サモーナスポーツ接骨院

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

ACCESS
都営新宿線
【大島駅】徒歩30 秒

お忙しい方に!夜20時以降も
予約承っております!

03-5609-7444

クレジットカード使用可能 VISA/ マスター/JCB

お忙しい方に!夜20時以降も
予約承っております!

03-5609-7444

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

腰痛と運動の関係性と治し方

2019.01.09

腰痛と運動に関して多くの患者様からご質問をいただいたので、腰痛と運動の関係性に関してお話いたします。

治し方に関しては、病態にもよりますが、家でじっと静かにしているより、できる運動をすることが大切です。

痛いのに運動するの?という意見もあるとは思いますが、ぎっくり腰の場合、早期に動かすことで回復のスピードが全く違います。

実際に具体例を挙げながら腰痛と運動の関係性をまとめてみました。

 

1 腰痛の種類と有訴者数

明確な原因がある腰痛だけでなく、原因がよくわからない腰痛も存在します。

ここでは、原因がよくわからない腰痛の種類と日本にどれぐらいの人数の腰痛患者さんが存在するのかまとめていきます。

 

 

1. 1 腰痛の種類

世の中で腰痛と言われている腰痛のうち、原因がわかるものは、全体で約15%しかありません。その他、約85%は非特異的腰痛とよばれ原因がはっきりわかりません。

 

○特異的腰痛
・腰部椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・すべり症
など

 

○非特異的腰痛(医者で検査しても原因が特定できなかった腰痛)
・座っていると腰が痛い
・前かがみでなんだか腰が痛い
・スポーツすると腰が痛む
・立っていると腰が痛い
など

 

絶対に放置してはいけない腰痛も存在します。

それは、内科的な疾患から誘発されている腰痛です。

腎臓、胃腸、血管、感染症など内臓、血管系に何らかの異常をきたし腰痛になることもあるので要注意です。

過去に、数例、サモーナスポーツ整骨院でも見られましたが、早急に病院への受診を促したので大事には至りませんでした。

少し本題から脱線しますが絶対に放置してはいけない腰痛を紹介します。

 

○絶対に放置してはいけない腰痛
・楽な体勢がなく、どの姿勢でも痛みがある。安静にしていても痛む
→重大な病気の可能性あり
・非常に強い痛みがお尻から、ひざ下まで広がる
→ヘルニア、狭窄症など神経性の腰痛の可能性あり
・尿や便を漏らしてしまう、肛門や性器の周りに痺れ感がある
→重篤な神経症状の可能性あり
・足に力が入らず脱力感がある。踵で歩けない
→重篤な神経症状の可能性あり

上記に記載してある症状がある場合は、整骨院ではなく迅速に病院で診察を受けてください。

それ以外の症状は、サモーナスポーツ整骨院で対応できるのでご安心ください。

また、どの病院にいけばいいのかわからない場合はご紹介いたします。

 

 

1.2 腰痛の人数

友人に会うたびに腰が痛いと相談されます。しかも、違う友人にごとに。
現在日本にはかなりの人数の腰痛の方が存在します。

さらに腰痛は、平成28年度の調査において性別にみた有訴者率において男性で1位、女性で2位を獲得しています。

平成 28 年 国民生活基礎調査の概況 – 厚生労働省 より引用

詳細は、平成28年国民生活基礎調査の概況をご参照ください。

あたりを見渡せば腰痛の人がいるという事になります。

また、腰痛で通院している率もトップ5になります。

皆さん、なにかしら対処はしているようです。しかし、なかなか改善しないのが、原因が明確ではない非特異的腰痛です。

 

平成 28 年 国民生活基礎調査の概況 – 厚生労働省 より引用

 

2 腰痛と運動の関係性

明確なデータはあまりありませんが、長年の経験から運動不足の方、もしくは身体を動かすことが嫌いな方に腰痛が多いです。

特に、昔はバリバリスポーツしていたけど今は、ほとんど運動することがない方に多くみられます。

 

 

