サモーナスポーツ接骨院

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

ACCESS
都営新宿線
【大島駅】徒歩30 秒

お忙しい方に!夜21時以降も
予約承っております!

03-5609-7444

クレジットカード使用可能 VISA/ マスター/JCB

お忙しい方に!夜20時以降も予約承っております!

03-5609-7444

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

       

対応症例

首・肩の痛み
肩こり
姿勢不良により、背骨や肩甲骨の動きが悪くなることで肩や背中の筋肉が硬くなって、血流が阻害されることで肩こりが生じます。また、ストレスなどにより交感神経が優位になり、筋肉が緊張することによっても肩こりになることも多々あります。マッサージや鍼灸治療に合わせて、呼吸の仕方を見直すことで改善します。
五十肩
明確な原因ははっきりしませんが、とにかく痛みにより腕を上げることができないのが特徴です。一般に発症から約2週間の急性期、その後約6ヵ月間の慢性期を経て回復期という3つの期間で治癒していくことも特徴です。各期間に適切な治療を受けないと肩の機能不全が生じる場合があります。
ストレートネック
通常頸椎(首の骨)は、30〜40度の湾曲があります。デスクワークやスポーツ活動、日常生活などでの長期間の姿勢の崩れや頸椎の疲労などによって、頚椎の湾曲が真っ直ぐになってしまう状態をストレートネックといいます。
『ストレートネック』になると、頭の重心が前に移動してしまうので、スイカほどある頭の重さを首の筋肉だけで支えることになってしまいます。その結果として、筋肉が緊張し、慢性的な首の痛みや肩こりなどになってしまいます。症状が悪化すると首の神経を圧迫し傷つける事で偏頭痛や手足のしびれ、冷え、めまいなどを引き起こすことがあります。
腰・背中の痛み
腰痛
腰痛には、腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの特異的腰痛と原因が特定できない非特異的腰痛があります。ほとんどの腰痛が非特異的腰痛に分類され、姿勢不良や体幹の筋肉の機能不全、股関節の可動域低下、呼吸の機能不全などにより生じます。ストレスにより腰痛が生じることも報告されているのでしっかりとした鑑別が必要です。
ギックリ腰
筋肉や筋膜を痛める筋・筋膜性腰痛と腰骨の関節に炎症が起こる椎間関節性腰痛があります。この2種類の腰痛はそれぞれ治療する際のアプローチの仕方が変わってくるので、ギックリ腰になった場合は早めに治療を開始することをお勧めします。また、ギックリ腰は安静にしていることで悪化することがあるので要注意です。早期の運動療法が早期回復のポイントです。
 
足・膝の痛み
変形性膝関節症
変形性膝関節症は男性よりも女性に多くみられ、高齢者になるほど発症する確率は高くなります。主な症状としては、膝関節周囲の痛みと、水がたまることです。半月板損傷や靭帯損傷の後遺症として発症することも多いです。股関節、膝関節周りの筋力のバランスを整えることで痛みが軽減します。
膝靭帯損傷
受傷直後は、膝の痛みと動きの制限が目立ちます。時間経過とともに腫れがでてきます。約3週間経過すると、痛み、腫れ、動きの制限は徐々になくなってきます。この頃から方向転換する動きや、下り坂などで膝関節周りに不安感を感じるようになってきます。リハビリテーションなど適切な処置をせず、不安感を放置してしまうと、半月板損傷や、水腫ができるリスクがあります。
足関節捻挫
ほとんどの捻挫は内反(内返し)捻挫です。外くるぶしの周りの靭帯が損傷します。外くるぶしの前や下に痛みや腫れがでて、その部位を押すと痛みがある状態です。患部は安静に保ちつつも、患部以外のリハビリをすぐに開始することが早期に痛みを軽減するポイントです。
肘、手首、手指の痛み
腱鞘炎
腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症です。症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られます。腱自体の炎症である腱炎を合併することが多いです。 ひどい場合は痺れて動かなくなったり局部が出っ張ったりしてしまいます。患部を冷やしてもあまり変化なく痛みが長引くことも多々あります。
外側上顆炎 テニス肘
中高年でテニスやバトミントンなどラッケットスポーツをする方に多くみられる症状です。日常生活では、雑巾を絞る動作、不意に物をつまみ上げる動作などで痛みが誘発されます。肘の外側(外側上顆)に付着する筋肉が緊張し、付着部で炎症が起こることで痛みが生じます。テニスやバドミントンなどのスポーツで痛みが出る場合は、体幹の機能、肩関節の可動域に問題がある事も多いです。
ばね指
指の付け根で屈筋腱と靭帯性腱鞘の間で、炎症が起こり腱鞘炎になります。そうすることで、腱鞘の部分で腱の動きが悪くなり、擦れ合うことで、指の付け根に痛みや腫れ、熱感などが生じます。朝方に特に症状がでます。この症状が進行して引っかかり感、つまり、ばね現象が生じるとばね指になります。
スポーツ障害
足関節捻挫
足関節を内側に捻ることでの損傷が多いです。足関節の外側の痛みや腫れ、皮下出血が見られます。スポーツでは、接触プレーや切り返した時などに発生します。足関節は外側が不安定な構造をしているので、たかが捻挫と放置しておくと、再発を繰り返したり他の場所の怪我に繋がります。 まずは骨折が無いかの確認をし、無ければ靱帯組織の損傷を判断します。局所アプローチだけでなく捻挫した原因を探るため全身評価も重要となります。
オスグッド
10〜15歳のボールを蹴る、飛ぶなどを多くこなす少年に起こりやすいのが特徴です。すねの骨(お皿の下の部分)の成長軟骨が腿の前の筋肉(大腿四頭筋)に引っ張られる事により突出し、触ると痛みや運動時の痛みなどが発生します。 一般的には安静や大腿四頭筋のストレッチなどで対処しますが、膝中心の動きをしている事で発生することが考えられるので、股関節をうまく使える様な動作訓練も必要となります。
ランナーズニー
ランナーズニー(腸脛靭帯炎)は長距離ランナーに多く見られるオーバーユースの症状です。原因は膝の屈伸運動の繰り返しにより腸脛靱帯が大腿骨とこすれる事で炎症を起こし疼痛が発生します。 練習量が多すぎる、柔軟性の不足や地面の硬さ、シューズの問題など様々な原因が考えられます。まずは安静にして炎症を抑えます。その後股関節や体幹部のトレーニングを行い、正しくランニングできる動作訓練を行います。
シンスプリント
繰り返しのランニングや過度のジャンプで起こるオーバーユースの1つで、すねの骨の内側に圧痛や腫れが運動時の痛みが見られます。下腿の筋肉の硬さや足関節の可動域制限、運動量の増加が原因とされています。すねの骨の(脛骨)の疲労骨折との鑑別が重要になるので治りにくい場合は検査が必要です。初期は局所の安静などを図りますが、身体の使い方を変えない限り付いて回る問題なので、コア機能や股関節を中心とした動作の獲得を図ります。
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら