意外と知らない腰痛の原因

2021年05月10日

何が原因で腰痛なのかわからない。レントゲンやMRIでも腰痛の原因がわからず、お悩みの方が当整骨院に多くお越しになります。

病院や整形外科でも原因のわからない腰痛の場合、骨盤・骨格、筋肉の硬さに問題があることが多いです。筋肉の硬さ骨盤・骨格による姿勢不良の問題はレントゲンやMRIではわかりませなので、腰痛を感じて、整形外科や病院で検査を受けても問題がないと判断されてしまうのです。

腰痛の原因

レントゲンやMRIで検査した結果、異状が見つからない腰痛では、多くの場合、腰の筋肉の硬さが原因です。腰の筋肉の硬さを緩めれば、確かに腰痛は改善しますが、すぐに元に戻ってしまいます。

腰痛を解消するために大切なのは、硬くいなってしまった腰の筋肉に対するマッサージではなく、なぜ腰の筋肉が硬くなってしまったかです。

腰の筋肉の硬さの陰には、様々な問題が潜んでいます。

腰の筋肉が硬くなってしまう理由

腰痛の女性筋肉は、使い過ぎても、使わなさ過ぎても痛みが出ます。しかし、腰の筋肉が硬くなってしまうのは、使い過ぎ、負担がかかり過ぎで筋肉が硬くなってしまうことが多いです。腰の筋肉に負担がかかってしまう理由はいくつかあります。

  • 骨盤、骨格の歪み
  • 姿勢が不良
  • インナーマッスルの筋力低下
  • 長時間のデスクワーク
  • 運動不足
  • 休みの日も1日中家で動かない
  • 最近太った
  • お腹がポッコリしている

身体を動かさないと、当然筋力が低下しますがそれ以上に、同じ姿勢で1日中過ごすことで、皆さんが想像している以上の負担が腰にかかります。

身体を動かすことで、腰への負担が分散されれば問題は少ないのですが、何時間も同じ姿勢でいると少し動かしたぐらいでは、腰へのストレスは緩和しません。すでに腰痛になっている方は、痛みで身体を動かす事さえも嫌になります。

  1. 身体を動かさない
  2. 腰に負担がかかる
  3. 腰が痛くなる
  4. 痛みで動かしたくなくなる
  5. 慢性的に腰痛なる

このような流れでどんどん腰痛が長年の悩みになってきます。こうなる前に腰痛に対してしっかりアプローチしなくてはならないですし、こうなってしまっても的確なアプローチをすれば腰痛は解消します!

どのようにしたら腰痛が改善するの?

説明長年の腰痛の一番の原因となっている、腰の筋肉の硬さを解消することです。

そして腰の筋肉が硬くならない身体づくりをすることが一番大切です。

  • 骨盤、骨格を正常な位置に整える
  • 筋肉を軟らかくする
  • 神経の圧迫を解除する
  • インナーマッスルをトレーニングする
  • 日常的に適度に身体を動かす

腰痛をしっかり改善するためには、定期的にスポーツ整体の施術を受けることをお勧めします。スポーツ整体では、骨盤・骨格、筋肉、神経に対しアプローチすることができます。そうすることで長年の腰痛をより早く解消できます。

少しでも早く腰痛を解消したい方は、江東区大島のサモーナスポーツ整骨院にお任せください!