰痛や、関節の柔軟性が低下して引き起こされる腰痛、筋力低下によって骨盤が歪んでしまった腰痛などに関しては、レントゲン検査やMRIでは判断出来ません。

整形外科や病院の画像検査などでは判断出来ない原因によっても腰痛は引き起こされるのです。

  • 骨盤を支える筋力の低下によって引き起こされる腰痛
  • 股関節の柔軟性が低下したことによって引き起こされる腰痛
  • 足首の関節が硬くなったことによって引き起こされる腰痛
  • 姿勢不良によって腰の筋肉が硬くなってしまった腰痛
    など

これらの腰痛は、残念ながら画像検査などでは原因を特定できません。

整体やマッサージで腰痛が改善するなら継続的に施術を受けた方がいい!!

タイトル通りですが、根本的に腰痛を解消するためには、整体やマッサージに加え筋力トレーニングをする必要があります。

整体やマッサージを受けてもすぐに元に戻ってしまう方の多くは、体幹や骨盤周囲のインナーマッスルが低下しています。そのため、マッサージや整体の施術を受けて、骨盤や骨格を正しい状態に戻してもただし状態に維持することができません。

筋肉は基本的には、骨から骨に付着して骨格を支えたり、関節を動かしたりします。骨盤も背骨も『骨』なので数多くの筋肉が付着しています

その中でも、骨盤や背骨を正しい状態に維持するための筋肉が低下していたら、いくら整体やマッサージをしても、腰痛は解消しません。

最も理想的な施術方法は、骨盤や骨格を整えた状態を維持するための筋力トレーニングしながら、整体やマッサージなどの施術を受けることです。

江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店での腰痛治療

当整骨院では、特殊なEMSを用いてインナーマッスルの強化をしながら、骨盤矯正、スポーツ整体により、骨盤・骨格、筋肉、神経に対してアプローチし、腰痛の根本的な解消を目指します!

また、腰痛の症状に異常な所見が見られた場合でも、提携しているクリニックや整形外科をご紹介させていただきますので安心して腰痛治療を受けることができます。

少しでも早く腰痛を改善したい方は、当整骨院にお気軽にご相談ください!

サモーナスポーツ整骨院の腰痛治療はこちら>>

腰痛はストレッチで解消するの?腰痛体操をするときの注意事項

2021年09月10日

江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店です!今回は、もはや国民病といっても過言ではない腰痛に対して、ストレッチや腰痛体操は効果的なのかについてお話しします。

自宅でも腰痛に対してできるストレッチや体操の方法はありますが、果たしてそのストレッチや腰痛体操の方法が、皆様の腰痛に対して適切なのかどうかについても今回の記事でお話しさせていただきます。

整形外科で異常がないと言われた腰痛に対して

整形外科で異常が見られないと診断された腰痛を非特異的腰痛といいます。

なんで異常がないのに腰痛なの?と疑問に感じる方も多いと思います。

  • 筋肉の硬さによる腰痛
  • 骨盤の歪みや姿勢不調による骨格の歪み
  • 関節の柔軟性低下による腰痛
  • インナーマッスル低下による腰痛

主に上記ような身体の状態の方は、整形外科などでの検査上では異常が見られないと判断された腰痛の方が多いです。

なので、原因がよくわからない腰痛だからといって、一生腰痛と付き合う必要はありません。姿勢を整えるための整体をしたり、骨盤をただし状態に戻したり、関節の柔軟性を高めるためのストレッチなどをすれば、十分に長年の腰痛が解消する可能性が高いです。

腰痛ストレッチや体操はやった方がいいの?

結論から言いますと、サモーナスポーツ整骨院では推奨していません。

何故かと言いますと…でに腰痛が生じている場合、骨盤や腰回りの筋肉、骨格はかなり乱れた状態にある可能性が高いです。

身体が歪んだ状態でストレッチをすることで、正しいストレッチ効果や体操の効果が得られなくなってしまいます。最悪の場合、腰痛が悪化する可能性があるのでセルフケアとしてストレッチや体操をする場合は、必ず専門家の指導のもと身体の状態に最適な、適切な方法を指導してもらいましょう。

ストレッチや体操をやる前に

腰痛がある場合は、まずは腰痛の解消が最優先です。骨盤や骨格の状態を整え、腰痛が良くなってきたタイミングでセルフケアをしていきましょう。

当整骨院でも、お一人お一人のお身体の状態に合わせたストレッチや体操をアドバイスしています。なので、腰痛改善には絶対にこのストレッチ!!絶対にこの体操がいい!!というlことは基本的にはないです。

腰痛を予防するためのストレッチや体操はいくらでもあるので、生活のサイクルの中に組み込むことで、腰痛知らずの健康的な生活を送ることができます。

ですので、ネットで自分にあっているのかよくわからない体操やストレッチ方法を実施する前に、整骨院で整体や骨盤矯正などでしっかりと腰痛の状態を改善してから、身体の状態にあった方法を必ず実施することがお勧めです。

