膝の痛み|変形性膝関節症|サモーナスポーツ整骨院|大島・亀戸で評判のスポーツ整体

2022年05月26日

膝の痛みって膝が悪いんじゃないの?って思いますよね。当然、変形や組織の劣化、筋肉の拘縮など膝に問題が生じていますが、その他にも膝に負担をかけ痛みを引き起こす要因があります。

当整骨院には、江東区大島・亀戸を中心に数多くの変形性膝関節症やスポーツでの怪我などで膝に痛みをかかける方がお越しになっています。

その方々の実際に対して実際に行った治療や、共通してみられる特徴などを記事にさせていただくので、皆様の膝の痛み解消のヒントになれば幸いです。

①膝の痛みが治らない?膝の痛みと体重増加

筋力低下していて、体重が適正より重かったら、膝の痛みは根本的に治りません。

スポーツだけでなく、日常生活でも多くのシーンで膝に大きな負担がかかります。ただ歩いているだけでも、何倍もの負担がかかっているのです。階段や小走りなどをでは、さらに大きな負担がかかっています。

少し太ってきたからウォーキング、ランニングしようかな・・・いざ始めたら膝が痛くなったなんて会話をよく耳にします。その原因は、上記に記載してあるように、生活習慣が乱れ、運動習慣がなく筋力低下し、食事の習慣が乱れ体を修復してくれる栄養素が不足した状態で運動すれば、当然痛みが出ます。

筋力が低下し、体重が増加した状態でのウォーキングやランニングは、自分から進んで膝を壊しに行っているも同然です。

膝の治療で痛みが引いたとしても

治療を受けて膝の痛みが治ったとしても、体重が重かったら再び膝関節に過剰なストレスが加わりますし、膝関節に負担がかからないような身体の使い方ができなければ、体を動かすたびに痛みが生じるようになります。

手術ではなく、まずは自分で解決できるものがあるとすれば、食事の習慣を見直して、適正体重に戻すことが一番の方法です。

タンパク質、炭水化物、脂質のバランスを考え、体内の環境を整えてみましょう。

②膝の痛みが治らない?運動と膝の痛み

運動が重要なことは誰もが理解していると思います。しかし、変形性膝関節症などで痛みを抱えている場合の無理な運動は禁物です。

体重増加が膝の関節に悪いということは医学的に証明されていることなので、急に歩いたり、走ったりして運動を始めると、症状を悪化させます。

また、痛めている期間が長いほど、痛みを庇うような身体の使い方を脳が覚えてしまい、かえって膝などの関節に負担がかかるようになります。

当整骨院ではただ単に、硬くなった筋肉にマッサージを行うのではなく、膝の関節に負担がかからない身体の使い方を覚えていただいております。変形性膝関節症の方で、運動を開始しようと考えている方は、必ず専門家の指導のもと行うようにしましょう。

膝関節を安定させるための筋力アップだけでなく、股関節や体幹の筋力アップをすることで、膝への負担を減らすことができます。

最後に

身体のどの部分のそうですが、膝が痛いからと言って膝だけの治療をしていても、根本的な問題解決しないですし、膝の痛みは解消しません。膝の関節の周りには、骨盤とつながったり太t太腿と繋がっている筋肉もたくさんあります。

骨盤、股関節、体幹など全身をうまく使うことで、膝への負担を大幅に軽減することができます。

運動習慣、食習慣、治療を組み合わせて早く痛みのない体づくりを行いましょう!

膝の治療|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島・亀戸>>

膝の痛み・変形性膝関節症の方へ|サモーナスポーツ整骨院|江東区大島駅店

2022年05月17日

江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は、当整骨院にも多数お越しになる膝の痛み、変形性膝関節症に関してお話しさせていただきます。

変形性膝関節症の具体的な症状などに関しては、別の記事でごう紹介させていただきますので、そちらを参考にしてください。変形性膝関節症の詳細はこちら>>

こちらの記事では、意外と見落とされがちな、変形性膝関節症の痛みを悪化させる要因に関して書かせていただきます。

注射をしても、薬を飲んでも、手術をしてこ一向に痛みが緩和しない方はご一読いただけると幸いです。少しでも多くの方が、痛みから解放されるように日々治療、活動しています。

変形性膝関節症の膝の痛みは、膝だけに対してアプローチしても解決しない

変形性膝関節症と聞くと、どうしても膝にだけフォーカスしがちです。確かに変形して、骨や関節の内部構造、周囲の構造などにネガティブな変化が生じて痛みを引き起こしてい流のですが、一番注目しないといけないことは、膝にかかる負担です。

*今回の記事でフォーカスしているのは、限定的に体重が増加して、肥満の方、メタボの方の変形性膝関節症に関して記載しています。

どんなにいい治療法、手術、薬を使って痛みが解消したとしても、膝に負担がかかる体の使い方、肥満体型、メタボの状態では、おそらく再び痛みが引き起こされるでしょう。

人の体は、負担がかかりやすい構造をしているので、全身の筋肉をバランスよく使わないと、局所的に負担がかかり、関節の変形や過度な筋肉の緊張などを引き起こします。

運動習慣、食習慣、姿勢、生活環境、年齢など

さまざまな要因が組み合わさった結果、特定の関節に負担がかかり痛みを引き起こす可能性があります。

特に股関節の機能(股関節の柔軟性、筋力)が低下すると膝にかかる負担が増大します。そして、追い打ちをかけるように、体重増加によりさらに膝に負担が加わり痛みを憎悪させてるのです。

体重増加による膝の痛みは、体重を元に戻せば痛みは消える?!