2.1 腰痛と運動

運動と言っても何が運動なのかよくわかりませんね。

ここでは、全身を動かすことを運動とします。子供が慢性腰痛といという事はめったにありません(年齢にもよる)。

子供は大人と違って全身を使って全力で遊んでいます。

ゴロゴロ転がったり、ブリッジしたり、木に登ったりと(現在ではあまりみられないかも)とにかく全力で遊んでいます。

結果として、背骨、肩甲骨、股関節、色々な関節がよく動きます。

関節後動くとともに筋肉も動くのであえて苦しいストレッチをしなくても適度な柔軟性が保たれています。

中学、高校になる受験が始まり勉強の影響で活動量が少なくなってしまいます。そのぐらいの年齢から腰痛を訴え来院される方が増えてきます。

 

 

2. 2 腰痛とカラダのメカニズム

カラダの各関節にはそれぞれの役割があります。安定のための関節と動きのための関節です。

 

○安定性の関節
・腰椎
・肩甲胸郭関節
・頸椎(下位)
・肘
・膝
など

○動きの関節
・胸椎
・肩関節
・手関節
・股関節
・足関節
など

よく見てみると隣り合った関節がそれぞれ逆の機能を持っています。

しかし、体を動かさなくなると動きのための関節が硬くなり、安定性の関節がぐらぐらと不安定になってしまします。

これを腰痛で考えてみると、腰部の支点となっている腰椎は、本来、安定性の関節です。

しかし、運動不足により股関節や胸椎の動きが硬くなってしまい、代わりに腰椎がグラグラと動くようになってしまします。

腰椎は解剖学的に動きが出る関節ではないので、動きが出てしまった結果、周囲の筋肉が緊張し、コア(体幹・腹筋)の機能が著しく低下してしまいます。

これが慢性的な腰痛、医者に行っても解決しにくい腰痛のメカニズムだと考えています。

また、運動をしないことで呼吸をしっかりすることが少なくなります。

呼吸をしっかりしないと横隔膜の動きが悪くなり、内臓の位置関係の崩れにもつながるため腰痛が出てしまうことも少なくありません。

このような慢性的な腰痛は、様々な要因が組み合わさり発生します。明確に『これ』という原因を特定することは、難しいのです。

 

 

2.3 腰痛とコア(体幹)の機能の関係

腰椎は安定性の関節のため、不安定な状況になると腰痛になるリスクが高まります。

そのため、体幹の筋肉(腹筋など)を使って安定させる必要があります。

人間の体には、コアを安定させるために様々な筋肉が存在します。

 

小関博久『外来整形外科のための退行変性疾患の理学療法』医歯薬出版株式会社,2010,p130

 

コアを効率よく機能させるためには、横隔膜と骨盤底筋群を平行な状態に保てるようにする必要があります。

横隔膜と骨盤底筋群を平行な状態に保つことで、正しく腹圧が高まり腰部の安定性が確保できます。

その他にも腰部にコルセットのように存在する、腹筋が多く存在します。

これらの機能を高めるような運動することが重要です。

簡単な方法としては、様々な体勢で腹式呼吸をすることです。

また、股関節の筋肉の柔軟性を保つことも重要なことになります。

 

○機能を高めるべき筋肉
・腸腰筋(腰と股関節、骨盤の筋肉)
・多裂筋(腰の筋肉)
・殿筋群(お尻の筋肉)
・腹筋群

 

○柔軟性を保つべき股関節の筋肉
・大殿筋
・ハムストリング
・大腿四頭筋
・内転筋
・腸腰筋
・広背筋

これらの筋肉をしっかりケアすることで、腰痛の解決につながります。

 

慢性的な腰痛にお悩みの方は運動をするべき

腰痛にお悩みの方は、まずはご自身の体の状態をしっかり評価したうえで、適切な運動、ストレッチを実施すべきです。

しっかりと改善を望むのであれば、マッサージ、整体、矯正、鍼灸治療だけでなくしっかりとカラダの使い方を学ぶことで解決につながります。

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら