サモーナスポーツ接骨院

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

ACCESS
都営新宿線
【大島駅】徒歩30 秒

お忙しい方に!夜21時まで
予約承っております!

03-5609-7444

クレジットカード使用可能 VISA/ マスター/JCB

お忙しい方に!夜21時まで
予約承っております!

03-5609-7444

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

腰痛と腹筋って関係あるの? コア(体幹)の機能と腰痛の関係性

2019.03.12

腰痛にお悩みの方は多いのではないでしょうか?

コア(体幹)の強化と腰痛、またカラダの安定性は関係があると、昔からよく耳にします。
深部の体幹筋をトレーニングすることで腰部の安定性が向上するという話もあります。

 

体幹の深部の筋肉、つまり腹横筋を使えるようにすることで腰痛が改善するという話もありますが、明確な根拠があるわけではありません。
腹横筋は体幹部分をカバーするように存在していて、コルセットのような存在です。

腹横筋は呼吸をしたり、おなかを凹ませたりするときに使われます。
呼吸の仕方をしっかり練習することで腰痛が緩和する方も多くいるので、体幹の筋力と腰痛に関しては関係性があるように感じています。

 

背骨はもともと不安定なもので、様々な筋肉によって支えられています。
簡単にコア(体幹)の機能といっても、コアの筋肉だけでは、たいして役に立ちません。
骨盤、肩甲骨などもコア(体幹)の機能に大きく関わっています。

 

さらに、スポーツ動作や動きの中で安定した骨盤や体幹を手に入れるためには、膝や足部、股関節のコントロールが必要です。

逆にコア(体幹)の強さが不足して、安定性がなくなると、上肢や下肢の動きの低下につながります。
また、全身の連動性がなくなり動きが悪くなった結果、傷害のリスクが高まる可能性があります。

 

 

 

1 腹筋と腰痛って関係あるの?

動きの中で痛みがある方に対して、コア(体幹)を活性化した状態でも痛みが出るかを確認します。

また、肩、腰、股関節など、どの部位に対しても痛みが出るかを確認します。

コアを活性化した状態で同様の動きをすることで、しばしば痛みが軽減します。

特に顕著なのが腰痛です。

腰痛を患っている人の多くに、コアの機能不全があるといわれており、動き始めに腹横筋(腹筋の一番下の層)が機能しにくくなっていることが報告されています。

前屈した際に腰痛がある方に対して、コアの出力を高めることで痛みが緩和します。

 

 

2 「腹筋がない」「腹筋できない」のに腰痛がない人もいる

「見事に腹筋が割れているのに腰痛がある」という方もいれば、
「腹筋が全くできないのに全く腰痛がない」という方もいます。

 

腰痛と腹筋の関係で一番重要なことは、割れて見える腹筋ではありません。

脇腹にある腹斜筋や奥の方にある腹横筋が重要なのです。

腹横筋がうまく機能していない場合は、腹筋がムキムキに割れていても腰痛になる可能性が高いのです。

機能しているかいないかは、目で見ただけではわかりにくいのですが、腹横筋を収縮させるような呼吸法やエクササイズをしてみて腰痛が軽減すれば効果があるのではないかと考えています。

 

腹筋と腰痛の関係に関する論文や批判はたくさんありますが、結果として痛みのある状態から脱出できればどんな手段でもいいと考えています。

あの運動が正しい、このストレッチがいい、呼吸を正しくするといい、などたくさん情報があります。

その中で、自分の体に一番効果の出る方法を実施することが腰痛を改善する一番の近道だと思います。

 

 

3 子供って腹筋できないのに腰痛はないですよね

「腹筋運動ができない子供に腰痛がない」

 

3歳児や4歳児の腰痛はあまり聞きません。

子供は背骨の柔軟性が高く、さらには腹式呼吸、胸式呼吸が見事にできています。

3歳児や4歳児では、腹筋運動なんてできないのに大人ではできないような動きをします。

ハイハイをする子供も見事な安定感で前進していきます。

割れてはいないけど深い層の筋肉の機能や、腹圧が見事に高まっているからだと考えられています。

 

 

4 腹筋と腰痛の関係のまとめ

大人になるにつれ多くの機能が失われていきます。

その機能を完全に取り戻すことは難しいと思いますが、呼吸や柔軟性など少しでも機能を取り戻すことで腰痛を緩和、予防することができます。

エクササイズの介入で長年悩んだ腰痛に変化が出るかもしれません。

ぜひエクササイズに取り組んでみてくださいね。

 

 

都営新宿線『大島駅』徒歩30秒
サモーナスポーツ整骨院/サモーナパーソナルトレーニング
住所:東京都江東区大島6-9-12

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら