スポーツ障害|野球肩|症例|中学生男子 ピッチャーA君

2021年12月27日

こんにちは!江東区大島にあるサモーナスポーツ整骨院です!今回は、当整骨院が得意とするスポーツ障害『野球肩』について、実際の症例を併せてアプローチ方法や必要なトレーニングなどを紹介させていただきます。

野球肩に関しての詳細を知りたい方はこちら>>の記事を見てください。

野球肩は野球少年だけでなく、テニスやバレーボール、ハンドボールなど投球動作やオーバーヘッドの動作が繰り返されるスポーツに発症する、肩の痛みの総称です。

今回当整骨院にお越しになった中学生は、野球肩の代表例だったのでこちらの記事でご紹介させていただくのと同時に、同世代の親御さんにお子様の身体を理解していただくきっかけになれば幸いです。

投球動作をすると肩が痛い

整骨院にお越しになった段階では、自発的な痛みや投球動作をしても痛みがない状態でした。

いつも野球練習の後半になると右肩に痛みが出てきて、思い切りボールを投げることができなくなるとのことでした。

その肩の状態を約1ヶ月繰り返し、練習も休むことが難しく痛みを我慢していたが、我慢の限界を迎え当整骨院にお越しになりました。

まずは全身の評価から

当整骨院では野球肩とはいえ、肩だけの問題にフォーカスしません。野球肩になる場合の多くに、肩の問題以外の問題が隠れていることが多いです。

こちらのA君の場合も、全身を評価した際に胸椎(背骨)が丸まっており、いわゆる猫背のような状態でした。さらに、いわゆるスマホをよくいじる少年で、首が前に出て、肩が丸まっている状態。

このような状態で生活すると、体幹の機能が低下し、背骨の動きが悪くなり、肩に過度な負担がかかりやすくなってしまいます。

その次に、体の各部位の柔軟性を確認したところ、特に股関節の柔軟性が著しく低下しており、さらには、あらゆるスポーツで重要な、お尻の筋力が異常に低下した状態でした。

その後、肩の状態を確認すると、肩周囲の筋肉が異常に硬くなり、投球動作時に肩の関節に過度なストレスをかけていることがわかりました。

当整骨院では、骨に異常はないと判断しましたが、念の為、提携している整形外科をご紹介させていただき、医師から骨や関節の構造に異常が見られないと診断していただいたので、当整骨院で継続治療することになりました。

野球肩は肩の痛みだけに注目してはダメ!!絶対!

A君は野球肩の肩の問題だけの治療をしてもすぐに痛みはひきますが、野球をすればすぐに痛みが戻ってしまいます。

肩の治療と同時進行で、股関節の柔軟性、体幹の安定性、背骨の柔軟性など全身の問題を解決するためのアプローチをさせてもらうことになり、3ヶ月間かけて体の使い方、インナーマッスルの強化、体幹の強化、柔軟性の向上を図り、痛みなく投球動作ができるようになりました。

日常生活上でも姿勢に関して、指摘し意識して生活することで、治療効果を最大限引き出すことができ完治しました。

最後に

その他にもA君のような野球肩の少年が数多くお越しになっている中、怪我をする子供たちに共通していることが『姿勢が悪い』『体幹の安定性がなくふにゃふにゃしてる』ことです。

スポーツを痛みなく楽しむためには、子供でも定期的なケアが必要不可欠です。また、肩だけでなく股関節、体幹などその他の問題にも注目してアプローチすることが重要ですので、親御さんはしっかりとお子さんの状態を確認しておきましょう!!

サモーナスポーツ整骨院の肩の治療はこちら>>

東京都江東区大島6−9−12アプツ大島1階
サモーナスポーツ整骨院|大島駅店