五十肩とは?五十肩の原因と症状

2021年11月14日

こんにちは!江東区大島駅にある五十肩の治療で評判のサモーナスポーツ整骨院です。今回は以外に知らない五十肩の原因と症状、治療方法などについてお話しします。

五十肩は、肩の関節に炎症が生じている状態です。加齢に伴い肩の関節がスムーズに動かなくなり、痛みや動かしにくさなどが生じる症状を『五十肩』と呼んでいます。

四十肩と五十肩は何が違うの?と感じる方も多いと思いますが、肩の痛みの症状が発症した年齢によって呼び方が異なるだけで、四十肩、五十肩それぞれに大きな違いはありません。

五十肩は加齢に伴い発症するものが多く、その特徴としては、腕を肩まで上げることができなくなった、腕を水平に保つことができない、洗濯物を干すことができない、背中に手を回すことができないなどの症状が現れます。

肩こりを『五十肩』と表現する方もいますが、肩こりと五十肩とでは、痛みのレベルと肩関節の動きが制限される範囲が圧倒的に五十肩の方がひどい状態です。

肩を少しでも動かすと痛みが生じる、腕を背中に回すことが困難、肩を上げることができないなどの症状がある場合は、ひどくなる前に対処する必要があります。

五十肩の原因

五十肩は、肩の関節を安定させたり、スムーズに動かすために働く『腱板』いわゆる肩のインナーマッスルが何かしらの影響でダメージを受け、炎症を起こし『関節包』に炎症が広がることで生じます。

なぜ鍵盤がダメージを負い、炎症が生じるのかの明確な原因はわかっていませんが、筋肉や腱などのやわらか組織の柔軟性が失われスムーズに動かすことができなるなるからなどと言われています。

姿勢不良なども関わっているかもしれません。

五十肩の症状

五十肩ってどんな時に痛みが出るの?

五十肩は、肩甲骨と上腕骨からなる肩甲上腕関節周囲に炎症が生じ痛みが出ます。そのため、腕を持ち上げる、捻るなどの動作が困難になります。特に、腕を外側からあげるような動きなどでひどい痛みが生じます。

  • 髪の毛を結ぶ動作
  • エプロンの紐を結ぶ動作
  • 洋服の着替え
  • 吊革に捕まる動作
  • 洗濯物を干すとき
  • 髪の毛を洗う時
  • 歯磨き
    など

日常生活で欠かせない簡単な動きでも痛みが生じるようになります。

五十肩の痛みの状態

五十肩の痛みの状態は大きく分けて3つに分かれます。非常に痛みの強い『炎症期』、痛みはやや落ち着いているが肩を動かすことが困難な『慢性期』、痛みが徐々に緩和し、五個貸すことができるようになってくる『回復期』に分けられています。ほとんどの場合は時間経過ともに痛みが改善します。しかしながら、長い期間動かすことができなくなる疾患なので、肩周囲の筋肉が萎縮して思うように動かすことが難しくなる場合もあります。

五十肩になる前と同じ状態にしたいのであれば、しっかりとリハビリをする必要があります。

五十肩と肩こりは違うの?

五十肩と肩こりを混同させて考えている方も多いです。実は、五十肩と肩こりは全く違うこのです。

シンプルに説明すると肩こりは、『筋肉の疲労、栄養不足、血行不良』で五十肩は肩の関節に『炎症』を起こしている状態です。

肩こりは一般的に疲労や姿勢不良により肩の筋肉の血液循環が悪くなることが原因で生じます。(サモーナスポーツ整骨院大島駅店の肩こり治療>>)

また、長時間のデスクワーク、運動不足、ストレスなどからも筋肉が疲労し肩こりによる痛みが生じます。

肩こりに対し、五十肩は簡単言うと『老化』です。肩の関節を覆っている関節包や肩のインナーマッスル(腱板)に炎症が生じることで痛みが出ると言われています。そのため、若年層よりも中年以降に生じることが多いです。

五十肩と肩こりは混同しやすので注意が必要です。誤った対処法をすることで症状を悪化朝せることがあるので、ただしい判断のもと適切な対処をすることが早期改善に大切なことです。

当整骨院では、江東区大島エリアにある整形外科やクリニックと提携し皆様の健康に貢献させていただいております。少しでも困りごとや痛みなどがございましたらお気軽にご相談ください。

江東区|サモーナスポーツ整骨院大島駅店の五十肩の治療はこちら>>

ご予約はこちら>>

 

【住所】
東京都江東区大島6ー9ー12 アプツ大島1階
サモーナスポーツ整骨院大島駅店

 

 

 

LINEで友達に紹介状を送る