当整骨院で実際にあった数例を紹介すると、変形し膝関節症により、階段はもちろん歩くことさえも痛みが伴い、手術をしないと治らないと言われていた患者様から、『手術をしたくない・・・どうにかならないか』と相談を受けました。

私たちも医師の診断は非常に大切にしているので、立場的に絶対に痛みが解消するとは言えないですが、可能性として体重増加、肥満に関してお話しし、併設しているパーソナルトレーニング施設での、食事指導、全身の筋力アップのためのトレーニングを開始していただくことになりました。

決して無理なダイエットではなく、1ヶ月に3〜5%程度の減量を目標にし、4ヶ月から半年間かけてダイエットをしたところ、全員に大幅な痛みの軽減、解消が見られ中にはジャンプ動作は難しいですが、バレーボールまでできるようになりました。

ただし、変形による可動域制限や、変形自体が治って真っ直ぐな膝になるわけではありません。しかし、友達と旅行に行ったり、軽くスポーツを楽しむことができるようになっただけでも、人生の質は高くなります。

最後に

サモーナスポーツ整骨院では、変形膝関節症だけでなくあらゆる、痛み、怪我に対して広い視野でアプローチしています。痛みが解消しない原因は、体が痛みが解消しない環境にあるということを忘れないでいただきたいです。

運動不足、筋力低下、体のメンテナンス不足、食習慣、睡眠環境・・・痛みが解消しない理由の半分以上は日常生活の習慣、環境位にあると考えております。

私たちは、江東区大島・亀戸エリアを中心に、痛みのない健康的な身体づくりを普及できればと考えております。残念ながら絶対に治るとは言えませんが、私たちが力になれることが、多々あると思いますので、お気軽にご相談ください。

ご予約はこちら>>

肥満と膝痛の関係!膝の痛みを効率的に解消する方法!

2021年09月29日

中年以降の方に見られる膝の痛みの多くは、変形性膝関節症によって引き起こされることが多いです。変形によって痛みが引き起こされると思いがちですが、根本的な問題は皆さんが目を逸らしたくなる意外なところにあるかもしれません。

キーワードは肥満』『変形性膝関節症』『急激な体重増加』です。

変形性膝関節症は、男性よりも女性に多く、高齢者になる程罹患率の高い疾患です。主な症状としては、膝に痛みが出たり、水が溜まったりします。

初期の症状では、立ち上がり、歩き始めなど、膝を動かす瞬間に痛みが生じます。進行してくると顕著に膝が変形し、多くの場合はO脚様に変形が身立つようになります。さらに、安静にしていても痛みが生じ、膝が伸びず歩行も困難な状態になります。

肥満は変形性膝関節症の原因、膝の痛みに大きく関わる

全ての膝の痛みが肥満によるものではありませんが、比較的多くの膝の痛みに肥満は関わっています。体重が3kg増えるだけで、膝にかかる負担が1歩あたり9kg増加します。

変形性膝関節症の多くは、関節の軟骨が老朽化してすり減ってしまうことが原因で引き起こされます。当然、体重が増加すれば膝の軟骨にかかる負担も増加し、すり減りやすくなります。

さらには、加齢とともに筋力が低下し、関節自体にかかる負担も体重の増加以上に大きくなります。

対処的な治療も重要!!でも…よく考えて!

ヒアルロン酸を注射したり、PRPをやったり、色々な対処的な痛み解消方法はありますが…

膝の痛みが解消したところで、体重増加による膝への負担で、痛みが再発する可能性が高いです。肥満でいることで、永遠に対処的なアプローチを繰り返すことになります。

同時進行でダイエット、筋力アップを行うことで、より早期に効率的に膝の痛みを緩和できます。膝痛の原因が体重増加によるものであれば、根本の問題を解決しない限りは痛みを繰り返すことになるでしょう。

一生付き合うご自身の膝です。歩行が困難になる前に、少し体重が増えた、動きが重くなった少しでもそう感じたら筋力アップやダイエットも視野に入れるのが一番の予防策です。

膝の痛みを効率的に解消する方法!

肥満の方!!騙されたと思って今の体重から5%ダイエットしてみてください!!膝が痛くて動かせない場合は、無理に運動しなくていいです。食事のバランスを整えてまずはダイエットをしてください!!

膝の痛みが緩和したら、専門家の指導のもと体幹、下半身などの筋力強化をして関節をしっかり支えられるようにしましょう。

独学のトレーニングはかなり危険なので、必ず専門家に全身のバランス、膝の関節の状態などを判断してもらった上で実施するようにしましょう。

LINEで友達に紹介状を送る