膝の痛み・変形性膝関節症の方へ

2022年05月17日

江東区大島駅から徒歩1分にあるサモーナスポーツ整骨院です。今回は、当整骨院にも多数お越しになる膝の痛み、変形性膝関節症に関してお話しさせていただきます。

変形性膝関節症の具体的な症状などに関しては、別の記事でごう紹介させていただきますので、そちらを参考にしてください。変形性膝関節症の詳細はこちら>>

こちらの記事では、意外と見落とされがちな、変形性膝関節症の痛みを悪化させる要因に関して書かせていただきます。

注射をしても、薬を飲んでも、手術をしてこ一向に痛みが緩和しない方はご一読いただけると幸いです。少しでも多くの方が、痛みから解放されるように日々治療、活動しています。

変形性膝関節症の膝の痛みは、膝だけに対してアプローチしても解決しない

変形性膝関節症と聞くと、どうしても膝にだけフォーカスしがちです。確かに変形して、骨や関節の内部構造、周囲の構造などにネガティブな変化が生じて痛みを引き起こしてい流のですが、一番注目しないといけないことは、膝にかかる負担です。

*今回の記事でフォーカスしているのは、限定的に体重が増加して、肥満の方、メタボの方の変形性膝関節症に関して記載しています。

どんなにいい治療法、手術、薬を使って痛みが解消したとしても、膝に負担がかかる体の使い方、肥満体型、メタボの状態では、おそらく再び痛みが引き起こされるでしょう。

人の体は、負担がかかりやすい構造をしているので、全身の筋肉をバランスよく使わないと、局所的に負担がかかり、関節の変形や過度な筋肉の緊張などを引き起こします。

運動習慣、食習慣、姿勢、生活環境、年齢など

さまざまな要因が組み合わさった結果、特定の関節に負担がかかり痛みを引き起こす可能性があります。

特に股関節の機能(股関節の柔軟性、筋力)が低下すると膝にかかる負担が増大します。そして、追い打ちをかけるように、体重増加によりさらに膝に負担が加わり痛みを憎悪させてるのです。

体重増加による膝の痛みは、体重を元に戻せば痛みは消える?!

当整骨院で実際にあった数例を紹介すると、変形し膝関節症により、階段はもちろん歩くことさえも痛みが伴い、手術をしないと治らないと言われていた患者様から、『手術をしたくない・・・どうにかならないか』と相談を受けました。

私たちも医師の診断は非常に大切にしているので、立場的に絶対に痛みが解消するとは言えないですが、可能性として体重増加、肥満に関してお話しし、併設しているパーソナルトレーニング施設での、食事指導、全身の筋力アップのためのトレーニングを開始していただくことになりました。

決して無理なダイエットではなく、1ヶ月に3〜5%程度の減量を目標にし、4ヶ月から半年間かけてダイエットをしたところ、全員に大幅な痛みの軽減、解消が見られ中にはジャンプ動作は難しいですが、バレーボールまでできるようになりました。

ただし、変形による可動域制限や、変形自体が治って真っ直ぐな膝になるわけではありません。しかし、友達と旅行に行ったり、軽くスポーツを楽しむことができるようになっただけでも、人生の質は高くなります。

最後に

サモーナスポーツ整骨院では、変形膝関節症だけでなくあらゆる、痛み、怪我に対して広い視野でアプローチしています。痛みが解消しない原因は、体が痛みが解消しない環境にあるということを忘れないでいただきたいです。

運動不足、筋力低下、体のメンテナンス不足、食習慣、睡眠環境・・・痛みが解消しない理由の半分以上は日常生活の習慣、環境位にあると考えております。

私たちは、江東区大島・亀戸エリアを中心に、痛みのない健康的な身体づくりを普及できればと考えております。残念ながら絶対に治るとは言えませんが、私たちが力になれることが、多々あると思いますので、お気軽にご相談ください。

ご予約はこちら>>

LINEで友達に紹介状を送る