最後に

サモーナスポーツ整骨院での腰痛治療は、腰だけの問題だけでなく、腰痛を引き起こす原因をしっかり見極め、施術・ストレッチ・体操のアドバイスをさせていただきております。少しでも早く長年の腰痛を解消したい方、腰痛を予防したい方お気軽にご相談ください。

江東区サモーナスポーツ整骨院 大島駅店の腰痛に対するアプローチの詳細はこちら>>

動くことができない?!!ぎっくり腰でお悩みの方はこちら>>

ぎっくり腰?!ぎっくり腰になってしまった場合の対処方法

2021年08月30日

こんにちは!江東区サモーナスポーツ整骨院大島駅店です。今回は、みなさんが万が一ぎっくり腰なってしまった時に、どこに行ったらいいのか、どのように対処したらいいのかをお話しさせていただきます。

  • 腰を動かした際に急激に腰が痛くなり動けなくなった
  • 徐々に腰に違和感が生じ腰が伸びなくなった
  • 不意に物を取った際、腰が動かなくなった
  • 腰痛で立ち上がることが困難
  • 腰の痛みで起き上がれない
  • ぎっくり腰で整形外科に行ったけど異常が見られなかった
    など

このような状態にお悩みで当整骨院にも多くのかたがお越しになります。

ぎっくり腰の特徴は、腰が痛くて伸びない、腰の痛みで立ち上がれない、身体を動かすことが困難な状態になることです。間違った対処方法をしてしまうと、ぎっくり腰が慢性的な腰痛になってしまうリスクがあります。

ぎっくり腰でよくやってしまう間違った対処方法

ぎっくり腰になった多くの方がやってしまうことが『安静』にしていることです。ぎっくり腰の程度にもよりますが、動ける範囲で身体を動かした方が早期に回復します。

ただし、ご自身だけの判断で無理矢理動かしてしまうとぎっくり腰の症状が悪化する可能性があるので必ず専門家の指示のもと身体を動かすようにしましょう。当整骨院は、ぎっくり腰の方により早期に身体を動かすことができるように、施術だけでなく運動指導もしている江東区大島駅周囲では数少ない整骨院になっております。

なので、ぎっくり腰になってしまった場合は、必ずしも安静にしていることが腰痛解消に大切なことではないのでご注意ください!!

安静にしてくださいが一番危険

ぎっくり腰で病院に行った際、よく言われる一言ですが安静にして腰痛が改善したことがありますか?レントゲン検査や、各種検査でも明確な異常が見られなかったのになぜ腰が痛いのか疑問ではありませんか?

何度も言いますが、ぎっくり腰は安静にしていることで、不意に身体を動かした時の痛みが増したり、慢性的な腰痛を引き起こすことがあります。レントゲン検査では骨の異常しかわかりません。腰の筋肉の硬さや、体幹の筋肉の弱さなどが原因で腰痛を引き起こしている場合は、レントゲンや画像検査で原因はわかりません。

もし、ぎっくり腰で病院に行って骨に異常がみられなかった場合は、整骨院に行くことをお勧めします。当整骨院は、リハビリスペースも完備しているのでぎっくり腰になりにくい身体づくりまでサポートすることができます。(詳細はこちら

ぎっくり腰にはマッサージが効果的?

残念ながらぎっくり腰に対してマッサージをしても効果は乏しいです。むしろ痛みが悪化して立てなくなることもあります。

まずは、炎症を落ち着かせながら動かせる範囲で動かすことをお勧めします。

ぎっくり腰になったらどこに行くべき?

大島駅から徒歩1分の江東区サモーナスポーツ整骨院にお越しください!!と言いたいところですが、無理な長距離移動はあまりお勧めできません。お近くの運動療法を推奨している整骨院か整形外科に行くことをお勧めいたします。

間違ってもマッサージだけ、鍼灸治療だけという形で治療を終わらせないようにしてください。

最後に

ぎっくり腰は、痛みを引かせるだけでは慢性的な腰痛になる可能性が高いです。万が一ぎっくり腰なってしまった場合は、すぐに専門家の指示のもと適切な消炎処置や運動療法、ストレッチを行うようにしましょう。

また、安静にしてしまったり、コルセットをつけ続けてしまうと体幹や腰を支えるための筋肉が弱ってしまい、ぎっくり腰を繰り返しやすくなるので注意してください。

江東区大島駅周辺の方でぎっくり腰の方は、サモーナスポーツ整骨院にお任せください!!

江東区サモーナスポーツ整骨院の詳細の情報はこちら>>>

 

1 2 3

LINEで友達に紹介状を送る