腰痛の原因

2021年10月18日

腰痛の根本治療で評判の江東区大島駅から徒歩30秒のサモーナスポーツ整骨院です!!今回は、お悩みの方が多い腰痛の原因に関して記事にしたのでご覧ください。

なぜ腰が痛くなるのでしょう

実は、腰痛は病気や怪我の名前ではなく、ただ単に腰に現れた症状のことを表しています。腰そのものに問題のある腰痛だけでなく、職業や生活習慣、ストレスなどの問題が複雑に絡んだ腰痛もあります。

自分の生活を振り返ると意外なことが腰痛を引き起こしていることもあります。

病気やけがによる自覚症状を調査した際に出た結果で、腰痛は男性の第1位!!女性の第2位!!嬉しくもない華々しい結果です。

そこで今回は、誰もが経験しうる腰痛のお話しをていきます。

特異的腰痛〜脊柱の病気が主な原因で神経を圧迫する腰痛〜

腰痛になる原因は実に様々です。複数の負の要素が組み合わさり、辛い腰痛を引き起こしていることのあります。多くの場合は、原因不明の腰痛とされており、画像検査や各種検査では原因が特定できない腰痛とされています。

全腰痛のうち15%は原因を特定できる特異的腰痛と言われています。

【原因となる代表的な病気】

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 骨粗鬆症

上記が代表的な腰痛を引き起こす病気です。椎間板ヘルニアをはじめこれらの病気は、いずれも背骨の神経(脊髄神経根)が圧迫されることにより引き起こされます。

圧迫がひどい場合、下半身の筋力低下や痺れも伴います。重症例ですと膀胱や直腸にも障害をきたすこともあります。その場合は、整骨院や整体ではなく整形外科にいきましょう。マッサージでは絶対に解決しない領域です。

腰部椎間板ヘルニア

背骨は実は1つずつの骨で構成されており、腰椎は多くの場合5個の骨で構成されています。その背骨と背骨の間には、椎間板と言われるクッションが挟まっています。椎間板は外が硬く、内側がプルンと柔らかいゼリー状の構造をしています。

加齢などに伴い、外側の硬い繊維が変性・断裂して中のゼリーが飛び出して脊髄神経根を圧迫することで痛みや痺れが引き起こされます。

腰やお尻、下半身に痺れや痛みが広がり、力が入りにくくなります。

長時間経っていたり、歩いたりすることで症状が強くなります。また。重いものを持った際も腰の痛みや痺れが強くなることもあります。実は、椎間板ヘルニアは猫背などの不良姿勢やデスクワークなどの悪い姿勢での作業や動作、喫煙などでも発症しやすくなると言われています。

症状が悪化する前に、椎間板ヘルニアになる前に無駄なリスクは避けるようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症

背骨の間のクッション(椎間板)が加齢とともに変性してしまったり、異常な骨の棘が作られたりして、神経の通り道が狭くなり神経根を圧迫する病気です。数十メートル歩くと痛みが生じ、前かがみになると痛みが緩和し再び歩くことができる『間欠性跛行』が特徴的な症状です。ヘルニアと類似し、お尻や下半身に痺れを感じることもあります。

骨粗しょう症

加齢に伴い、骨が弱くなり骨折しやすい状態になります。背骨は骨粗鬆症の影響を受けやすく圧迫骨折が生じやすいです。圧迫骨折により背中に慢性的に痛みを感じることがあります。

激しいスポーツや運動をした後の腰痛

重いものを持ち上げる動作をしたり、不良姿勢で腰に負担がかかるような反復動作を繰り返すことで筋筋膜性腰痛になることがあります。筋膜というのは、筋肉や臓器などを覆っている膜で、その筋膜に傷がついtしまうことがあります。

筋筋膜性腰痛は数日で回復するのが通常ですが、痛みのある状態で繰り返し動作を続けていたり、無理矢理動かしていることで痛みが消失するのに時間がかかることがあります。

また、寒さや冷えによって血液の循環が悪くなうことでも回復が追いつかず、痛みが悪化し慢性的な痛みになることもあります。

重篤な病気が隠れている腰痛

腰痛は単に腰の骨や椎間板、筋肉や関節だけから引き起こされるわけではありません。神経、内臓、血管、心因性などの病気によっても腰痛は引き起こされることがあります。

特に注意が必要なのは、内臓の病気や脊髄に生じた腫瘍、感染、炎症、外傷などが原因になっていることもあるため、その場合は早急に治療をする必要があります。

楽な姿勢がなかったり、姿勢に関係なく腰痛があったり、がんやステロイド治療の既往などがある方の場合の腰痛は特に注意する必要があります。『マッサージをしてなんとなく楽になるから』なんて理由で腰痛を放置しないように気をつけましょう。

腰の周りが痛むその他の病気

【腰由来のもの】

  • 腫瘍(脊椎腫瘍、脊髄損傷、馬尾腫瘍など)
  • 感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエス)
  • 外傷(骨折、脱臼)

【腰以外に由来するもの】

  • 変形性股関節症、整形外科的疾患
  • 股関節の可動域制限
  • 足首の可動域制限
  • 尿路結石などの泌尿器の病気
  • 子宮内膜症などの婦人科の病気
  • 胆嚢、十二指腸、膵臓などの消化器系の病気
  • 解離性大動脈瘤などの血管系の病気
  • 統合失調症などの心因性の病気
    など

ほとんどの腰痛がこの腰痛!!

やく85%の腰痛が非特異的腰痛と言われ原因が不明と言われています。神経症状や重い基礎的な疾患が見つからず、X線やMRIなどの画像検査をしても、何が原因で痛みを引き起こしているのかが特定することができない腰痛です。

なので、整形外科や病院などでは『老化』『運動不足』『一生付き合う腰痛』などと表現されてしまうことも多々あります。

腰痛の約85%を占める『非特異的腰痛』は日常生活の姿勢や仕事でのストレス、運動習慣なども関わってるので、原因が明確ではないからと諦めずにお気軽に当整骨院にご相談ください。

サモーナスポーツ整骨院大島駅店の腰痛の施術はこちら>>

最後に

当整骨院は、江東区大島駅エリアでは数少ないパーソナルトレーング施設、リハビリエリアを完備した複合型のスポーツ整骨院です。腰痛の根本的な改善だけでなく、健康増進、体質改善までアプローチできる施設です。また、整形外科と提携しているためあらゆる怪我に対してサポートできるので、少しでもお身体にお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

都営新宿線『大島駅』から徒歩30秒で、夜21時まで受付しているのでお仕事帰りや学校帰りでも安心して治療を受けることができます。ご予約制でご案内しておりますのでお気軽にご連絡ください。(ご予約はこちら>>

LINEで友達に紹介状を送る