サモーナスポーツ接骨院

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

ACCESS
都営新宿線
【大島駅】徒歩30 秒

お忙しい方に!夜21時以降も
予約承っております!

03-5609-7444

クレジットカード使用可能 VISA/ マスター/JCB

お忙しい方に!夜20時以降も
予約承っております!

03-5609-7444

〒136-0072 東京都江東区大島6-9-12
アプツ大島1F

スポーツでの足関節捻挫 しっかり治療していますか?

2019.02.15

こんにちは!江東区大島、城東エリアにありますサモーナスポーツ整骨院です。

本記事では、サモーナスポーツ整骨院に通われている患者様の悩みが多い、なかなか痛みが引かない『捻挫』に関して掲載させていただきます。
しっかりしたリハビリテーションを実施しなくては、再受傷するリスクが高くなってしまいます。

また、捻挫による足首の可動域制限やふくらはぎの筋力低下を残しておくと成長過程で足首以外に痛みが出ることもあるので、放置せずしっかりと治療しましょう。

 

 

1 捻挫はどんな時に起こるの?

バレーボールやバスケットボールのジャンプの着地、野球のスライディング、サッカーやラグビーでコンタクトした際に受傷する場合が多いです。

コンタクトしてしまった場合や相手の足を踏んで捻挫をしてしまった場合はやむを得ない場合もあります。
着地などで自身の体のコントロールが問題で受傷した場合は、防ぐことができるものも多いです。

大きくは、内反捻挫と外反捻挫に分けられますが、大半は内反(内返し)捻挫です。

 

 

 

2 内反捻挫は、どこに痛みが出るの?

内反捻挫で痛みが出る場所は、外くるぶし(外顆)の下や周囲、時々内くるぶしの下や周囲にも痛みが出ることもあります。

受傷したい際の、外力の大きさによって痛みが出る範囲が異なります。

ただ単にひねったのか、そこからさらに足首に回旋のストレスが加わっているのかで重症度が決まります。

 

 

 

3 捻挫ってどのぐらいで治るの?

捻挫の重症度は、靭帯の損傷レベルにより異なります。

大きなレベルでは3つに分けられます。

 

○Ⅰ度損傷 2日~2週

靭帯の微細な損傷や、軽い圧通があるものの軽くひねった程度の状態です。

場合によっては、当日で競技復帰可能なこともあります。

 

○Ⅱ度損傷 2~3週

靭帯が部分断裂している状態です。

腫脹や圧痛が強くみられます。

歩くことはできますが、走ることはできません。

しっかりと患部の固定が必要とされる状態です。

 

○Ⅲ度損傷 1~2ヵ月

完全な靭帯断裂です。

圧痛、腫脹、熱感、皮下出血が強くでます。

歩くのがやっとの状態です。

しっかりとした固定が必要な状態です。

場合によっては、靭帯の縫合術が必要になります。

 

 

 

4 捻挫の治療って何するの?

サモーナスポーツ整骨院では、早期に痛みをなくすためにアイシングなどの消炎処置に加え、マイクロカレント、3DMENS(ES5000)などの物理療法を行います。

捻挫の治療で一番重要なのは、『背屈制限』を残さないことです。

痛みが出ない範囲で足首の可動域を早期から確保していきます。

 

 

4.1 捻挫の治療で一番重要なこと

全ての治療が重要なのですが、サモーナスポーツ整骨院で大切にしている治療方針に関してまとめてみました。

 

○なるべく早く腫れを除去する
○背屈制限を残さない(足首の硬さを残さない)
○痛みがあっても早期から患部以外のリハビリテーションを始める
○早期に正常歩行できるようにする、競技復帰する

 

腫れや痛みがなくなって、不安定なマットに乗れるようになっただけでは、完治とは言えません。

一度損傷してしまうと、全身のバランスが崩れてしまいます。

その状態でスポーツをしていたら、再受傷してしまします。

 

 

 

5 捻挫の治療のまとめ

足関節捻挫だからと言って甘く見ないでください。

後遺症として背屈制限が残ることで、膝痛、腰痛など様々な痛みの原因になります。

足関節捻挫になってしまった場合は、早期から患部以外『体幹、股関節』のリハビリテーションをして足首の負担を減らしてあげましょう。

 

 

 

都営新宿線『大島駅』から徒歩30秒
サモーナスポーツ整骨院
住所:東京都江東区大島6-9-12アプツ大島1F

お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ03-5609-7444 お問い合わせはこちら LINE予約 LINE予約はこちら